【お金を増やす資産運用(分散投資編)】1年に1度だけお金の「定期健診」をしよう!初心者でも賢く・安全・確実にお金を増やす方法

LINEで送る
Pocket

投資はあらかじめ決めた資産配分での運用を長期で続けてこそ、安全で確実にお金を増やすことができ、着実なリターンを得ることができます。

時間とともに変化した資産配分比率を本来の比率に戻す「リバランス」は、投資を継続する上での「定期健診」といってもいいでしょう。

長期分散投資を実践している人は、このリバランスの習慣を身につけたいもの。

リバランスによってリターンが改善することは、実証研究の成果の面でも明らかになっています。

お金を増やすキーワード:「リバランス」
時間とともに変化してしまった資産配分比率を、本来の比率に戻す作業のこと。

安全&確実にお金を増やすためのリバランス、頻度と注意点

安全で確実にお金を増やしたいと思っている人は、自分の資産配分比率のゆがみが気になってしまうかもしれません。

しかし、結論から先に言うと、リバランスの頻度は、せいぜい1年に1回で十分です。

3ヶ月に1回、毎月というように頻度を上げすぎると、逆にリターンが悪化するという研究結果があるからです。

リバランスをやりすぎると、値上がりして比率が高くなっている資産をすぐに減らしてしまうことにつながります。

せっかく上昇トレンドに乗っている資産を売ってしまうことになるので、短期間でやり過ぎると逆効果になってしまうのです。

また、こまめにリバランスをすると、調整する金額が小さくなる傾向があるので、かえってリバランスができないこともあります。

例えば、1万円が最低投資単位の商品では、5000円分だけ売買することは不可能です。

加えて、場合によってはリバランスで商品を売ったり買ったりする必要もあるので、取引コストがかかります。

投資信託では、売買手数料のかからないノーロードのインデックスファンドも増えてきたとはいえ、ファンドによっては解約の際に信託財産留保金がかかることもあります。

できるだけコストをかけない方法でリバランスを行うことを心がけましょう。

適切なリバランスで安全&確実にお金を増やす、2種類の方法

安全に確実にお金を増やし続けていくのに「リバランス」は絶対にやらないといけない作業です。

では、具体的にどのようにリバランスを行っていけばいいでしょうか。

例えば、現在400万円で分散投資を実践し、毎月4万円の積み立てを行っているケースを想定してみましょう。

最初は4つの資産を100万円ずつ均等に投資する、理想の資産配分になっています。

しかし、マーケットの変動によって比率は崩れていきます。

説明のためにここでは単純化して、日本株と外国株がそれぞれ10%値上がりして110万円になったとしましょう。

これを年に1回のリバランスで元に戻します。

保有している資産の売買で調整することになるので、外国株と日本株を5万円ずつ売却して、日本債券と外国債券を5万円ずつ購入することになります。

一方、毎月一定額を積み立てで追加購入すている人は、投資資金を使ってリバランスすることができます。

毎月の積み立てが4万円で、いままでは4つの資産に均等に1万円ずつ積み立てしていたのを、リバランスの間は日本債券と外国債券を2万円ずつの積み立てに変更するのです。

増えてしまった国内外の株式には追加投資しない方法でリバランスしていきます。

つまり、この間の日本株、外国株への積み立ては0円になります。

5か月後には、日本債券も外国債券も110万円になって、元の比率(4つの資産それぞれで25%ずつの保有割合)に戻すことができます。

6か月後からは、また4つの資産に1万円ずつ均等投資する方法に戻します。

実際自分でやってみると、こんなに単純にはならないと思いますが、要は、比率が低くなってしまった資産を重点的に積み立てていくことがポイントです。

安全&確実にお金を増やすためのリバランスは、少ない売買でコストをかけずに行う

1年にたった1回のメンテナンスで、安全に確実にお金が増えていくのであれば、リバランスをしない理由はありません。

ただ、このような積み立てを使ってリバランスしている間にも、資産価格は少しずつ変動しています。

先程の例でも、5か月たったらまた資産の比率がゆがんでしまっているかもしれませんが、次にチェックするのはまた1年後で構いません。

短期間に特定の資産だけが急変動して、あまりに大きく配分比率がずれてしまった場合は、積み立てによるリバランスをしていても時間がかかり過ぎるので、売買をして対応することになります。

しかし、数ヶ月で調整ができるのであれば、積み立てによるリバランスの方が売買回数を減らせる分、より経済的です。

今後も新規資金を追加していく人は、積み立てを使ったリバランスを第一の選択肢としておすすめします。

投資は始めた後のこまめなメンテナンスが大切です。

リバランスを定期的に続けること、そしてそのときはできるだけコストをかけないようにすること。

長期投資は小さな手間の積み重ねが、将来の大きな差になるのです。

お金を増やすためのチェックポイント

リバランスをこまめに行うのは逆効果なので、年に1度で十分。
積立投資を使えば、コスト面でも効率的!

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!