投資信託の純資産が多い場合のデメリットを解説。人気と運用成績は無関係。

LINEで送る
Pocket

投資信託選びの際に注目すべき数字の一つとして「純資産額」がありますが、過剰に多い場合にはデメリットもあるので気をつけるべきです。

正直なところ資産運用の初心者は、純資産額よりも人気や運用成績(騰落率)の方に目が向いてしまうかもしれません。

なぜなら、投資信託の良し悪しを判断するのに、人気や運用成績は、ある意味一番わかりやすい指標だからです。

しかし、投信の人気と運用成績は、まったく無関係である場合が多く、むしろ過度の人気が出ることは、運用には逆効果とさえ言えます。

つまり、運用資産の急拡大により、投資信託の運用効率が悪化する可能性があるということです。

また、運用効率が悪化するのは、運用資金が急拡大したときだけではなく、逆に、急激に減少した場合も同じです。

今回はその一例として、ある人気の急騰投信がたどった悲劇をご紹介しつつ、投資信託を選ぶ際に注目してもらいたい純資産についてお話しします。

投資信託の純資産が多い・少ない場合のデメリット①:運用資金の急拡大による運用成績への悪影響

投資信託の運用成績に悪影響を及ぼすことが、純資産が多い場合のデメリットです。

とある有名外資系運用会社が運用する日本株投信は、中小型株の発掘に定評があり、2013年1月末時点において過去5年と過去3年の成績は、国内の日本株投信の中でどちらもトップとなっていました。

そして、この優秀な運用成績にある大手の販売会社が注目。

通常は自社グループの運用会社の投信を積極的に販売していましたが、日本株投信としては例外的にグループ外のこの投信の販売を開始しました。

その結果、この販売会社は販売開始数ヶ月には1ヶ月で1,250億円超という、巨額の販売成績を達成し、300億円前後だったこの投信の純資産は、運用成績も加わって約3,000億円まで急拡大したのです。

この投資信託を買っていいた人は、この純資産総額の急拡大を喜んでいたかもしれません。

しかし、運用資産の急拡大は、運用する側にとっては混乱のタネで、マイナスの結果になる場合が多いのです。

というのも、運用資産が急増すると一時的に現金の保有比率が高まり、投資している資産の価格が上昇してもその効果は薄まることになるためです。

かといって、急激に増えた運用資金で一気に資産を買いに走ると、特に中小型株の場合、自分たちの絵画価格を釣り上げてしまうジレンマにはまるのです。

結局この投資信託は、運用資産の急増に対処しきれず、運用成績はそこから一転して低迷に陥りました。

投資信託の純資産が多い・少ない場合のデメリット②:投信の解約増による運用成績への悪影響

投資信託の純資産が多いだけでなく急減する場合にも、運用成績にはデメリットとなります。

先程の投資信託はその後の8ヶ月間で、新規販売を始めた前述の販売会社が1ヶ月で集めた資金を上回る1,460億円の解約を受けることになります(全販売会社の合計)。

投資信託の解約が増えると、投資している資産を売却して現金化しなければならず、売りたくないタイミングでの売却を迫られることで運用成績が悪化しやすくなります。

その結果、2016年9月末時点の過去3年間の運用成績(騰落率)は、マイナス3.6%、基準価額も2013年4月のピークを上回わらず低迷。

これはアクティブ型の日本株投信266本中264位という悲惨な成績でした。

投資対象によって違いますが、投資信託には適正な運用資産の規模があります。

日本株の大型株の場合は2,000億円中小型株の場合であれば500億円が1つのメドです。

この額を大きく超えた人気のアクティブ型投資信託は、インデックス型と変わらない成績で低迷していることが多いのです。

参考: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

必読!「お金の増やし方を総まとめ!」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

まとめ

投資信託の純資産が多い・少ない場合のデメリット、いかがでしたでしょうか。

投資信託選びに限らず、投資する商品を何にするのかは、資産運用のパフォーマンスに直接影響してくる極めて重要なポイントです。

コストや人気、運用成績、といったわかりやすい指標だけでなく、純資産の増減にもしっかりと目を向けていくことで、投資に失敗する確率を低減できます。

言葉を替えると、投資信託の純資産額にも注目できるようになれば、投資の成功確率を上げることができお金をより増やしていくことができるということ。

日本国内に6,000本以上もある投資信託の中から、なかなかベストなファンドを選ぶことは時間や手間がかかる作業です。

しかし、一旦投資する商品さえ決めてしまえば、あとは長期で積み立てながら複利効果を最大化していくだけで、お金が雪だるま式に増えていくわけです。

投資信託選びのリサーチは、あなたの大切なお金を増やすための必要な作業と割り切って、面倒くさがらずにしっかりやっていきましょう。

  • 投資信託の純資産の急変動は成績悪化の要因になるので要注意
  • 投資信託の運用資金の純資産額は少しずつ増えるのがベスト
  • 急増や急減に加え、過大な規模も問題

かつては国や会社が、手厚い年金制度や終身雇用で、個人の老後生活をしっかりサポートしてくれていた「古き良き時代」でした。

しかし、今やそんな制度は既に崩壊し、自分の老後は自分で面倒をみなければならない「自己責任の時代」であることを忘れてはいけません。

そんな「自己責任の時代」を生きる上で、これからますます重要になってくるのが、国や会社に頼らず自力で生きていくための「お金の教養」です。

正しいお金の知識を身につけながら賢く確実にお金を増やして、人生をより豊かなものにしていきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング