【お金を増やす習慣】めんどくさい家計簿は必要ない!賢いお金の管理法

LINEで送る
Pocket

確実にお金を増やすためには、しっかりとお金を管理していかなければいけませんが、お金の管理にめんどくさい家計簿なんて必要ないのを知っていますでしょうか?

あなたはちゃんとお金を管理できていますか?「給料の振込口座で何となくたまっているお金=貯金」なんてことになっていないでしょうか。

お金を増やしたいなら、まずはお金の管理をしっかりすることは基本中の基本。

あなたがまずやるべきことは、口座を2つに分けて、お金の流れを「フロー」と「ストック」で考えること。

今回は、家計簿なんか使わずに、手間なくお金を管理する方法についてです。

お金を増やすのにめんどくさい家計簿は必要ない理由①:フローとストックの考え方

お金を増やすための管理に、めんどくさい家計簿は必要ない理由、それは、この「フロー」と「ストック」の考え方をしっかりと理解していれば管理できてしまうからです。

フローとは給料とか家賃とか食費とか、毎月出入りするお金の流れのこと。

給料のような「入ってくるお金」と、家賃や食費、光熱費、携帯電話代などの「出ていくお金」との差し引きで考えます。

一方のストックは、資産として積み上げられている底積みのお金のこと。

ストックはフローとは別の考え方をしていて、減らないに越したことはないのですが、短期的な増減を気にする必要はありません。

なぜなら、すぐに使うお金ではないからです。「自分が使うときまでに増えていればいい」と考えましょう。

言い換えれば、1年後など、少し先に必要なお金はストックに入れてはいけないのです。

フローで大切なことは、「入る方が出ていくよりも常に多い」という状態にすることです。

フローがプラスの状態で回っている限り、ご飯が食べれなくなったり、家賃が払えなくなることはなく、日常生活を続けることができます。

投資で損をしていても、毎月の支出が自分の収入の範囲内に収まっていれば、家計は破綻しません。

投資に詳しい人でも、フローの話は苦手だという人が少なくありません。

「自分が毎月いくら使っていいるかわからない」という人もいます。

しかしフローでどのくらいのお金が動いているかしっかり把握しておかないと、せっかく投資で利益を得ても、毎月の赤字補填に使われることになりかねません。

フローとストックが混同したお金とのつきあい方は、お金が貯まらない典型的なパターンなので、今すぐに改善しましょう。

お金を増やすのにめんどくさい家計簿は必要ない理由②:毎月のフローのチェックは銀行口座で十分

お金を増やすための管理に、めんどくさい家計簿は必要ない理由の2つめは、毎月のフローの管理は、銀行口座でできてしまうからです。

「フローの管理」というと、「やはり家計簿をつけなければいけないのでは?」と思う人もいるかもしれません。

もちろん几帳面な性格で、毎日きちんとつけられる人はいいでしょうが、面倒くさくてやりたくない、と思う人もきっと多いはず。

そういう人は、家計簿をつけなくても、収入と支出のバランスがわかるような仕組みを整えればいいのです。

そしてこの「収入と支出のバランスがわかるような仕組み」は、銀行口座を一つに決めてしまい、それを家計簿代わりにすることで簡単に実現できてしまいます。

給料も飲み会の精算も全部その口座に入金されるようにし、クレジットカードや公共料金の引き落としも、現金を下ろすのも、全てその口座からにします。

そうすれば、「入ってくるお金」も「出ていくお金」も、全てその口座で差し引きされるので、毎月のフローが赤字なのか黒字なのかが家計簿をつけなくても一目でわかるようになります。

例えば、先月末は残高が50万円だったのに、今月末は45万円の残高になっていたら、5万円の赤字です。

しばらく残高の動きを見ていれば、使いすぎなのか、だんだん貯まっているのかが見えてきます。

「何にこんなに使ったんだろう?」と、赤字の理由がわからないときは口座の明細をチェック。

もし「クレジットカード20万円」と書いてあったら、クレジットカードの明細を見ればいいだけで、無駄遣いの原因がすぐに突き止められます。

お金を増やすのにめんどくさい家計簿は必要ない理由③:余剰金のストックは証券口座で管理

お金を増やすための管理に、めんどくさい家計簿は必要ない理由の3つめは、余剰金はストックのお金として証券口座で管理できてしまうからです。

金融機関によっては「月末残高○○円以上なら振込手数料(または時間外ATM利用手数料)が無料」というようなサービスを提供している銀行もありますので、うまくそのようなサービスを活用しましょう。

フローの口座には、ある程度の余剰資金(50万円程度)が貯まってきたら証券口座に送金し、この証券口座でストックのお金を管理してしまいましょう。

フローは銀行の中だけで完結、ストックは証券口座で完結させることで、フローとストックを分けて管理でき、お金が増えないのは、無駄遣いのせいなのか、投資で損をしているからなのか、原因を明確に突き止められます。

フローとストック、それぞれの管理方法を工夫し、お金とのつきあい方を上達させましょう。

お金を増やすためのチェックポイント

お金を増やすための管理に、めんどくさい家計簿は必要ない理由、いかがでしたでしょうか。

フローとストックの考え方をしっかりと理解し、銀行口座と証券口座でお金を管理することで、面倒くさい家計簿をつけなくてもお金を管理し貯めていくことができます。

面倒くさがり屋な人は、ぜひ実践してみましょう。

  • 銀行口座と証券口座を用意しよう
  • フローのお金は銀行口座で、ストックのお金は証券口座で別々に管理せよ

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

合わせて読みたい記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ポチっと1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング