FXで借金のなぜ?を解説!ロスカットの仕組みや借金しない方法5つ

LINEで送る
Pocket

「FXで借金した話をよく聞くんだけど、なぜFXで借金してしまうの…?ロスカットってどういう仕組み?借金しない方法ってあるの…?」

資産運用には興味あるけれど、「FXはリスクが高くて怖いもの」で「FXで負けると借金をすることになる」と思っている人は少なくありません。

本当にFXで負けると借金をすることになるのでしょうか?

そもそもFXとは、「Foreign Exchange Trading(外国為替証拠金取引)」の略で、通貨を取引することで発生する差益を狙った取引のこと。

確かに、為替というのはプロでも先行きが読みにくく、比較的リスクの高い投資方法であることは間違いありません。

実は、FXで負けて借金をしてしまうことはほとんどありませんが、場合によっては、借金をしてしまうケースがあることは事実です。

今回は、FXで借金をしてしまうケースや、借金をしないための方法についてお話ししていきます。

FXで借金のなぜ?を解説①:FXの主な特徴や仕組み

FXで借金をなぜしてしまう場合があるのか、それにはまず、ポイントとなるFXの主な特徴や仕組みについて理解しておく必要があります。

売りから入れる

FXで利益を出す戦術は2つあります。

  • 安く買って高く売る(円安に動く場合)
  • 高く売って安く買い戻す(円高に動く場合)

つまり、株式や外貨預金は「買い」からしか入れないため、円安のときにしか利益のチャンスはありませんが、FXの場合は「売り」からも入れるため、円高の時も利益を得るチャンスがあるというわけです。

24時間取引ができる

FXは24時間取引することができます。

通勤時間中でもお昼休みでも、寝る前の布団の中でも、一時間程度の短期取引から、半年以上の長期スパンの取り引きもできるようになっています。

レバレッジで手持ち資金以上の取引が可能

FXには「レバレッジシステム」という、証拠金の数倍が取引できるシステムがあります。

為替の変動は毎日大きく動くとは限らず、動きがあまりないときは、どうしても利幅が小さくなってしまい、大きく相場動かないときに高いリターンを得たいのであれば、多額の資金を用意する必要があるのが普通です。

しかし、FXのレバレッジを使うことで、少ない資金で最大20倍までの大きな金額の取引ができるのです。

例えば、為替レートが1ドル=100円のとき1,000ドル運用するのに必要な資金は、

100円 × 1,000ドル = 10万円(必要な資金)

と、10万円の資金が必要になってくると考えるのが一般的です。

しかし、20倍のレバレッジを使うと、

100円 × 1,000ドル = 20(倍)× 5,000円(必要な資金)

と、わずか5,000円の資金で1,000ドルの取引ができてしまいます。

レバレッジは少ない資金で大きなリターンを得る「最強の戦法」ですが、最強がゆえに「諸刃の剣」でもあります。

なぜなら、レバレッジをかけると、その分、勝つチャンスは増えますが、負けたときの損害も大きくなるからです。

初心者は高くても2~3倍程度のレバレッジに留めるようにしましょう。

「FXのレバレッジ」の関連記事: FXのレバレッジのかけ方は?損失で借金をしないための資産運用術!

FXで借金のなぜ?を解説②:証拠金以上の損失を防ぐ「強制ロスカット」

「FXで借金することはほとんどない」のはなぜなのかと言うと、ほとんどのFX業者には「強制ロスカット」という、前もって預けた証拠金以上に損を出さなくする、投資家を守る仕組みがあるからです。

強制ロスカットが発動することで、(当然ながら損失は出ますが)元本である証拠金以上の損失の発生を防ぐことができる、言い方を変えると、損失が出ても借金などしないで済む、というわけです。

強制ロスカット

FXの場合、投資家は前もって証拠金を預けて取引をしますが、レバレッジをかけて取引をする際、万が一、相場に急激な変動があると、予想をはるかに超えた証拠金以上の大きな損失が出る可能性があります。

そのような万が一のケースに備えて、一定の割合以上の損失が発生した場合は、投資家の意志とは無関係に、「強制的に損切り(損失を確定)」して、損失を証拠金内に抑えるシステムがあるのです。これが、強制ロスカットです。

FXで借金のなぜ?を解説③:FXで借金をしてしまうケース

強制ロスカットという投資家を守るシステムがありながら、FXで借金をなぜしてしまうケースがあるのでしょうか。

稀に借金をしてしまう5つのケースをご紹介します。

FXで借金をしてしまう場合①:借金をして証拠金を作っている

そもそもFXの取引や仕組みで借金してしまうのではなく、元本である証拠金自体を借金で賄っているケースです。

例えば、「FX始めたいけど投資資金がないから借金して入金」したり「証拠金が足りなくなったから、借金して入金」するというもの。

借金の利率は非常に高く、それを上回るリターンを投資で得るには至難の業。

借金をして投資する、という時点で投資家としては失格なのですが、実は、FXで借金をしてしまっている人に一番多いのがこのパターンでもあります。

投資をするなら余剰資金で運用するのが「投資の大原則」。

しっかり肝に銘じておきましょう。

FXで借金をしてしまう場合②:相場の急変動に「強制ロスカット」が追いつかず発動しない

預けた証拠金以上に損失を出さない仕組みが「強制ロスカット」ですが、相場の急変動にこの「強制ロスカット」が間に合わず、取引価格が損切りのラインから大きく超えてしまうことが稀にあります。

この場合、追加の証拠金をFX業者に支払わないといけなくなり、金額によっては借金をしなければ支払えないような場合も出てきます。

2011年9月に起きたスイスフランの高騰で多くの投資家が大損失を被りましたが、これはこの「強制ロスカット」が市場の急変動に追いつかなかった一例です。

FXで借金をしてしまう場合③:寝ている間や取引をしていない間の相場の急変動

24時間取引できるのがFXの特徴の一つで、自分が寝ている間にも、世界の至る所で取引が行われているわけですが、自分が取引を離れている間に、市場が急変動し、「強制ロスカット」が発動すれば大きな損失を被ります。

万が一「強制ロスカット」が追いつかず発動しない場合は、例のごとく、FX業者に追加証拠金を支払う必要があり、場合によっては、借金をせざるを得ないほどの高額請求になるかもしれません。

特に週末は市場が休みになりますので、ポジションを持ったまま週末を跨いでしまうと、何か不測の事態が起こると対応できないので気をつけましょう。

FXで借金をしてしまう場合④:システムトラブルの発生

万が一、FX業者の取引サイトやサーバーなどにトラブルがあった場合は、取引が一時的にできなくなることも考えられます。

取引ができない間でも、市場は動き続けており、何か不測の事態が発生した場合は対応することができません。「強制ロスカット」が発動せずに多額の借金をして追加証拠金を払わざるを得ない場合もあるでしょう。

ただし、この場合は、システムトラブルが発生したFX業者などが何かしらの補填をしてくれるかもしれません。万が一の場合に備えて、FX業者との口座契約内容を改めて確認しておきましょう。

FXで借金しない方法はこれだ!

FXで借金をしてしまわないように、最悪の事態を事前に防ぐ方法をご紹介します。

FXで借金しない方法①:証拠金維持率を高く設定しておく

強制ロスカットが発動すると、これまでの利益が全額無くなってゼロになる可能性もありますが、証拠金維持率を高くしておけば、強制ロスカットは発生しにくくなります。

FX業者によって強制ロスカットの水準に違いはありますが、基本的に「証拠金維持率が100%未満は強制ロスカットの可能性が高まる」と考えておくべきでしょう。

安全性を保つのであれば、証拠金維持率を400~600%程度を常に保っておくことが大切です。

FXで借金しない方法②:現金余力を残しておく

証拠金維持率を高く設定しておくのと同時に、万が一の市場の急変動に備えて、いつでも追加入金できるように「現金余力」も残しておくのがベストです。

FXは証拠金維持率を下げれば下げるほど、元本に対するリターンが高まり、ハイリスクハイリターンとなっていきますが、それに応じて、市場の急変動に対応しきれなくなってきます。

FXで借金しない方法③:レバレッジをかけない

レバレッジは少ない資金で高いリターンを狙う最強の戦法ですが、レバレッジを上げれば上げるほどリスクも高くなるということ。

一番最悪なのが、「強制ロスカット」が追いつかないような市場の急変動時に、レバレッジをかけてしまっている場合。損失のレバレッジがかかり、多額の借金を背負う羽目になる可能性がありますので気を付けましょう。

レバレッジをかけずに常に1倍で取り引きしていれば、当然ながらリターンも1倍ですが、不測の事態へのリスクコントロールはしやすくなります。

FXで借金しない方法④:損切りを徹底する

FXで一番重要なのがこの「損切り(ストップロス)」の徹底です。

FXで借金をするほと損失を被ってしまう初心者に多いのが、損失を出して、さらに大きな損失を出す方向に市場が動いているのにもかかわらず、損を確定できずに注文を入れられないパターンです。

自分の思惑とは逆の方向へ相場が向かったときに備えて、自分で損切りするラインを必ず決めておき、そのラインを割ったら「機械的に」損切りしていくことが重要なポイントです。

FXで借金しない方法⑤:ゼロカットシステムを活用する

FX業者によっては、投資家が証拠金以上の損失を出した場合に、FX業者がその分を肩代わりしてくれる「ゼロカットシステム」を備えているとこともあります。

ゼロカットシステムのメリットは、なんといっても証拠金以上の損失が出ないこと。

ワーストケースが元本がゼロになるだけで、借金をしてしまうリスクはほぼゼロに近いでしょう。

ただし、このゼロカットシステムはFX業者のリスクが高いため、国内で導入しているFX業者はまだありません。

どうしてもゼロカットシステムを活用したいのであれば、採用している海外のFX業者経由で取引をしましょう。

FXで借金なんてしない!初心者でも負けないFXの新しい戦い方とは?

これまで見てきたように、実はFXで負けるパターンの多くが、「余計な感情」に左右されるという、人間の本質的な部分に起因するもので、投資の知識も浅く経験も少ない初心者は、まともな方法でやってもFXでは勝てないどころか、挙句の果てに借金なんていう最悪のケースも可能性としてはゼロではありません。

しかし逆に言えば、その「余計な感情」を排除してやれば、誰でも勝てるようになるということ。

FXで勝つ確率を高めるなら、やるべきは「自動売買」です。

トラリピ

FXの自動売買の大手トラリピは、マネースクエアによって提供されている、FXの自動売買サービス。

FXをやっている9割の人が負けているという状況の中で、マネースクエア『顧客の7割が利益を上げているFX会社』でもあります。

まずは、こちらの「トラリピの特徴が90秒でわかる動画」をご覧ください。

トラリピの仕組みはとってもシンプルです。

「買う価格」と「売る価格」を決めて、その注文を繰り返します(リピートイフダンといいます)。

このリピートイフダンを、上がれば下がる、下がれば上がる、というある一定の範囲で上下をくり返す為替相場である「レンジ相場」を対象に、いくつも罠(トラップ)のように仕掛けて、自動で売買を繰り返して利益を積み上げていくだけです。

<トラリピの仕組み>

つまり、トラリピは人間の「余計な感情」を完全に排除した、機械的なトレードだということ。

専門的なトレードテクニックは一切不要な上に、寝ているときも、仕事しているときも、システムが自動で売買してくれて利益を積み上げてくれるので、誰でも手間なく「完全ほったらかし状態」でお金を増やしていくことができてしまうわけです。

トラリピには運用資産表というシミュレーションツールが用意されていて、これを活用することで、いくらでロスカットされるかを完璧にシミュレーションしてくれます。

一方で、トラリピといえど100%確実に儲かる投資などというのは存在しません。

唯一トラリピで負けるケースは、自分が設定したレンジ相場から外れたときです。

しかしこれも、トラリピ運用資産表で「どこまでいくとロスカットされてしまうのか」を把握して、ロスカットされないように対象範囲を広げておけば、まず負けることはありません。

トラリピの運用資産表は口座を開設すれば無料で使うことができるので、まずは色々とシミュレーションをしてみるといいでしょう。

トラリピで自動売買、これがFXの「負けない戦い方」です。

マネースクエア

[トラリピ公式サイトはこちらから]

トライオートFX

トラリピと同じような人気のFX自動売買には、インヴァスト証券が提供している「トライオートFX」もあります。

トライオートFXの特徴は以下の通りで、投資の初心者から上級者まで満足できるようなサービス設計になっていて、特に2つの自動売買ロジックが選べる点は大きなメリット。

  • 2つの自動売買ロジックに対応
  • インターフェイスがわかりやすく使いやすい
  • 初心者から上級者まで高度なカスタマイズができる
  • スマホアプリ対応
  • 狭いスプレッド(実質手数料が安い)
  • トライオートETF」も利用できる
  • インヴァストカードでポイント投資ができる

2つの自動売買ロジック

レンジ向き「コアレンジャー」

レンジ帯をコアレンジ帯とサブレンジ帯の2つにわけ、コアレンジ帯では細かく売買するように設定、サブレンジ帯はコアレンジから外れたときに値戻りを期待して大きく利益を取ることを目的として設定されています。

高金利通貨向き「スワッパー」

高金利通貨を対象とした自動売買ロジックです。高金利通貨の値動きの特徴を捉えて右肩下がりのトレンドで短期の反発を狙えるように設定がされています。高値掴みしてしまった注文はスワップが入ってくるという仕組みです。

より幅広いロジックでトレードしたり、より自分に合った設定で柔軟にカスタマイズをしながらFX自動売買をしたいのであれば、迷わず「トライオートFX」を活用するのがベストです。

トライオート

[トライオートFX公式サイトはこちらから

まとめ

FXで借金をなぜしてしまうのか、ロスカットとはどういうものか、また、FXの仕組みや借金しない方法はどのようなものなのかが理解できたのではないでしょうか。

<FXで借金をしてしまうケース>

  • 借金をして証拠金を作っている場合
  • 相場の急変動に「強制ロスカット」が追いつかず発動しない場合
  • 寝ている間や取引をしていない間に相場の急変動が起こった場合
  • システムトラブルが発生した場合

<FXで借金しない5つの方法>

  • 「証拠金維持率を高く設定」しておく
  • 「現金余力」を残しておく
  • 「レバレッジ」をかけない
  • 「損切り」を徹底する
  • 「ゼロカットシステム」を活用する

実は、FXで負けるパターンの多くが、人間の本質的な「余計な感情」に左右されることに起因するもの。

投資の知識も浅く経験も少ない初心者は、まともな「正攻法」でやってもFXでは勝てませんが、人間の「余計な感情」を完全に排除した「自動売買」を活用することで、「FXなんて勝てるわけがない」と思っている初心者でも勝つことができるようになります。

FXはハイリスクハイリターンの投資に非常に向いていますが、証拠金維持率を高くしてレバレッジをかけずに運用し、ルールを守って投資していけば、借金などする事態にはなりません。

自分のリスク許容度の範囲内で投資をするのはもちろんのこと、FXや外貨投資の仕組みや特徴をちゃんと理解し、リスクコントロールの正しい知識をしっかりと身につけた上で、FXを上手に活用していきましょう。

外貨投資・FXスクール

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

「FX」に関連した記事:

FXは勝てるわけがない?どうすれば勝てる?初心者でも負けない方法!

FX・外貨でお金を増やす!資産運用の初心者でも失敗しない分散投資

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング