【お金を増やす資産運用(株式編)】株で大損しないための2つの心得

LINEで送る
Pocket

「資産運用でお金を増やすつもりが、株で大損した…。」

…なんていう話をよく聞きますよね。

株で大儲けするのか大損するのか、それを左右する大きな要素は、まぎれもなく「銘柄選び」です。

しかし、どのような銘柄を買えば儲かるのか悩んでいる人も多いと思います。

この銘柄選びの際、特に投資初心者で一番多いのが「人がおすすめする銘柄」をそのまま鵜呑みにして買ってしまうタイプです。

お金の世界は、賢く確実に資産を増やしている人と、それに取り残されている人、徐々にこの二極化に向かっています。

その2種類の人の違い、何かわかりますか?

今回は、株で大損しないために、銘柄選びの注意すべきポイントについてのお話です。

株で大損してしまいお金を増やせない人が多いのはなぜか?

株でお金を増やすどころか、株で大損してしまう人が多いのはなぜでしょうか。

実は、個人投資家の中でも、実際にお金を増やすことに成功しているといえるのはわずか20%で、それ以外の人は運用成果に問題を抱えています。

なぜうまくいかないのかを考えると、そこには共通の法則があります。

自分の軸がなく、人の意見に影響される。

つまり、「人のマネをしている」ということですね。

かつて、日経平均が7,000円台に低迷した時期がありましたが、そんな時には「長期で株式投資をしよう」といっても、株を買おうという人はいませんでした。

資産運用の勉強会やセミナーなどの参加者も少なく、市場は閑散としていましたが、今考えると、まさにこの時が日本株の投資タイミングとしてはベストだったわけです。

投資に「If(もし〇〇だったら、、」は禁物ですが、世の中の流れに合わせるより、人の逆をやる方がうまくいっていることがわかります。

投資がうまくいかないという人は、こんなことをしていませんか?

  • 株式評論家の推奨する銘柄を何も考えずに買ってしまう
  • 有名な投資家が買っているという銘柄を、追いかけて買ってしまう
  • もうけた人の話を聞いて、同じ銘柄を買ってしまう
  • これではいつまでたっても投資は成功しません。

もし成功したとしてもそれは単なる偶然、つまりビギナーズラックに過ぎません。

プロのおすすめ銘柄を買えば、株で大損することはないのか?

実はよくあるのが、「株式評論家がおすすめする銘柄に飛びついたけど、お金を増やすどころか、その株で大損した…。」というケース。

日経新聞や様々な投資情報の有望銘柄をみてみると、TOPIXを上回っている銘柄よりも、下回っている銘柄の方がはるかに多いことに気づいていますか?

そしてよく見てみると、下回っている銘柄をみると、誰もが良いと思うような優良銘柄がほとんどだった、ということにも気づきます。

これは、個人投資家も間違えやすい失敗ですが、「値上がりする銘柄」ではなく「良い銘柄」を選んでしまっているんですね。

皆が知っている「有名な会社」や「良い会社」は、多くのプロが企業価値を算出していますが、割安でも割高でもない株価になっている場合が多く、銘柄選択による付加価値があまりないのです。

このように「良い銘柄」を選んでしまう理由は、世の中のコンセンサスに影響されていることに加えて、知名度の高い優良企業なら外れたときのリスクが小さい、という心理的要因もあります。

プロも人間です。個人投資家同様、感情に左右されることがあるのです。

割安に放置されている株を探すという観点からは、リスクはあるものの、むしろ「無名の会社」や「悪い(と思われている)会社」に目を向けるべきです。

もちろんプロならではの根拠に基づく、論理的な銘柄選択をしている人もいるでしょう。

それを見つける一つの方法として、プロの推奨銘柄の中から、無名の会社、売り込まれた会社だけに注目してみるのも一つの手です。

このような銘柄は、大穴狙いで銘柄選択をされている可能性もありますが、有名な会社よりも心理的な影響を受けない分、価値のある銘柄情報といえます。

推奨されている大量の銘柄の中から、有名銘柄を除き、知名度の低いものだけをピックアップしてみて、それらの銘柄に対する情報に注意をするのです。

そのような場合でも、銘柄を鵜呑みにするのではなく、あくまでも自分の考えの確認、検証に使うという基本姿勢が重要です。

プロの推奨銘柄は自分の銘柄選択をサポートする情報の一つであると「割り切り」ましょう。

最後に意思決定をするのは自分自身なのですから。

株で大損せずにお金を増やすことに成功している人は、人と違う投資をしている

株で大損せずに、お金を増やすことに成功している人をよく観察してみてください。

投資で成功している人を見てみると「ある共通点」があることに気がつくはずです。

人より早く行動する、好奇心が強く何でもまずやってみる、という共通点です。

つまり、人と違うことをやってみる勇気を持っていて、その結果、人とは違う投資をすることができ、良い結果につながるのです。

人と同じことをしているとうまくいかないのは、誰かの「後追い」になっているからで、投資で重要なのは、後追いではなく、むしろ人の半歩先を行くことなのです。

これは人生においても、同じことが言えるのではないでしょうか。

投資と人生、どちらにも共通しているのは、成功している人は、人とは違う「何か」を持っていて、それを自分の個性として受け入れていることです。

前例がない、他の人がやっていない、ということを言い訳にしていないでしょうか?

あるいは、「自分は人と違う」「変わっている」と落ち込んだりしていませんか?

それらは見方を変えれば、あなたが将来への大きな可能性を秘めている、ということなのです。

投資でも人生でも人と違うときがあったらそれは大きなチャンス。

その違いの中には、きっと大きな成功のカギが隠されていますよ。

株で大損しないためのチェックポイント

  • プロの推奨銘柄は参考にしても鵜呑みにしない
  • 有名銘柄より知名度の低い銘柄の情報を活用せよ

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

合わせて読みたい記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ポチっと1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

お役に立てたらシェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

ついでにフォローもお願いします!