お金を増やすコツや仕組みを解説!5年で一千万のお金を貯める秘訣は?

LINEで送る
Pocket

「そんなにムダ遣いしているつもりないのに、お金が全然増えていかない…。お金を増やすコツや仕組みってあるのかな…?5年で一千万貯めることも可能…?誰か、お金を貯める秘訣を教えて…。」

世の中には、お金を貯めるのが上手は人もいれば、なかなかお金を貯めることができない人も多いですよね。

確かに、将来のことを考えると、子供の教育費やマイホーム購入のための住宅資金、また、定年後に備えた老後資金も貯めていかなければならず、特にライフイベントが集中して出費がかさむ30代や40代は、お金が貯まりにくいのも事実。

しかし、そのようなお金が貯まりにくい年代だからこそ、「お金を貯めて増やせるスキル」を身につけて、着実にお金を貯めていかなければならないのです。

では、どうすればお金を増やしていくことができるのでしょうか。

実は、お金を増やす方法はとってもシンプルで、これを実践すれば5年で一千万円の貯蓄も不可能ではありません。

  • お金を増やす仕組みを作る
  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 資産運用でお金を増やす

今回は、このお金を増やすコツや仕組みについて、詳しくお話ししていきます。

お金を増やすコツ①:「お金を増やす仕組み」作り

お金を増やすコツの1つめ、まずはお金を増やす「仕組み」を作ることからはじめましょう。

上手にお金を増やすことができている人は、お金を貯める仕組みができている人です。

基本的なお金を貯める仕組みは以下の3つ。

  • お金を貯める目的を明確にする
  • 先取り貯蓄をする
  • お金を管理する

順にみていきましょう。

お金を貯める目的を明確にする

お金はあくまで人生を豊かにするための手段であり、「子供の教育資金を貯める」とか「マイホームを購入する頭金を貯める」といったように、誰しもお金を貯めるには目的があります。

お金を貯める際に、まず一番最初に設定すべきなのが、この「お金を貯める目的」を明確にすることです。

目的を設定する上では、3つのポイントを意識していきましょう。

  1. 何のためのお金?(例: マイホーム購入の頭金)
  2. いくら必要?(例: 500万円)
  3. いつまでに貯める?(例: 5年間)

お金を貯めていくのは地道な活動で途中でくじけそうになりやすいですが、お金を貯める目的を明確にすることで「やる気」もアップします。目標を達成したときの「プチご褒美」を設定しておくのもいいでしょう。

また、いつまでに、いくら必要なのかをクリアにすると、1年間でいくら貯めないといけないのか、1ヶ月にいくら貯める必要があるのか、というように具体的な短期目標に落とし込むことで、小さな達成感を毎月味わい、モチベーションを維持することができます。

先取り貯蓄をする

この「先取り貯蓄」は、世の中の貯蓄ができている人の多くが実践しているお金を増やすコツです。

実は、お金が貯まらない人の根本的な原因が、毎月の余った分のお金から貯蓄に回してしまっている習慣にあります。

  1. 給料が入金
  2. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  3. 生活費の支払い
  4. 余った分を貯蓄

一方、毎月しっかりと貯蓄をしてお金を貯めていけている人のお金の使い方は違います。

  1. 給料が入金
  2. 一定額を貯蓄(別口座へ移す)
  3. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  4. 余った分で生活費を支払う

つまり、「お金を使うこと」よりも「お金を貯めること」を優先して、お金が入ったら、まず最初に貯蓄してしまうというわけです。

「お金を使うこと」を優先していると、人間は欲望の塊なので「欲しいもの」にどんどんお金を使ってしまい、貯蓄に回すお金は絶対に貯まりません。

「先取り貯蓄」によって貯蓄の優先度を強制的に上げることで、「確実にお金を貯めていく仕組み」を作ることができます。

お金を上手に管理する

口座を分ける

日々の生活費の入出金に使う「普段使いの口座」と「お金を貯める口座」は分けて管理します。

お金の用途に合わせて、3つの口座に管理しておくのが理想的です。

  • 日常生活で使うお金
  • 近い将来使う予定のお金
  • 当面使う予定のないお金

基本的に「普段使いの口座」以外からはお金を引き出さない、ことを徹底しましょう。

家計簿をつける

支出を「見える化」できる一番有効なツールが「家計簿」です。

家計簿をつけることで、自分の収入と支出の内訳や資産の推移を把握でき、「何にいくら使っているのか」という自分の「支出のクセ」を知ることができます。

家計簿で自分の支出傾向を「見える化」したら、理想的な家計の支出割合と比較してみましょう。

理想の家計に比べて、何にお金を使いすぎてしまっているのか、無駄遣いしている項目を削っていくことで貯蓄に回すお金を増やすことができます。

家族構成や年代によって理想的な家計支出の割合は異なりますが、ここでは、世の中一般的に多いと想定される3つのパターンを例に挙げておきます。

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

理想的な毎月の貯蓄割合は、手取り収入の20%以上と言われています。

しかし、子供がいる家庭は子供の教育費だけでなく、食費や水道光熱費などの日々の生活費も高くなる傾向があり、手取り収入の20%以上を貯蓄していくのは少々ハードルが高いのも事実。

子供がいる家庭は、貯金ができている世の中の多くの家庭が実践しているように、手取り収入の10~15%程度の貯蓄を目標にしていきましょう。

お金を増やすコツ②:収入を増やす

当たり前の話ですが、収入が増えれば手元に残るお金も増えますので、「いかに収入を上げていくか」というのも、忘れてはならないお金を増やすコツや仕組みです。

収入を上げるには、基本的に以下の3つの方法があります。

  • 「出世」して給料を上げる
  • 「転職」して給料を上げる
  • 「副業」をして副収入を得る

ここでポイントになってくるのが「自己投資」です。

実は、高い年収を得ている人には、自己投資にお金を使っている人が多いのです。

今の会社で出世するにしても、転職して給料を上げるにしても、「会社に求められる人材」になる必要があるわけで、自己投資無しにスキルアップは図れません。

また、副業をするにしても、新しい事業をスタートさせるために書籍を購入したり、スクールに通ったりするのに、「お金を投資していく」必要があります。

一方で、自己投資にお金を使いすぎて、お金が貯まらなくなってしまうのも本末転倒な話。

少しでも収入を増やすために、語学や資格取得のためのスクールや、仕事に役立つ雑誌やサイトの定期購読など、今の自分にできる限りの「自己投資」をしていきましょう。

お金を増やすコツ③:支出を減らす

たとえ収入が増えなくとも、支出を減らすことで手元に残るお金を増やすことができます。支出を減らしてお金を増やすコツや仕組みをご紹介しましょう。

衝動買いをしない

ムダ遣いの典型例が「衝動買い」です。

しかし実は、お金を使うものに「優先順位」をつけることで、衝動買いを避けることができます。

どのような優先度をつけるかというと、「必要なもの」「欲しいもの」に分ける、というとってもシンプルなものです。

「必要なもの」は優先度が高く、お金を支払っていいもの。一方で、「欲しいもの」は優先度が低く、お金を支払うべきでないもの、という具合。多くの場合、「欲しいもの」は「今必要でないもの」、つまり、「無駄なもの」である可能性が高いのです。

買い物をするときには、「これは今本当に必要なものなのか?」と自問自答するクセをつけるようにしましょう。

臨時収入の無駄遣いをやめる

臨時収入が入ると、ちょっと気が大きくなってムダ遣いをしがちになりますので、「臨時収入が入ったら、まず貯蓄に回す」というルールを作ってしまいましょう。

その臨時収入で本当に買うべき「必要なもの」があれば、改めて引き出して買えばいいだけです。

臨時収入も給料と同じお金ですので、決してムダ遣いはしないようにしましょう。

財布の中身は一定額以上入れない

お財布に必要以上のお金が入っていると、ついつい無駄遣いをしてしまいがち。

お財布には、必要額以上のお金を入れないことを徹底しましょう。

クレジットカードは必要以上に持たない

クレジットカードでお金を払うと、お金を使った感がなくなります。

しかし、クレジットカードでの決済は、単なる「支払いの先送り」でしかないので、言ってみれば「借金」をしているということ。使いすぎるとお金は貯まりません。

このクレジットカードによるムダ遣いを減らすには、「必要以上のクレジットカードを持たない」ことに限ります。

よくクレジットカードを何枚も所有している人がいますが、お財布の中に入れるのは、必要最低限のものだけにしましょう。

ムダな飲み会には参加しない

サラリーマンやっていると会社の同僚や上司たちとの飲み会は多いですよね。

しかし、そのほとんどは、別に参加する必要のない「ムダなもの」です。

実は、この「ムダ」というのは、「お金のムダ」だけでなく「時間のムダ」という「二重のムダ」をしていることになっているのです。

会社の飲み会への参加は、歓送迎会や忘年会などのオフィシャルなものに留め、ムダな飲み会は「断る勇気」を持ちましょう。

固定費を見直す

毎月のスマホ代や光熱費など、固定費を見直すことで手元に残るお金は確実に増えます。

最近では格安スマホ格安SIM、電力の自由化による電気代の低料金化など、見直すべき固定費はたくさんあります。

面倒くさがらずに、できるところから家計のムダを削っていきましょう。

コンビニに行く回数を減らす

コンビニに不必要に立ち寄ってしまうクセがある人は多いです。コンビニに立ち寄ると、ついつい「必要でないもの」を買ってしまいますよね。

必要なものを買うときにしかコンビニには行かない、ということを徹底しましょう。

スターバックスで買う習慣を見直す

毎朝スターバックスでコーヒーを買う習慣のある人も、見直しが必要です。

コーヒー1杯300円を1ヶ月続けると9,000円、1年間では、なんと108,000円もの出費です。

毎日行く習慣がある人は、2日に1回とか3日に1回など、まずは頻度を減らすことから始めてみましょう。

お金を増やすコツ③:資産運用をする

お金を増やすコツや仕組みは色々ありますが、一番重要なのは「資産運用」をして「お金に働いてもらう」仕組みを作ることです。

なぜなら、資産運用が一番「賢く」「楽に」「確実に」お金を増やせるから。

現実的に考えると、出世や転職で収入アップを図るのは、簡単なものではありません。

また、副業で副収入を得るのも、仕組みを作るまでには相当な「努力」が必要で時間がかかります。

つまり、もっと現実的で、賢くスマートな方法でお金を増やしていく必要があるということ。

「資産運用」であれば、自分の代わりにお金に働いてもらって、「お金がお金を生む」仕組みを作ることができます。

お金を増やすコツは資産運用で確実にお金を増やす仕組みを作ること!5年で一千万のお金を貯める秘訣は複利運用!

5年で一千万といった多額のお金を貯める秘訣は、支出を減らして投資に回すお金を少しでも増やし、資産運用で確実にお金を増やす仕組みを作ること。これが「お金を増やす究極のコツ」です。

資産運用と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、方法はいたって簡単。

毎月一定額の投資信託を積み立て購入していく、ただこれだけです。

ここからは、確実にお金を増やすことができる「資産運用の必勝法」をお伝えしていきましょう。

積立投資なら買うタイミングを気にする必要がない

投資で儲ける基本は「安く買って高く売る」こと。ファンドを買うときに必ず気になってしまうのが「今は安いのか高いのか」ということですよね。

確かに、よくありがちな失敗の一つが「高値掴み」。安いと思って買った銘柄が、買った直後にさらに大きく下落をして含み損を抱えてしまうような失敗談は後を絶ちません。

そんな「高値掴み」のリスクを低減するのが、ドルコスト平均法による「積立投資」です。

毎月1万円や毎月3万円というように、一定金額を定期的に積み立てて投資していくことで、価格が高いときには少なく、安いときには多くファンドを買って購入価格を「平準化」し、「高値掴みリスク」を低減することができます。

毎月一定額を購入し続けていけば、最終的には平均的な購入価格に落ち着くため、わざわざ安いときを見計らってファンドを買う必要もなくなるというわけです。

「積立投資」をもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

投資信託でお金を増やす秘訣は「複利効果」

投資信託の平均リターンは年平均で3~7%程度で、これだけ見ると決して高いリターンとは思えない人も多いかもしれません。

しかし、これを複利で運用、つまり、運用で得た利益を次の投資に回す「再投資」を繰り返すことで、お金が倍々ゲームのように増やしていくことができます。

例えば、毎月5万円ずつ投資信託を積み立て購入し、年間利回り7%で複利運用していった場合と銀行にお金を貯金していった場合とを比較シミュレーションしてみると、以下のようになります。

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

注目すべきは、10年後、20年後、30年後でのお金の増え方。

長期で運用すればするほど、その効果が高くなるというのが「複利」の特徴で、30年後には銀行に貯金をした場合と比べて、約4,000万円もの大きな差になってきます。

実は、この複利運用こそ、世の中のお金持ちをさらなるお金持ちにしている「お金を増やすヒミツ」なのです。

「複利」をもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

「長期投資」をもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やすなら長期投資!初心者が手堅くお金を増やす資産運用術!

買うべきは低コストなインデックスファンド

とはいえ、国内で6,000本を超える投資信託の中から、一体どのファンドを選んで買うべきかわからない方も多いはず。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを超える運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドはインデックスを上回る運用を目指しているものの、10年、20年、30年という長期で運用した場合、皮肉なことにインデックスを上回るリターンを得ているアクティブファンドはほとんど存在しないのが実情です。

また、アクティブファンドの運営には人件費などのファンド運営費用がかかり、販売手数料や信託報酬といったコストがインデックスファンドよりも高くなってしまうのが一般的。

つまり、投資すべきファンドは、アクティブファンドよりコストが低く長期的なリターンも高い「インデックスファンド」の一択なのです。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

このインデックスファンドを積み立てていく、初心者におすすめの方法をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく一番オーソドックスな方法が、この証券会社で積み立てをする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」で、ハッキリ言ってそれ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

お金を増やす方法はとってもシンプルで、「お金を増やす仕組みを作る」、「収入を増やす」、「支出を減らす」、そして、「資産運用でお金を増やす」というのがお金を増やすコツ。これを実践すれば5年で一千万円の貯蓄も夢ではありません。

<お金を増やすコツ>

  • お金を増やす仕組みを作る
  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 資産運用をする

<今からできるお金を増やす仕組み作り>

  • お金を貯める目的を明確にする
  • 先取り貯蓄をする
  • お金を上手に管理する

まずは、お金を増やす仕組みを作り、収入を増やして、支出を減らす。そして、少しでも多くのお金を貯蓄に回し、「資産運用」でお金に働いてもらうのです。

今の超低金利な状態で、銀行に預けていてもお金は全く増えていきません。

長期で投資をしていくことで、「複利効果」が働き、お金がお金を生み出して、誰でも効率良くお金を増やしていくことができるのです。

これまでの日本を支えてきた年金制度や終身雇用制度は崩れ、もはや国や会社は自分の老後の面倒を見てくれず、将来の自分の生活は自分でなんとかしなくてはいけない「自己責任の時代」に突入しています。

そんな「自己責任の時代」に一番求められているのは、お金を増やす「知識」や「スキル」。

間違っても老後破綻なんてしないよう、今のうちからしっかりと正しい「お金の教養」を身につけておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング