50代、60代「貯金なし」でも大丈夫!定年間近の資産運用(前編)

LINEで送る
Pocket

定年が間近に迫ってきている50代、60代で「貯金なし」という状況であれば、さすがに焦って自分の将来の生活が不安になりますよね。

投資にはリスクがつきもので、リスクを低減するには長期投資が基本です。

一方で、リタイアが見え始めた世代は、若い人に比べ投資期間が短く収入も増えないので、あまり大きなリスクは取れません。

しかし、投資のゴールを退職する60~65歳と決める必要はないのです。

70代以降も運用を続けることで、100歳までの老後資金を「増やしながら使っていく」と考えるなら、時間はまだたっぷりとあります。

今回は、定年間近に控えた50代、60代にとっての「ベストな投資戦略」をお伝えします。

50代、60代「貯金なし」な人の投資戦略:定年間近の投資で絶対にやってはいけないこと

50代、60代で「貯金なし」という危機的な状況における、ベストな投資戦略はどのようなものでしょうか。

まず、肝に銘じたいのが、人生後半に不向きな投資には手を出さない、ということです。

賃金収入が下り坂の世代が、大きく損を被るリスクのある投資に手を出すと、万が一のときに取り返しがつきません。

また、ありがちな失敗は、投資未経験のまま退職金を手にして、ドカンと一度に投資をしてしまうこと。

これは非常に危険です。

少額から始め、徐々に投資経験を積んでいく必要があります。

50代、60代「貯金なし」な人の投資戦略:始めるべき投資とやめるべき投資

50代、60代で「貯金なし」という危機的な状況における、始めるべき投資とやめるべき投資は何でしょうか。

20代、30代なら投資で失敗しても取り戻せる時間はたっぷりありますが、50代や60代、定年後の投資では、さすがに大きなリスクは取れません。

とはいえ、年金生活では「お金に働いてもらう」のもインフレ対策として有効です。

50代、60代からの低リスク投資を考えてみましょう。

不動産投資

毎月ぼ家賃収入が得られる不動産投資は、老後資金対策としても人気は高いです。

しかし、人口減少社会に突入し、不動産価格の上昇が続く一方で空室率も上昇しており、期待通りの家賃収入も見込めないリスクがあります。

東京23区内や横浜など大都市圏の空室率でさえ、30%を超えています。

また、一般的に不動産投資には借金(金融機関からの融資)を伴いますが、人生の後半において、借金を伴う投資はご法度です。

主な不動産投資のデメリットは、以下の通りです。

  • 初期投資額(最初の投資金額)が大きい
  • 空室が生じて、予定通りに収入が得られないリスクがある
  • 換金(現金化)したいとき、すぐ売れるとは限らない

そもそも日本人は新築好きで、物件が古くなったら初めに想定していた収入が得られる保証はありません。

投資物件探し、物件の収益性確認、管理を委託する会社がきちんと管理をしているかどうかの確認ができるかなど、検討すべきことも多いので安易に不動産投資を始めるのは危険です。

FX

FXは値動きが大きく、素人にはリスクが大きすぎます。

また、儲けると年収増に応じて健康保険や介護保険の負担が増えるのも大きなネックです。

FXの利益は雑所得で、会社員の場合、給与収入以外に年間20万円を超える収入があった場合には確定申告が必要になります。

国民健康保険に加入している年金生活者(公的年金が400万円以下)は、FXの利益が大きいと所得が増え、国民健康保険料や介護保険料が高くなります。

扶養家族になっている専業主婦がFXで利益を出すと、扶養控除を受けている配偶者の税率がアップすることもあるので注意が必要です。

安全第一で銀行に貯金

実は、年金生活者にとって一番怖いのは「インフレ」です。

国は物価と賃金の伸びに応じて年金額を変動させるのですが、「物価上昇分ほどには年金は決して増やさない」と法律で定められています。

さらに、貯蓄しているだけだと、実質資産が目減りする危険があります。

このインフレパンチが年金生活者にはボディブローのように効いてくるのです。

例えば、年1%のインフレでも10年後には10%です。

それは、貯金の実質的価値が1割減るということです。

また、同じ額で売られているモノでも、値上げしないように量を減らして価格を据え置くメーカーの販売戦略により、実質の物価は名目上のインフレ以上に上がっていることもあります。

年金だけの生活者は、将来的な収入増は見込めないため、一番怖いのはインフレのリスクなのです。

50代、60代「貯金なし」な人の投資戦略:人生100年時代における新シニアの生き方

退職まで残された時間がわずかな50代、60代で「貯金なし」という危機的な状況の中で、不動産投資、FX、貯金もダメとなると、どうやって老後の生活資金を作っていけばいいのでしょうか。

確かに、60~65歳がお金を貯めるゴールであれば、時間的な猶予はありません。

しかし、退職時点で、老後資金を全額準備する必要もないのです。

つまり、70~80代でも資産運用を続け、生涯を懸けてお金を増やしながら使っていけばいいわけで、今からでも、長期投資でじっくり増やしていくのが最善の策なのです。

続きの記事はこちらから: 50代、60代「貯金なし」でも大丈夫!定年間近の資産運用(後編)

まとめ

定年間近の50代、60代で「貯金なし」という危機的な人でも、堅い戦略を取ればなんとか乗り切ることができるのです。

  • 人生後半に不向きな投資には手を出さない
  • 投資未経験のままドカンと一度に投資をしてはいけない
  • 人生の後半において、不動産投資のような借金を伴う投資はNG
  • FXはリスクが大きく、儲かっても保険料が高くなるのがネック
  • 年金生活者にとって一番怖いのは「インフレ」

今回学んだことを胸に刻んで、まずは自分の投資戦略を立てることから始めましょう。

定年後設計スクール

お金の教養講座

お金を増やす「資産運用セミナー選び」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

「老後不安」に関連したおすすめの記事はこちら:

独身の老後は悲惨なのか?生活費はいくらかかる?自分に合った老後資金の貯め方

「老後が不安だ」「老後が心配だ」と言う人に限って〇〇をしていない!20年で老後資金3000万作る資産運用

「老後のお金がない」という悲惨な事態を避けるための3つのポイント

【老後が不安で心配な人必見!】幸せな老後を送るために必要な6つのもの

【老後資金が足りない人必見!】人生100年時代、何歳まで働くかを検証してみる(前編)

【老後資金が足りない人必見!】人生100年時代、何歳まで働くかを検証してみる(後編)

「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング