投資信託の販売会社や運用会社が潰れたらどうなる?投資資金は保全されるのか?

LINEで送る
Pocket

「投資信託の販売会社や運用会社が潰れたら、どうなっちゃうの?」

「投資したお金は戻ってくるの?紙くずになっちゃうの?」

資産運用の初心者にとって、投資信託は未知のシロモノ。

このような不安も当然あるでしょう。

結論から言ってしまうと、

販売会社や運用会社が潰れても、あなたが投資した資金は保全されているので大丈夫です。

なぜ潰れても大丈夫なのか、という点に、投資信託の仕組みを理解するポイントがあります。

順を追って説明していきましょう。

投資信託は潰れたらどうなる?:販売会社と運用会社とは別に管理会社も関与

「投資信託の販売会社や運用会社が潰れたらどうなる?」を説明する前に、まず投資信託の仕組みについてもうちょっと理解を深めましょう。

投資信託には、3つの金融機関が異なる立場で関わっています。

投資信託に関わる金融機関①:運用会社

まず1つめが運用会社

その名の通り、投資家から集めた資金を投資、運用する会社です。

社名としては、〇〇投信投資顧問や△△アセットマネジメントというタイプが多いですね。

投資信託に関わる金融機関②:販売会社会社

2つめが販売会社

これは投資信託を売る会社で、主としてゆうちょを含む銀行と証券会社がこれにあたります(直販といって運用会社が直接販売することもあり)。

投資信託に関わる金融機関③:信託銀行

ここまでは、実際に投資信託を買ったことがある人は知っていると思いますが、投資信託にはもう1つ管理会社として関与する金融機関があります。

それが信託銀行です。

この管理会社は投資信託を買った人たちのお金を、運用会社の保有資産と区別して管理する役割を担っています。

つまり、投資信託が集めた資産は、管理会社が管理する決まりとなっていることで、投資家が預けたお金を販売会社や運用会社が勝手に使えないようになっているのです。

もちろん、管理会社の信託銀行自身の資産とも分別管理が行われています。

投資信託は潰れたらどうなる?:投資資金は分別管理だが、破綻時に損失が出ることも

では、投資信託に関わっているこの3社が潰れたらどうなるのでしょうか。

「預けたお金は返ってこないのでは?」

と心配になりますよね?

大丈夫です。安心してください。

投資信託は、販売会社、運用会社、管理会社のどの会社が倒産した場合でも、資産は無制限に保全されるのです。

なぜなら、投資信託は預金と違って信託契約に基づき分別管理されているからです。

投資信託は、運用がスタートする時に個々の商品ごとに管理会社である信託銀行で信託勘定が設定され、信託銀行の財産とは別に分別管理が行われます。

信託勘定に入った資金は、販売会社、運用会社はもちろん信託銀行が倒産しても守られるのです。

しかも、この制度には金額の制限もありません。

これは銀行に預金を預けた時とは対照的です。

銀行預金は、預けた銀行が万一倒産した場合、確実に保護されるのは1,000万円の元本とその利息のみです。

販売会社が潰れた場合

販売会社が潰れても、保有している投資信託は別の販売会社に移管され、引き続き保有や売買は可能です。

運用会社が潰れた場合

運用会社が潰れた場合は、他の運用会社に引き継がれますが、繰り上げ償還(損が出る可能性はあり)されます。

管理会社が潰れた場合

管理会社が潰れた場合は、破綻時の基準価額で解約(損が出る可能性はあり)されるか、別の信託銀行に移管されればそのまま保有が可能となってきます。

ただし、保全されることと、投資信託を保有して損失が発生することは別なので注意が必要です。

投資信託は潰れたらどうなる?(番外編):運用会社が合併することは個人投資家にプラス?

投資信託に関わっている3社が潰れたらどうなるか、理解していただけたでしょうか。

ここからは、倒産ではないが運用会社が合併するケースもちょっと考えてみましょう。

運用会社が合併するようなケースでは、個人投資家にどのような影響を与えるのでしょうか。

例えば、2015年7月には、三菱UFJグループ同士の三菱UFJ投信と国際投信の合併による「三菱UFJ国債投信」が誕生。

また、2016年10月には、みずほグループ同士の新光投信、DIAMアセットマネジメント、みずほ投信の合併による「アセットマネジメントOne」も誕生しました。

運用会社のコストの大半を占めるのがシステム経費です。

システムが統一されると確かにコスト削減にはなります。

しかし、その裏にはできるだけ大きな資産の運用会社を持ちたいという金融グループの経営者の意思が見え隠れします。

こうした運用会社同士の合併において、個人投資家にとって重要なのは、合併した各運用会社それぞれの投資信託のバックボーンとなる「運用哲学」「投資決定プロセス」がどうなるかです。

例えば、JPモルガンアセットマネジメントが旧ジャーディンフレミングの運用会社を吸収合併したケース。

日本株の運用については、旧ジャーディンフレミングの実績のある運用哲学と投資決定プロセスをしっかりと尊重しました。

また、運用チームをそのまま残し、JPモルガンの日本株運用チームとの人事交流すらありませんでした。

しかしその結果、合併によりお互いが切磋琢磨し、運用哲学や投資決定プロセスがより際立つことになったのです。

大きな運用会社になって投資信託の種類はたくさんありますが、それぞれの運用哲学が曖昧で品質がイマイチということでは大きなマイナスになります。

その点を踏まえた合併であれば、投資家にとってはプラスの効果があると言っていいでしょう。

まとめ

投資信託は、運用会社、販売会社、管理会社の3社がうまく機能し合って運用されています。

信託勘定で分別管理されているので、販売会社、運用会社、管理会社が潰れても投資資金は保全されるようになっています。

資産の保全は銀行のように1,000万円という上限があるわけではなく、無制限に保全されますので、そのような意味においては、銀行よりも安全と言えるかもしれません。

合わせて読みたい記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

合わせて読みたい記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ポチっと1クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング