投資信託で大損しない!資産運用初心者が注意すべき危険な詐欺とカモ

LINEで送る
Pocket

投資って聞くと「投資信託で大損しない?」「投資詐欺にあうのでは?」「カモられない?」というような、資産運用の初心者にとっては“危険なイメージ”を持つ人も多いのではないでしょうか。

「お金を増やしたい」という感情は、人間の本質的な欲望の一つで、確かに、お金絡みの金融商品をめぐってトラブルが多いのも事実。

投資商品が複雑化して仕組みなどが理解しにくいことにも原因はありますが、一見おトクな商品に初心者が安易に飛びついてしまうのは、それらの商品が人間の心理を巧みに突いてくるからでもあります。

「今だけ」「特別に」「限定」といった言葉にあおられてしまうと、悲惨な結果を招きかねません。

今回は、資産運用の初心者でも投資信託で確実にお金を増やしていけるように、投資で騙されないための秘訣をお話ししていきます。

資産運用初心者が投資信託で大損しないための秘訣①:リスク無きところにリターン無し

資産運用の初心者が投資信託で大損しないために、まずは「リスクを取らなければリターンは期待できない」ということを改めて理解しておきましょう。

金融商品について「リスクがある」ということを「損すること」ととらえている人も多いですが、投資の世界では、「リスク=不確実性」というのが正しい解釈です。

そして、投資理論の基本は「ハイリスク・ハイリターン、ローリスク・ローリターン」。

リスクが高ければ高いほど、期待できるリターンも高いのが金融の世界のお約束なので、金融商品のリスクとリターンの関係には「正の相関関係」があるのです。

気をつけなければいけないのは、この正の相関関係から外れた商品。

「元本保証で確定利回りなのに高金利」というような、ローリスク・ハイリターンの商品はあり得ません。

高いリターンが期待できる商品は、表に見えなくても、どこかにリスクが必ず隠れています。

確実に年利7%で運用できる」

「この商品に投資すれば間違いなく1年で2倍に」

といった、ウマすぎる投資話を聞いたことありますよね。

しかし、金融商品のリスク・リターンの関係を知っておけば、このようなウマい投資話、都合のいい商品は、そもそもあり得ない「詐欺」であることは一目瞭然です。

資産運用初心者が投資信託で大損しないための秘訣②:カモにされる金融商品を見破れ

資産運用の初心者が投資信託で大損しないために、合法的にカモにされる金融商品を見破れるようになりましょう。

特に注意しなければいけないのが、ハイリスク・ローリターンの商品です。

為替手数料が高い外貨預金がその典型で、為替リスクを取って高いリターンを狙っても、金融機関に高い為替手数料を払わなければいけないので、その分リターンが低くなってしまいます。

つまり、投資家が合法的に「カモ」にされてしまっているのです。

投資信託と定期預金をセットで販売し、”期間限定で金利を優遇します”というタイプの商品やキャンペーンも、やはりハイリスク・ローリターンと言えるでしょう。

優遇で得られる利息よりも、投資信託の購入時にかかる販売手数料の方が高いケースが多く、販売する金融機関にとって利益の得られる「おいしい」セット商品以外のなにものでもありません。

こういった商品は、せっかくリスクを取ったのに見えない部分でコストを大きく取られてしまい、投資家のリターンに結びつきにくいものになっています。

リスクが低くリターンが高い(あり得ない)、リスクが高くリターンが低い(儲からない)、どちらも投資してはいけない商品です。

では、なぜこのような商品に手を出してしまう投資家が後を絶たないのでしょうか?

それは、投資に対する安易なスタンスに原因があります。

資産運用初心者が投資信託で大損しないための秘訣③:わからない商品に手を出さない

資産運用の初心者が投資信託で大損しないよう、”一見おトクな話”に騙されないためには、まず自分で納得した商品だけに投資するという原則を守ることが大切です。

逆にいえば、自分が仕組みやリスクを理解できない金融商品には手を出さないことです。

メリットのある商品、特別な情報というのは、自分で探しに行くものであり、相手が親切に教えてくれるはずがない、という当たり前のことを冷静に認識しましょう。

もし自分のところにわざわざ「おトクな話」を教えてくれる人がいたら、どうして教えてくれるのか理由を考えてみてください。

資産運用初心者が投資信託で大損しないための秘訣④:金融機関の話を鵜呑みにせず自分で調べる

リスクがどこにどのくらいあるのかを自分で具体的に調べることは、資産運用の初心者が投資信託で大損しないために重要なポイントです。

実際の受取金額を計算してみたり、最悪どこまで損をするのかをシミュレーションしたりしてみると、イメージとは異なる思いがけない結果になることがあります。

投資のリターンは、誰かが親切に教えてくれる情報で得られるほど、甘いものではありません。

金融機関や知り合いの人のいうことを鵜呑みにするのではなく、「本当にそうなのかな?」と疑問を持って調べる習慣をつけておけば、金融商品のワナに陥ることはなくなるでしょう。

投資の世界の「詐欺」は人間の欲望を巧みに突いてくるので、いつまでたっても被害にあう人が後を絶たないのです。

投資の世界の「カモ」と「サギ」には注意しましょう。

お金を増やすためのチェックポイント

資産運用初心者が投資信託で大損しないためには、投資の世界にある危険な詐欺とカモに注意を払うことが大切です。

自分の大切なお金を守れるよう、自分の目で見て、調べて、判断できる力を養っていきましょう。

  • 投資する前にリスクとリターンのバランスがおかしくないか考えよう
  • ローリスク・ハイリターンの商品は詐欺
  • ハイリスク・ローリターンの商品はカモにされる
  • 金融機関の話は鵜呑みにせず、自分で調べるクセをつけよう

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

合わせて読みたい記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ポチっと1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング