外貨預金で大損しない!資産運用初心者でもお金を増やす外貨投資術

LINEで送る
Pocket

円高や円安になると「外貨預金で儲かった」とか「外貨預金で大損した…。」というような声をよく聞きます。

確かに、資産運用の初心者にとっては、お金を増やすために外貨の組み入れ比率をどうするか非常に悩むところ。

一方で、外貨投資すべきかどうか、円と外貨の比率をどうすべきかについては、様々な考え方があるのも事実です。

例えば「さわかみファンド」を運用する澤上篤人さんは、現状では外貨資産不要派で、実際、澤上さんの運用する「さわかみファンド」は円資産、しかも日本株に集中投資しています。

日本で生活する限り、円資産のリターン最大化が目標であり、グローバル運用は補完的なものというのが澤上さんの考え方の基本になっており、国内の投資対象が過熱し、割高にならない限りは「円資産100%で運用する」方針を崩していません。

逆に、「さわかみファンド」とは正反対のポートフォリオを提案するのが橘玲さんで、著書「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」によると、日本のサラリーマンの資産運用に円資産は必要ないと述べています。

その理由は「人的資本」という考え方です。

一般的に日本のサラリーマンの給料は円建てですが、見方を変えれば、給料は自分自身を資本いして毎月もらう円建ての債券と考えることができます。

自分自身という「円債」を既に持っているとすれば、資産運用は分散投資の観点から、株式を中心にリスクを取る形にするべきで、しかも日本に偏っている人的資本を考えると「100%海外株式で運用するポートフォリオでもよい」となります。

この2つの考え方は共に筋が通っていて、どちらが正しくて間違っているということはありませんが、資産運用の初心者にとって外貨投資というものをどうとらえるか、どのように日本円というもののリスクを考えるか、という点については検証していくべき点ですよね。

今回は、資産運用初心者がするべき「外貨投資」のお話です。

外貨預金で大損しない!資産運用初心者の外貨投資術①:円安に備えるには海外への積極投資が必要

もう外貨預金で大損しないために資産運用初心者がやるべき外貨投資術、まず考えるべきなのは「円高」と「円安」についてです。

先程の澤上さんと橘さんの主張に間違いはないのですが、両方とも偏りが極端でリスクを取りすぎている感は否めません。

なぜなら、インデックスで見ると、1年で最悪の場合、日本株も外国株も4割以上のマイナスになる可能性があるからです。

資産運用の初心者にとってベストなのは、円高になっても、円安になっても、リスクを緩和できるように、将来の自分が使うお金と同じ比率くらいは、外貨資産を持つことです。

例えば、これから将来にわたって使うお金を考えてみたときに、そのうち円で支払うものと外貨で支払うものの比率は、どのくらいになるでしょうか?

海外旅行にでも行かない限り外貨を使うことはない、と考えるかもしれませんが、実は国内で円で払っていても実際は外貨支払いになっているものが意外に多いのです。

例えば、日本円で食べている輸入品の肉や野菜、ワインなどは外貨に連動していて、円安で値上がりする可能性がありますよね。

将来使う円と外貨の比率と同じ比率で金融資産を保有すれば、為替変動の影響を受けず、為替リスクはなくなります。

為替の変動というのは、時として、予想を超えた大きなものになるのです。

例えば、英国の場合、かつては1ポンド=1,000円だったものが、英国経済の低迷とともに、1ポンド=130円までのポンド安になり、英国民からみると円に対するポンドの価値が8分の1近くに落ちたことになります。

このような事態では、海外への投資を積極的に行うことによってしか、自国通貨価値の下落には対処できませんよね。

将来の為替が円高に戻るのか、円安がさらに進むのかはわかりません。

ただはっきりしていることは、日本の個人投資家にとって困った事態は、円高ではなく円安だということ。

日本が英国と同じ道を歩まないという保証は、残念ながらどこにもないのです。

日本の個人投資家の外貨投資を統計で見ると、個人金融資産に占める外貨の割合はわずか数%で、昔に比べてずいぶん増えてきてはいますが、まだまだ不十分です。

今住んでいる日本だけで物事を考えるのではなく、「世界における日本」というもっと広い視野で、日本円を考えるべきなのです。

外貨預金で大損しない!資産運用初心者の外貨投資術②:外貨投資はタイミングよりも外貨比率が重要

もう外貨預金で大損しないために資産運用初心者がやるべき外貨投資術、次に考えるべきは具体的な適正外貨比率です。

外貨資産を保有する大切さはわかっても、資産運用の初心者にとっては、実際に投資を始めるのは勇気が必要ですよね。

今が始め時なのかどうか、今後、さらなる円安になったら……、と悩みは尽きません。

しかし実は投資タイミングよりも、外貨比率を何%にすれば資産全体の損失を抑え、リターンが高まるかを考える方が重要です。

資産運用の初心者におすすめな外貨比率は、資産全体の40%です。

この数字は1年の最大損失を一定の範囲内に抑えられるように、過去のデータを使って計算した結果で、長期でも続けられる方法です。

これから外貨投資を始めるという方は、まず1万円ずつ「外貨MMF(マネー・マーケット・ファンド)」を買ってみましょう。

外貨MMFなら、1万円からドル、ユーロ、豪ドルなどに投資をすることができます。

ネット証券の中には、毎月自動積み立てのサービスを提案しているところがほとんどなので、円高のときは多く、円安のときは少なく積み立てる「ドルコスト平均法」を使えます。

少しずつ投資すれば円高になっても買い増しできますし、円安になれば外貨資産がリスクを減らしてくれます。

大切なのは、現状のリスクに早く対処すること。

外貨投資は円安になってから慌てても手遅れになってしまいますので、普段からの心がけが大切なのです。

お金を増やすためのチェックポイント

外貨預金で大損しないために、資産運用初心者でもお金を増やす外貨投資術をみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

「日本円」というものをもっとグローバルな視点で捉えていくことで、円高や円安のリスクを適切に理解し、外貨投資によってリスクヘッジしていくことができます。

儲かった、大損した、ということだけでなく、いかに市場の変化から自分の大切な資産を守ってお金を増やし続けていくか、そのために外貨投資でどのようにリスクコントロールしていくかという、一歩踏み込んだ観点で資産運用をしていきましょう。

  • 外貨投資はタイミングより資産配分が重要
  • 外貨の配分比率は、資産全体の4割がおすすめ

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

合わせて読みたい記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ポチっと1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング