お金がない悲惨な生活から脱却!お金持ちから学ぶお金を増やす習慣

LINEで送る
Pocket

お金がないために悲惨な生活をせざるをえない人は、世の中にたくさんいます。

「かわいい洋服があるのに、お金がなくて買えない…。」

「夏休みなのに家族を旅行に連れていくお金がない…。」

なんていう悩みはまだ序の口で、

「お金がなくて病院に行けない…。」

「今月の家賃が払えない…。」

という人間の生死に関わってくるような悩みは、かなりヤバい状況ですよね。

働けど働けど給料は上がらず、出費ばかり増えて全然お金が貯まらない。

一方で、総務省の調査によると、1億円以上の資産を持つ人は日本人全体のうち7.2%、つまり、約910万人もの人が億万長者という格差社会。

世の中のお金は特定の人たちに偏っていて、なぜか、お金を持っている人はどんどんお金が入ってくる。

なぜなら、お金を呼ぶ人たちには「共通点」があるからです。

お金がない悲惨な生活から脱却!お金持ちから学ぶお金を増やす習慣:お金の使い方を管理する

お金がない悲惨な生活から脱却するためには、お金を増やす習慣を身につける必要があります。

お金持ちは「お金の使い方」が上手です。

本当のお金持ちはお金持ちそうに見えない、とはよく言われることですが、これは「お金の使い方」と関係しています。

お金持ちには生まれながらのお金持ちと、自分でお金持ちになった人がいますが、もともとのお金持ちは先代からの資産を守ることが重要な任務で、資産をひけらかすこともなく、多くの人は質素に生活していますよね。

なぜなら、派手な使い方をしていると、たちまち資産が減っていき、その代で没落してしまうからです。

一方、一代で資産を築き上げた人たちは、お金に対する管理能力が高いからお金持ちになれたともいえます。

中にはバブリーなお金持ちも存在しますが、長期的には代々のお金持ち同様、淘汰されていくでしょう。

つまり、お金持ちであり続けるには、「お金の使い方をしっかり管理できる能力」が必要なのです。

資産を長期に維持することが意外に難しいのは、雑誌などで発表される資産家ランキングの変遷の激しさを見れば納得できます。

お金がない悲惨な生活から脱却!お金持ちから学ぶお金を増やす習慣①:ムダ使いをしない

お金がない悲惨な生活から脱却するためのお金を増やす「お金の使い方」、1つめは「ムダ使い」についてです。

「あの人、お金持ってるくせにケチだなぁ。」と思ったことありませんか?

正確に言うと、お金持ちはケチというよりも、「必要なもの」と「ムダなもの」に対して非常にシビアなのです。

お金持ちの人は、お金を使う優先順位付けができています。

今自分に何が必要なのかをよくわかっていて、今必要ないものには一切お金を払わない確固たる信念があるのです。

このムダ使いをしないスタンスは、これから買うものだけにとどまらず、もし今の生活で無駄なものにお金を払っているのであれば、徹底的にムダを省こうとします。

お金を貯めるときに誰もがやる「節約」は、ムダを省く行為ですよね。

お金持ちはこの節約を、普段から実践してしているのです。

お金がない悲惨な生活から脱却!お金持ちから学ぶお金を増やす習慣②:単なる節約に走らず、使うべきところには使う

お金がない悲惨な生活から脱却するためのお金を増やす「お金の使い方」、2つめは「お金の使い方の管理能力」です。

「お金の使い方の管理能力」といっても、単純に支出だけを削ればお金を増やせるわけではなく、お金持ちであっても、使うべきところにはしっかりとお金を使っています。

ただし流行に振り回されず、自分の価値観に基づいて判断をしています。

つまり、「ブレないスタンスを持っている」ということ。

人とは違う筋の通った価値基準でいつも行動できれば、流行に振り回されず、無駄な支出をしなくて済みます。

お金持ちの行動から学ぶべきことは、自分で判断し、自分の価値基準を確立する、そのためには「自分への投資を惜しまない」ということです。

自分に対する投資であれば、お金を使うことにはなりますが、将来のリターンが期待できます。

お金持ちが子供の教育に熱心なのは、それが将来大きなリターンとなって戻ってくる可能性があると判断しているからです。

将来にわたり資産を維持・増加させ、一族の反映を続けるには、有能な子孫を持っている必要があるのは言うまでもありません。

逆に、単なる節約で資産を増やそうという発想は縮小均衡に陥ってしまい、最終的にはお金持ちで居続けることは困難です。

無断なものには徹底的に支出を惜しみ、必要と感じたら惜しみなく使う。

メリハリの利いたお金の使い方が、お金持ちに共通の行動パターンなのです。

お金がない悲惨な生活から脱却!お金持ちから学ぶお金を増やす習慣③:プロから学ぶ資産運用の3つのポイント

お金がない悲惨な生活から脱却するためのお金を増やす「お金の使い方」、3つめは「お金を増やす運用」についてです。

お金持ちは「資産運用」で上手にお金を働かせていて、「お金がお金を生む」状況を作り出しています。

資産運用でお金を増やすには、プロが実践する投資のポイントを参考にしたいものですが、実は、プロだからといっても、何も特別な運用をしているわけではありません。

しかし、プロの運用には資産運用の初心者とは明らかに違う点があります。

プロは「リスク管理」を徹底する

投資初心者のリスク管理の方法はどうしても甘くなります。

行動心理学の研究で分かっているように、、損切りができない結果、損失が大きくなりがちでリターンを下げる例が多いのです。

プロの運用では、「ロスカットルール」が厳格に適用され、これによって損失が限定され、大失敗を防止するのです。

プロは「強みへの特化」を徹底する

お金を増やすためには、己を知り、敵を知ることも重要です。

プロは自分の能力のどこに他の市場参加者と違いがあるのかを認識し、その強みを徹底的に生かした運用を行っています。

例えば、自動車業界に詳しいアナリストをそろえ、世界中の自動車会社の株式に特化した運用を行うファンド。

企業買収にフォーカスして、M&A(企業の合併・買収)案件の情報収集のみに特化した運用を行うファンド、といった具合にです。

プロは「コストを下げることで自動的にリターンを向上」させる

お金を増やすための基本公式は、支出を減らし、収入を増やすことです。

プロは運用規模に応じた最適な取引方法と取引商品を選び、「無駄なコストを少しでも減らす」努力をしています。

これら3つのポイントを取り入れれば、個人投資家もリターンを向上させることができます。

資産を増やすのに特別な才能や資産規模は関係なくて、相場の神様は「正しい努力を惜しまない投資家」にあまねく微笑んでくれるのです。

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やすためのチェックポイント

お金がない悲惨な生活から脱却するためには、お金持ちからお金を増やす習慣を学んで、自分でも実践していくことが大切です。

まずはあなたのこれまでのお金の使い方を振り返ってみて、自己投資しているか、流行ものにムダ使いをしていないか、徹底的に確認することから始めてみましょう。

  • お金持ちは「お金の使い方」が上手
  • お金持ちがお金を使うときは「必要なもの」にお金を使う
  • お金持ちは「無駄なもの」にお金を使わない
  • お金持ちは「資産運用」で上手にお金を増やしている
  • お金持ちは「自分への投資」を惜しまない

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

合わせて読みたい記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ポチっと1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング