投資信託のコスパを左右する3つのコストとインデックスファンドの選び方

LINEで送る
Pocket

最短でお金を増やしたいなら、誰でもコスパ(コストパフォーマンス)が一番いいものを選びたいですよね。

投資においてのリターン(パフォーマンス)は、その時の市場環境などによって変わってきますが、コストはリターンの良し悪しに関わらず必ずかかってくるもの。

言わずもがなですが、同じリターンであればコストを減らすことでより多くのお金が手元に残ります。

コストは利益に直結する重要なものなのです。

でもその投資信託のコストについて、あまり理解しないまま投資を始めてしまっている人は多いです。

実は、同じ投資信託でも販売会社によって、販売手数料が違うって知っていますか?

また、そもそも投資信託にはどのようなコストがあるか知っていますか?

今回はその重要な投資信託の3つのコストと、インデックスファンドの選び方についてお話ししていきます。

それぞれをしっかり理解して投資信託を選び、賢く効率的にお金を増やしていきましょう。

投資信託のコスパを左右するコスト①:「販売手数料」

投資信託のコスパを左右するコスト、まず1つめのコストは「販売手数料」です。

投資信託を買う時に、証券会社や銀行などの販売会社に払うもので、通常、投資信託の購入額に対して0~3%程度となっています。

この販売手数料の上限は、当初募集に参加した販売会社の最も高い料率で決められ、その後の販売会社はその範囲内で販売手数料を決めることになります。

このため、同じ投資信託でも販売会社により、手数料が異なることがあるのです。

一般的に、指数に連動するインデックス型というタイプでは、販売手数料0%(ノーロードといいます)が多いですが、指数を上回る成績を目指すアクティブ型というタイプでは、販売手数料がかかることが多いことを覚えておきましょう。

投資信託のコスパを左右するコスト②:「信託報酬」

投資信託のコスパを左右するコスト、2つめのコストが「信託報酬」。

「信託報酬」は投資したお金を増やしてもらうための運用などにかかるもので、決められた率の分だけ毎日引かれるようになっています。

信託報酬が引かれた後に基準価額は計算されているので、意識しづらい点に注意が必要です。

この信託報酬は、新興国株などの運用など、情報収集が難しいものほど高い傾向にあるんですよね。

ちなみに信託報酬は、運用会社、販売会社、管理会社で案分されます。

投資信託のコスパを左右するコスト③:「信託財産留保額」

投資信託のコスパを左右するコスト、3つめのコストは、投資信託を解約する時にかかる「信託財産留保額」です。

これは自分が投資信託を解約することで、投資信託が投資している資産を売って現金化しなければいけないなど、今後も投資信託を持ち続ける投資家が不利にならないようにするためのコストです。

このため、この額は運用会社や販売会社の収入になるのではなく、投資信託の運用資産に組み入れられます。

ただ3つのコストの中では、額も小さく、あまり神経質になる必要はありません。

投資期間が投資信託のコスパを左右する理由

投資信託のコスパを左右するコストについては、販売手数料と信託報酬のチェックが重要になります。

そしてそのポイントとなるのは投資期間です。

具体的に言うと、投資期間が短いほど販売手数料が重要で、長期投資になるほど信託報酬が重要となります。

販売手数料は買う時にのみにかかるのに対して、信託報酬は保有中は毎日かかります。長期保有になるほど、信託報酬が高い投資信託の方が高コストになるので要注意です。

投資信託のコスパを考える:インデックスファンドはコストで選ぶ

投資信託のコスパを考えた場合、インデックスファンドはコストで選びます。

なぜならインデックスファンドの場合、同じベンチマークのインデックスファンドであれば、指標となるインデックスとの乖離(トラッキングエラー)が若干差があったとしても、運用成績にはあまり差がないからです。

例えば、TOPIXに連動する運用成果を目指すファンドであれば、それらのリターンはTOPIXにほぼ等しくなります。

運用に無視できないような差があっては、インデックスファンドとしての意味がなくなってしまうからですね。

したがって、インデックスファンドを選ぶ基準は、運用成果よりもコストになります。

「販売手数料」はコストのかからないノーロードファンドを選択すべきです。

「信託報酬」も運用成果に影響しますので、なるべく低いものが望ましいです。

また、インデックスファンドの場合、ファンドの純資産額が大きい方が、よりインデックスに近い運用が可能になります。

なぜなら、運用のブレであるトラッキングエラーをより小さくできるためです。

インデックスファンドの場合、ある程度の規模が確保できないと採算性の問題から途中償還されてしまうことがあります。

運用対象にもよりますが、最低でも100億円程度の資産残高のあるファンドを選んだ方が、インデックスに近い運用成果を得られ、償還されてしまうリスクも低いのです。

コストやパフォーマンスの観点から、主要なインデックスファンドを比較して、おすすめをピックアップしています。

参考までにそちらの記事も是非ご一読ください。

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

まとめ

投資信託のコスパを左右する3つのコストと、インデックスファンドの選び方、いかがでしたでしょうか。

信託報酬の数%って、一見ものすごくわずかなように思えるかもしれませんが、実は塵も積もればな話で、長期間運用していくと全然バカにならない額になります。

現在、インデックス型の投資信託は、信託報酬の値下げ合戦が繰り広げられており、良質なインデックスファンドの低コスト化は、投資家にしてみれば非常にありがたいことです。

投資信託のコストには常にウォッチして、あなたのお金を効率良く増やしていけるように、より低いコストのファンドを購入していきましょう。

  • 投資信託には3つのコストがある
  • 長期運用ほど「信託報酬」の影響が大きい
  • インデックスファンドはコストで選ぶべし

もはや会社や国が個人の面倒を見てくれなくなった今、頼れるのは自分のみです。

来るべき時に、自分で自分の身を守れるよう、今のうちに正しい「お金の教養」をしっかりと身につけて、自分の身は自分で守っていけるようにしておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。