上手にお金を貯める方法とは?お金を貯める秘訣はお金を増やすこと!

LINEで送る
Pocket

「頑張って節約してるのに、全然お金が貯まっていかない…。お金を貯めるコツ、お金を増やすコツって何…?。誰にでも簡単にできるような、上手にお金を貯める方法やお金を貯める秘訣、あったら教えて…。」

毎年のように上がっていく税金や保険料に見事に反比例するかのごとく、減っていく毎月の手取り…。

給料アップが見込める出世や転職もできそうにない中で、将来のために貯金をしていくために、徹底的に日々の支出を節約をしていく毎日…。

しかし、ただやみくもに節約だけしていても、お金は貯まっていきません。

お金を貯めて増やしていくには3つの方法しかなく、このシンプルなルールに基づいて行動していく必要があります。

<お金を増やす3つの方法>

  • 支出を減らす
  • 収入を増やす
  • 資産運用する

今回は、上手にお金を貯めるために、「お金を貯めるコツ」と「お金を増やすコツ」をお話ししていきます。

上手にお金を貯める方法①:上手に管理する

上手にお金を貯めるには、お金を上手に管理していく必要があり、お金の管理が上手にできていない人は、絶対にお金を貯めていくことはできません。まずは上手にお金を管理する方法から学んでいきましょう。

お金の使い道によって口座を分ける

所有している金融口座数が少ないのは、お金が貯まらない人の典型的なパターンです。

お金をしっかり貯めていくためには、お金の使い道によって口座を分けなければいけません。

作るべき口座は以下の4つです。

  • 「生活費」専用口座
  • 「生活防衛資金」専用口座
  • 「現金貯金」専用口座
  • 「(現金以外の)金融資産」専用口座

「生活費」専用口座

第二のお財布代わりに、生活費の出し入れをメインに使っていく口座です。給料の振り込みもこの口座にしておきます。

この口座からは日々の生活費を頻繁に出し入れをするので、ATM手数料が無料な金融機関で口座を作りましょう。最近では日中のATM手数料が無料の金融機関がほとんどですが、ポイントは「ATMの時間外手数料が無料な金融機関を選ぶ」ことです。

「生活防衛資金」専用口座

生活防衛資金は、その名のごとく、病気やケガなどの万が一のために、毎月の生活費の3~6ヶ月分程度を確保しておく口座で、基本的に口座から出金はしません。

この口座は、現金を寝かしておく口座なので、金利が極力高い金融機関の口座にしましょう。

関連記事: お金を増やす銀行はどこ?お金を預けるならどこがいいかを徹底検証!

「現金貯金」専用口座

現金を貯蓄していくための口座です。貯蓄用口座になるので、この口座からも出金をしないことを徹底します。

現金貯金口座も、基本的には現金を寝かしておく口座なので、金利が極力高い金融機関の口座にしましょう。

関連記事: お金を増やす銀行はどこ?お金を預けるならどこがいいかを徹底検証!

「(現金以外の)金融資産」専用口座

詳細は後程触れますが、貯めたお金を資産運用していくことで、効率良くお金を増やしていくことができます。資産運用は「投資信託」を運用していくのが一番ベストです。

まずは、問答無用で一番お得にお金を貯めていくことができる「楽天証券」で口座を作っておきましょう。

家計簿をつける

お金を貯めるのであれば、家計の支出管理は必須で、支出管理をするのに一番有効なツールが「家計簿」です。

家計簿は、マネーフォワードやMoneyTreeといった、無料で使える「家計簿アプリ」を使いましょう。

家計簿アプリを使う主なメリットは、入力に手間がかからないことと、支出割合や資産状況がグラフで「見える化」できること。

金融機関と自動連係しているので、銀行口座の入出金、クレジットカードやポイントカードなどの利用に応じて自動で入力してくれるばかりでなく、レシートの画像をスマホで撮るだけで支出管理できる便利機能のあるサービスもあったりと、とにかく煩わしい家計簿の入力に手間がかかりません。

また、何にいくらつかったかの支出項目ごとに、支出割合をグラフで「見える化」してくれて視覚的に家計状況を把握できることも大きなメリットです。

上手にお金を貯める方法②:支出を減らす

支出を減らして手元に残るお金を増やしていくのは、上手にお金を貯める方法の基本中の基本です。

しかし、冒頭でお伝えしたように支出を減らすのにもコツがあって、むやみやたらに節約していてもお金は貯まりません。

ムダな支出は、以下の簡単な3つのステップで削っていきましょう。

<ムダな支出を削る3つのステップ>

  1. 現状の家計支出を把握する(家計簿アプリを活用)
  2. 理想の家計支出と比べて「ムダな支出」を洗い出す
  3. 「ムダな支出」を徹底的に節約して削る

ポイントになってくるのが、2の「理想の家計支出との比較」です。

「無くて七癖」とはよく言いますが、自分のお金の使い方のクセというのも、なかなか自分では気づきにくいもの。理想的な家計支出割合と比較することで、自分の家計支出の「ムダ」を適切に洗い出すことができます。

理想の家計支出は、当然ながら、年代や家族構成、収入状況によって異なってきます。

一般的に、貯蓄は20%以上が理想的と言われていますが、既婚世帯で子供がいる家庭は生活コストも高くなりますので、まずは10~15%の貯蓄を目標にしてみましょう。

ここではサラリーマン家庭に多い典型的な4つのパターンを例に挙げておきますので、自分の状況に一番近しいモデルケースを参考に、各項目の支出割合(%)を比較してみてください。

<一人暮らしの場合> *手取り20万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   18%   36,000円
住宅費   28%   56,000円
水道光熱費     6%   12,000円
通信費     6%   12,000円
保険料     4%     8,000円
趣味・娯楽費     4%     8,000円
被服費     3%     6,000円
交際費     5%   10,000円
日用雑費     3%     6,000円
その他     6%   12,000円
貯蓄   17%   34,000円
支出計 100% 200,000円

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

理想の家計支出と比較してムダな支出を洗い出すことができたら、次はそのムダな支出を徹底的に削っていくことです。

節約術は以下の記事を参考にしてみてください。

「お金を増やす簡単節約術」はこちらの記事: お金を増やす簡単節約術!誰でも確実に貯金できる節約のコツ!

上手にお金を貯める方法③:収入を増やす

上手にお金を貯める方法の3つめは、収入を増やすこと。

収入を増やすには、主に以下の3つの方法があります。

<収入を増やす3つの方法>

  • 今の会社で出世して給料を増やす
  • 別の会社へ転職して給料を増やす
  • 副業して副収入を得る

しかし、出世や転職は、自分の実力以外にも、タイミングや運、縁といった自分ではコントロールできない要素が絡んでくるうえに、うまくいったとしてもそれなりに時間がかかります。

そのため、即効性のある収入アップであれば、副業による副収入を得るのが一番手っ取り早い方法です。

とはいえ、本業以外でのアルバイトするとなると、時間的にも体力的もかなりハードルが高くなってしまいますよね。

そこで活用したいのが、クラウドワークスランサーズといった「クラウドソーシング」

クラウドソーシングとは、簡単に言うと、仕事をお願いしたい人と仕事をしたい人をマッチングさせる「仕事依頼(請け負い)サービス」のこと。

クラウドソーシングであれば、「自分の得意なこと」を空いている「すきま時間」で効率良くこなすことができるので、本業のある忙しいビジネスパーソンでも自分の都合で、手軽に副収入を得ることができます。

クラウドワークスランサーズも登録は無料なので、まずは自分の得意な副業をみつけることから始めてみましょう。

上手にお金を貯める方法④:確実に貯蓄する

ムダな支出を減らして、副収入も得れるようになると、確実に貯蓄に回せるお金の余裕が出てきます。上手にお金を貯める方法の次なるステップは、「貯まったお金を確実に貯蓄に回す」ことです。

貯まったお金を確実に貯蓄に回すのには、「先取り貯蓄」が最も有効な方法。

実は、しっかりお金を貯めれている人と、お金を貯められない人の差は、この「先取り貯蓄」ができているかできていないかの差といっても過言ではありません。

お金を貯めることができない人の典型的な特徴は、お金を貯めるよりも先にお金を使ってしまう習慣があることです。

  1. お金が入る
  2. お金を使う
  3. (残ったお金で)お金を貯める

「先取り貯蓄」は、お金を貯める優先度を強制的に上げて、お金を使うよりも先に貯蓄に回すお金を確保していく仕組みです。

  1. お金が入る
  2. お金を貯める
  3. (残ったお金で)お金を使う

先取り貯蓄をしていく上でのポイントは以下の3つです。

  • 銀行の自動引き落としサービスなどを活用する
  • 貯蓄したお金は「現金貯金専用口座」で管理する
  • 「現金貯金専用口座」からはお金を引き出さない

銀行の自動引き落とし以外にも、会社で給与振込口座以外への振り込みサービスがある場合はそれらをうまく使って、強制的にお金を貯蓄に回しましょう。

お金を貯めることに「極力手間をかけない」ということが重要なポイントになります。

上手にお金を貯める方法⑤:資産運用でお金を増やす

上手にお金を貯める方法、最後のステップは「資産運用」で貯めたお金を大きく増やしていくことです。資産運用ときくと、なんだか難しいと思う人は多いかもしれません。

しかし、おすすめの資産運用は、とってもシンプルで誰でもできてしまいます。

毎月一定額の投資信託を積み立てていく、ただこれだけです。

この資産運用方法で、どれだけお金が貯まっていくのかをシミュレーションしてみましょう。

例えば、毎月5万円の投資信託を年利7%で積み立て運用すると、銀行に預けた場合と比較して下の図のようにお金が増えていきます。

<年利7%で運用 vs 銀行預金したときのお金の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

30年後のお金をみてみると、その差は驚愕の4,047万円。

実は、このカラクリは「複利効果」にあります。

複利とは、元金だけでなく「元金+利子」という利子にもついていく利子のことで、運用期間が長くなればなるほどその威力は大きくなって、「雪だるま式」にお金が増えていきます。

「お金が働く」とは、まさにこういうこと。

毎月一定額の投資信託を積み立て購入して、長期で複利運用していくことで、莫大な資産を築くことができるのです。

インデックスファンドを積み立てよう

投資信託には2種類あって、TOPIXや日経平均という市場の平均指標であるインデックスに連動した運用を目指していく「インデックスファンド」と、インデックスを超えるリターンを目指していく「アクティブファンド」があります。

一見、インデックスを上回る運用を目指していくアクティブファンドの方が高いリターンを出しているように思えますが、実は、20年、30年といった長期でのパフォーマンスをみると、インデックスを上回るリターンを出しているアクティブファンドはほとんどありません。

また、アクティブファンドはファンド運営に人件費などの費用がかかり、販売手数料や信託報酬といったコストも高くなるのが一般的。

つまり、投資信託を長期で積み立てて確実に資産形成していくのであれば、買うべきファンドは「インデックスファンド」の一択なのです。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

インデックスファンドを積み立てるおすすめの方法は?

資産運用の初心者におすすめなインデックスファンドの積み立て投資は、主に2種類の方法があります。

  • 証券会社で積み立てる
  • ロボアドバイザーにお任せする

証券会社で積み立てる

一番オーソドックスなのが、この証券会社経由で購入する方法になります。

証券会社はたくさんありますが、選ぶなら楽天証券の一択です。

なぜなら、ファンドを買うたびに楽天ポイントが貯めれて、その貯まったポイントでファンドを買うこともできてしまうという、「一番効率的にお金が増やすことができる証券会社」だからです。

この楽天ポイントによる資産運用は、まさに「錬金術」

ハッキリ言って「楽天証券」以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えると、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」を実現

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーはAI(人工知能)を使って、投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

お金を貯めて増やしていくには、ただ節約をしてればいいというものではありません。

支出を減らして、収入を増やし、資産運用する、というシンプルな3つのお金を増やす方法をもとに「お金を増やす仕組み作り」をしていく必要があり、この仕組みこそが、まさに上手にお金を貯める方法であり、お金を貯める秘訣なのです。

そして、資産運用の初心者でも簡単にできる資産運用は、インデックスファンドを毎月積み立てていくという極めて単純な方法。

いかに手間をかけずに資産運用をしていくかが、大切なポイントになってきます。

実は、お金が貯まる人とお金が貯まらない人の差は極めてシンプルで、「知っているか知らないか」、「行動するかしないか」、ただこれだけなのです。

これまでの日本を支えてきた年金制度や終身雇用が崩壊し、国や会社が個人の老後の面倒までを見てくれなくなった今、個人に求められている一番重要なものは、ファイナンシャルリテラシー、つまり、「お金の教養」です。

「お金を増やす知識」を知らないがために老後破産…、なんていう最悪の事態を避けるためにも、しっかりと正しい「お金の知識」を身につけて、自分の身は自分で守れるようにしておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。