貯金がない家庭の割合は多い?お金がない家庭や貯金増えない人って?

LINEで送る
Pocket

「どうしよう。。全然貯金がない…。うちと同じような貯金がない家庭の割合って、多いのかな…?もしかして、うちだけこんなにお金がないとか…?お金がない家庭や貯金増えない人って、何か悪い習慣があるんだろうか…?」

世の中の多くの家庭は、お金がなくて悩んでいます。

確かに、税金や社会保険料は年々上がっていく一方なのに、給料は全く上がらず、浪費なんて一切していないのに、手取りがどんどん減っていく、、というのは本当に切ないですよね…。

日々の生活費のやりくりで精一杯、にもかかわらず、鬼のように毎月訪れるマイホームやマイカーのローン返済。。さらに子供がいると、食費も高くなる上に、学費や塾、習い事にもお金がかかってきて、貯金なんてできるわけない。。

しかし、そんな厳しい家計状況でも、確実にお金を貯めていく方法はあります。

今回は、そんな世の中の貯金がない家庭事情と、貯金がない状況から脱却するためのヒントについてお話ししていきます。

貯金がない家庭の割合は多い?

貯金がない家庭の割合は、多いのでしょうか、少ないのでしょうか。

まずは世の中の貯蓄事情についてみていきましょう。

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(平成29年度)によると、貯金がない金融資産非保有の世帯は以下の通りです。

<金融資産非保有の割合(二人以上世帯)>

金融資産非保有の割合
20代 35.6%
30代 33.7%
40代 33.7%
50代 31.8%
60代 29.4%
70代 28.3%
全国平均 31.2%

どの年代でも約30%程度の世帯が「貯金がない」ことがわかります。

しかし、逆に考えれば、「約70%の家庭は、しっかり貯金ができている」ということ。

貯金がない家庭の割合は、想像よりは「多い」ですが、全体で考えれば「少ない」部類ということは正しく理解しておく必要があります。

年代別の貯蓄状況

ちなみに、金融資産を保有している70%の世帯に絞ってみると、各年代の平均貯蓄額(中央値)は以下の通りで、「貯蓄できている人たちは、しっかり貯蓄できている」ということになります。

<金融資産保有額の中央値>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
20代    170万円    300万円
30代    500万円    420万円
40代    700万円    650万円
50代 1,000万円 1,100万円
60代 1,206万円 1,400万円

年代別の平均年収

自分の家庭と世の中の家庭事情をより比較できるように、参考までに、年代別の平均年収もチェックしてみます。

厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(平成28年度)によると、日本全体の平均年収は422万円で、各年代の平均年収は以下のようになっています。

  • 20代の平均年収:420万円
  • 30代の平均年収:482万円
  • 40代の平均年収:612万円
  • 50代の平均年収:673万円
  • 60代の平均年収:445万円

先程の貯蓄額と、この平均年収を見比べると、決して年収が多いから貯蓄額も多い、ということでもないということがわかりますね。

貯金がない家庭が頭を悩ませる「3つのお金」

貯金がない家庭が一番頭を悩ませるのが、以下の「人生の3大出費」。

たとえ貯金がなくても、なんとかしてこれらの費用を貯めていかなければならない、というまさに人生の3大難関と言えるでしょう。

  • 教育資金:子供の教育や育児にかかる費用
  • 住宅資金:マイホームの購入費用
  • 老後資金:老後の生活の費用

教育資金

教育資金は、子供の進路や受ける教育内容によっても必要なお金は変わってきますが、一般的に子供1人を大学まで行かせるのに、最低1,000万円はかかります。

私立や理系になってくると、1,500万円~2,000万円程度みておく必要があります。

住宅資金

住宅資金は、住む場所やその時の不動産相場によっても変わってきますが、郊外であれば3,000万円程度から、東京都内になってくると、5,000万円~7,000万円程度は必要になってきます。

老後資金

老後資金は、それなりの老後生活を送るには3,000万円必要。

子供の教育費や住宅ローンを返済しつつ、将来のための老後資金の貯蓄をしていかなければいけないのです。

貯金がない家庭の特徴と問題点

貯金がない家庭は、なぜ貯金ができなのでしょうか。

いくつか実例をみてみましょう。

私は貯金0です。

住宅ローン、子供の塾代、1番大きいのは、主人の給料削減です。

おまけに、私の仕事が短期で働いていたため、次が決まらず、この春やっとパートの職につきました。

まだまだ、貯金はできません。

引用元:発言小町

千円単位の端数は残ってますけど。

残高は0ですが生命保険と医療保険、損害保険料などいいものに入ってるので、何かあっても大丈夫かと思ってます。

老後は家を売って老人ホームかな。

引用元:発言小町

ゼロですよ。
今までギリギリだったのに、更に旦那が低給料の仕事に転職したので、
毎月毎月ヒヤヒヤしながら生活してます。

私、旦那、子どもの3人暮らしで
子どもがもうすぐ七五三なんですけど、
どうやって祈祷料や写真撮影代を捻出しようか頭を抱えてます。。。
パートもう一つ掛け持ちしようかな。。。

宝くじ当たったらな~と思いつつも、
その宝くじを買うお金がありませーん。
あー正社員で働きたーーーい!!!

引用元:発言小町

毎月色々でていって貯蓄なしです

子どもが来年受験なんで今パート探しています
私立なんか入れられない~

引用元:発言小町

貯金がない家庭は、なぜ貯金できないのかを調べてみると、だいたい以下の理由があてはまります。

  • 給料が少ない
  • 浪費癖がある
  • 子だくさん
  • 食費が高い
  • 子供にかける費用が高い
  • 住宅にお金をかけすぎている
  • 細かいものを習慣的に買ってしまう
  • 高級志向

そもそもの収入が少ないという中には、冒頭でお話ししたように、手取りがどんどん減っていくということもあるでしょう。

しかし、ほとんどの多くの場合は、「○○にお金をかけ過ぎている」ということに問題があるのです。

関連記事: 貯金できない家庭の特徴8つ!貯金が全くない家庭の割合はどのくらい?

貯金がない家庭がお金を貯める3つのステップ

貯金がない家庭から脱却するには、お金を貯めなければいけません。

やり方さえ間違わなければ、どんな家庭であろうとも確実にお金は貯まります。

<お金を貯める3つのステップ>

  1. 毎月の支出を把握する
  2. 貯蓄に回すお金を確保し「先取り貯蓄」する
  3. 資産運用でお金を増やす

各ステップを順に見ていきましょう。

貯金がない家庭がお金を貯める方法①:毎月の支出を把握する

貯金がない家庭がお金を貯める、最初のステップは「毎月の支出の把握」です。

家計簿をつけて支出を「見える化」する

貯金がない家庭の典型的な習慣は、家計簿をつけていないこと。

確かに家計簿をつけていくのは面倒くさい作業ですが、家計の支出を「見える化」して、何が無駄な出費なのかを洗い出すため一番有効なのは、間違いなく家計簿をつけることです。

面倒くさがり屋の人にぜひ使ってもらいたいのが、マネーフォワードやMoneyTreeといった、スマホ対応の「家計簿アプリ」です。

銀行やクレジットカード、電子マネーやポイントなどと連係すれば、自分で入力することなく、家計簿をつけてくれる超便利ツール。

さらに、支出をグラフで「見える化」してくれるので、家計の無駄を視覚的に把握できるというメリットもあります。家計簿アプリは無料で使えるので、有効活用してみましょう。

理想的な家計支出の割合と比較してみる

貯金がない家庭は、何かしらの項目に、人よりもお金をかけ過ぎている傾向があります。

家計簿で家庭の支出状況を把握した後は、理想の家計支出の割合と比較し、無駄な支出を削減しましょう。

家族構成や年代によって理想的な家計支出の割合は異なりますが、ここでは、世の中一般的に多いと想定される3つのパターンを例に挙げておきます。

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

理想的な毎月の貯蓄割合は、手取り収入の20%以上と言われていますが、子供がいる家庭は子供の教育費だけでなく、食費や水道光熱費などの一般的な生活費も高くなります。

子供がいる家庭は、貯金ができている世の中の多くの家庭が実践しているように、手取り収入の10~15%程度を貯蓄に回していきましょう。

貯金がない家庭がお金を貯める方法②:先取り貯蓄を徹底する

貯金がない家庭がお金を貯める方法、2つめのステップは「先取り貯蓄」。

実は、貯蓄ができない99%の原因は、毎月の余った分を貯蓄に回している習慣にあります。

  1. 給料が入金
  2. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  3. 生活費の支払い
  4. 余った分を貯蓄

貯金ができない家庭の多くは、余った分を貯蓄に回そうとする悪いクセがあります。一方で、毎月貯蓄がしっかりできている家庭のお金の使い方は違います。

  1. 給料が入金
  2. 一定額を貯蓄(別口座へ移す)
  3. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  4. 余った分で生活費を支払う

つまり、貯蓄の優先度を上げて、まず最初に貯蓄してしまい、残ったお金で生活をしていくわけです。

人間の意志は非常に弱いので、毎月の余った分から貯蓄していてもお金は貯まりません。

「先取り貯蓄」で貯蓄の優先度を強制的に上げることで、確実にお金を貯めていく仕組みを作ることができます。

すぐに使ってしまうことを防いで強制的に貯蓄をするために、以下のポイントで「先取り貯蓄」をしていきましょう。

  • 「先取り貯蓄」分は、普段使いしている口座とは別の口座へ
  • 財形貯蓄や金融機関の自動引き落としなどで、自動的に給料から天引されるような仕組みを活用する

貯金がない家庭がお金を貯める方法③:資産運用で増やす

貯金がない家庭が、お金を貯めるための最後のステップは、「お金に働かせる」仕組み作り、すなわち、「資産運用」です。

この超低金利な今の時代に、普通に銀行に貯金していてもお金は貯金額以上には増えていきません。賢く確実にお金を貯めていくためには、「資産運用」で「お金がお金を生む」仕組みを作り、効率的にお金を増やしていく必要があります。

やり方はいたって簡単。

先取り貯蓄したお金で、毎月一定額の投資信託を購入していく、ただこれだけです。

例えば、毎月3万円で投資信託を積み立て購入し、年間利回り7%で複利運用した場合と、普通に銀行にお金を貯金していった場合、10年後、20年後、30年後に貯まっていくお金を比較してみましょう。

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後    510万円    360万円    150万円
20年後 1,520万円    720万円    800万円
30年後 3,510万円 1,080万円 2,430万円

長く運用するほど「複利効果」が働いて、倍々ゲームのようにお金が雪だるま式に増えていき、銀行貯金している場合と比べて差がどんどん広がっていくわけです。

まさにこれが「お金に働かせる」ということ。

長期の複利運用は、世の中のお金持ち達が実践している「資産運用の鉄則」で、長期の複利運用であれば、貯金できない家庭でも確実にお金を貯めて増やしていくことができます。

「複利効果」をもっとよく知るにはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

「長期投資」をもっとよく知るにはこちらの記事:

お金を増やすなら長期投資!初心者が手堅くお金を増やす資産運用術!

貯金がない家庭でも確実にお金を増やすことができる資産運用術とは?

この「長期の複利効果」を狙った資産運用で、貯金がない家庭や投資経験のない初心者でも簡単にできてしまう、投資信託を活用したおすすめの「確実にお金を増やす方法」をご紹介しましょう。

投資すべきはインデックスファンド

投資には様々なリスクがつきものですが、投資した銘柄が大暴落して大損してしまうような失敗談や、株価が安いと思って買ったのに購入直後に暴落してしまい大きな含み損を抱えてしまった、というような話はよく聞きますよね。

投資信託は、1つの銘柄で複数の投資対象に手軽に分散投資ができるので、投資対象の一つが大きく暴落をしたとしても資産の目減りを低減することができます。

また、投資信託を毎月積み立て購入していけば購入価格を平準化することができるため、「高値掴みリスク」を低減し購入タイミングを気にする必要もなくなります。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを上回る運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドはインデックスを上回る運用を目指しているものの、10年、20年、30年という長期で運用した場合、皮肉なことにインデックスを上回るリターンを得ているアクティブファンドはほとんど存在しないのが実情です。

また、アクティブファンドの運営には人件費などのファンド運営費用がかかり、販売手数料や信託報酬といったコストがインデックスファンドよりも高くなってしまうのが一般的。

つまり、投資すべきはリターンも高くコストも安い、インデックスファンドの一択になります。

インデックスファンドの購入方法

確実にお金を増やす資産運用の最大のポイントは、インデックスファンドを「手間なく」「簡単に」買い続けて長期運用していくこと。

おすすめの2つの投資方法をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく上で、一番オーソドックスな方法が、この証券会社で積み立て設定をする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」、ということ。

楽天カードや楽天銀行といった楽天グループの金融サービスと連携することでお得にポイントがザクザク貯めれて、その貯まった楽天ポイントで投資信託を買うことができてしまうという、いわゆる「錬金術」ができてしまうのです。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある証券会社を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめ。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが忙しくて資産運用にかける時間がないサラリーマンや初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

貯金がない家庭の割合は多いのか、お金がない家庭や貯金増えない人ってどんな特徴があるのか、そして、貯金がない家庭でもお金を貯める方法はどのようなものかをお話ししてきました。

たとえ貯金できない家庭でも、お金が貯まる仕組みさえ作ってしまえば、確実にお金を貯めることができます。

<お金を貯める3ステップ>

  • 「家計簿」をつけて無駄な出費を見直し、理想的な支出割合にする
  • 「先取り貯蓄」で確実に貯蓄
  • 賢く確実にお金を貯めるために「資産運用」でお金を増やす

お金を貯めるも増やすも、あとは「自分の気持ち」と「努力次第」。

あなたが本気で「お金のない生活」から脱出したいのであれば、今すぐ行動に移すことが大切なのです。

これまでの日本を支えてきた年金制度や終身雇用制度は崩れ、もはや国や会社は自分の老後の面倒を見てくれず、将来の自分の生活は自分でなんとかしなくてはいけない「自己責任の時代」に突入しています。

そんな「自己責任の時代」に一番求められているのは、「お金を増やす知識やスキル」。

間違っても老後破綻なんてしないよう、今のうちからしっかりと正しい「お金の教養」を身につけておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング