お金を増やす簡単節約術!誰でも確実に貯金できる節約のコツ!

LINEで送る
Pocket

「浪費しているつもりはないけど、お金が全く貯まっていかない…。節約しなくちゃいけないけど、生活をギリギリまで追い込みたくないし…。誰でも確実に貯金できる節約のコツってあるの…?お金を増やす簡単節約術、教えて!」

「無くて七癖」とはよく言いますが、なかなか自分の「クセ」というのは自分で気づきにくいものですよね。

実は、お金の使い方もこれとよく似ていて、なかなか本人に自覚がないのが「ムダ遣い」。自分のお金の使い方の「クセ」は、なかなか自分では気づきにくいのです。

一方で、お金を増やす基本はとってもシンプルで、3つのルールしかありません。

支出を減らす、収入を増やす、そして、資産運用する。

支出を減らして貯蓄に回すお金を少しでも増やせれば、そのお金で資産運用することで、さらにお金は大きく増えていきます。

今回は、お金を増やすための基本戦略である「節約」と「資産運用」にフォーカスをあててみましょう。

お金を増やす簡単節約術!誰でも確実に貯金できる節約のコツ!

日々の支出を減らすことは、お金を増やす簡単節約術の基本です。誰でも確実に貯金できる節約のコツをお伝えしていきましょう。

ムダな支出を洗い出し何を節約するかを見極める

当たり前の話ですが、支出を減らすにはムダ遣いを減らすことです。

お金が貯まらない人の一番の問題は、自分でムダ遣いをしている認識がないままに、お金を使ってしまっていること。

まずは、無駄な支出は何なのかを把握することから始めましょう。

家計簿をつける

家計の支出を把握するのに一番有効なツールが家計簿です。

家計簿で支出を管理していくと、支出の内訳が「可視化」できるだけでなく、「自分のお金の使い方のクセ」を把握することができます。

最近では、マネーフォワードやMoneyTreeといった無料で使える「家計簿アプリ」が出ています。家計簿アプリを使うメリットは、なんといっても手間なく家計簿がつけられること。

銀行口座やクレジットカード、主要ポイントカードなどと自動連係ができるだけでなく、レシートの画像を撮るだけで支出を管理できるような便利機能が満載。是非活用するようにしましょう。

理想の家計と比べる

家計支出の内訳や自分の支出のクセがわかったら、理想的な家計支出と比べて、自分のお金の使い方のどこにムダがあるのかを洗い出します。

例えば、理想的な家計では、1ヶ月の食費割合は大体15%~20%程度。自分が1ヶ月にかけている食費が全体の30%なのであれば、10~15%分ムダな食費を支出しているということがわかりますので、その過剰に支出しているムダな「ぜい肉」を削ることを考えるという具合です。

理想的な家計支出割合は、年代や家族構成などによって異なってきますが、いくつか代表的なモデルケースを掲載しておくので参考にしてみてください。

理想的な家計支出の割合(モデルケース)

<一人暮らしの場合> *手取り20万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   18%   36,000円
住宅費   28%   56,000円
水道光熱費     6%   12,000円
通信費     6%   12,000円
保険料     4%     8,000円
趣味・娯楽費     4%     8,000円
被服費     3%     6,000円
交際費     5%   10,000円
日用雑費     3%     6,000円
その他     6%   12,000円
貯蓄   17%   34,000円
支出計 100% 200,000円

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

貯蓄に回すお金を増やす!誰でもできる日々の簡単節約術

自分のお金の使い方のクセ「ムダ遣い」がわかったら、次はどうやってその「ぜい肉」を削るかです。

貯蓄に回すお金を増やすために、誰でもできる日々の簡単節約術を実践していきましょう。

衝動買いをしない

衝動買いをしないコツは、買い物をする前に「今必要なもの」と「欲しいもの」を切り分けて自問することです。

「今必要なもの」は、今買わなければいけないもの(=必要な支出)であり、「欲しいもの」は「今買う必要のないもの(=ムダな支出)。

つまり、買い物に「優先順位」をつけることで、衝動買いを抑えるブレーキにすることができます。

思い切ってマイカーを無くしてみる

マイカー関連の支出は、かなり家計を圧迫しますので、思い切ってマイカーを売却することを検討してみましょう。

「金食い虫」であるマイカーを売却するだけで、節約効果は絶大なものがあります。

特に都内に住んでる人は、電車や地下鉄、バスやタクシーといった公共交通機関が非常に発達しており交通の便が良く、実は都内でマイカーの必要性はそこまで高くありません。

また、マイカーの使用頻度を考えても、平日は仕事で使う時間もなく、土日に多少使ったとしても週1~2回程度。その1~2回も、実はわざわざマイカーで移動する必要もないものだったりします。ちょっとした遠出やレジャーは、レンタカーの方がはるかに経済的です。

  • 車両価格(ローンで買っていれば毎月の返済)
  • ガソリン代
  • メンテナンス代(オイル交換や洗車代など)
  • 税金
  • 車検代

「金食い虫」のマイカーを手放せない大きな理由は、単なる自分の「見栄」や、意味のない「所有欲」だったりします。

お金持ちの人たちの便利な生活に少しでも近づきたい気持ちはわかりますが、実は、お金を持っている人が車を所有しているのは、会社の経費で買って「節税」しているわけです。

自分の虚栄心や所有欲を満たすために、個人のお金でマイカーを買って、挙句の果てに家計を圧迫してしまうのは、まさに愚の骨頂。

まずは自分のマインドセットを変えることから始めてみましょう。

保険を見直す

保険もムダな支出の代表的なものです。

よく独身の人で生命保険入ってる人がいますが、家族がいないのであれば加入する意味はありません。また、家族世帯でも、必要以上の保険に入ってしまっているケースがほとんどです。

あくまで保険の目的は「保険」であって、「投資」や「資産運用」が主目的ではありません。

保険は必要最低限のものに加入し、資産運用はもっと利回りが良く効率のいい別の金融商品でやるようにしましょう。

外食は予算をしっかり決めておく

言わずもがなですが、外食は高く頻度が多いと家計を大きく圧迫します。

一方で、素敵な雰囲気の中でおいしい食事をする時間は、人生をより豊かにしてくれるものでもあります。

外食をするなということではなく、1週間や1ヶ月という単位で、外食する予算をしっかり決めておくことが大切です。

食材を買う前に水を飲む

あれもこれも食べたくなり、買い物でついつい食材を買いすぎた…、なんてことがありますが、空腹時の買い物をしてしまうと購入欲が高まって自制心が働かなくなります。

自制心を働かせるためには「食欲を満たしておくこと」が大切。買い物をする前に、お水をたくさん飲んでお腹を満たしておきましょう。

バカっぽい作戦ですが、生物学的にも実証されている非常に効果的な節約術です。

なるべくコンビニは使わない

至るところにあって24時間やっているコンビニは、とっても便利な存在で、なんとなく立ち寄ってしまう人も多いはず。

しかし冷静に考えてみると、コンビニの商品は定価販売が基本。同じ商品でもスーパーで買った方がはるかに安く、2~3割引で買えるものも少なくありません。

コンビニで買い物をし続けるとムダ遣いが増えますので、なるべくコンビニは使わず、スーパーやドラッグストアなどを利用するようにしましょう。

スタバで買わずにコーヒーは自分で作る

スターバックスのコーヒーは1杯約300円。毎日飲むと1ヶ月で約9,000円にもなり、結構バカにならない金額になってきます。

毎日スターバックスでコーヒーを飲む習慣のある人は、ぜひ見直してみましょう。

どうしてもおいしいコーヒーが飲みたい人におすすめなのが、自分で作ること。

自分で豆から挽いて作る作業も、かなり奥が深くて楽しいものがあります。

最近では、おいしいコーヒー豆を売っているお店が増えてきました。

コーヒー豆の相場は、500円~1000円程度で200g(15~20杯分)。自分で作れば、スタバよりもはるかにおいしいコーヒーが1杯30円~50円程度で飲めてしまいますので、是非トライしてみてください。

銀行手数料は払わない

時間外の引き出しや、振込手数料など、少額とはいえ「塵も積もれば山となる」的なムダな支出の一つが銀行手数料で、お金を節約するには極力ムダな手数料は払わないようにすることが大切です。

今や銀行に預けていてもお金は全く増えていかない超低金利時代で、銀行を使う目的は、引き出しや振り込み以外にほとんど使い道はありません。

銀行選びは、「振込手数料が無料」、「時間外手数料が無料」という判断基準で、必ず選ぶようにしましょう。

格安SIMや格安スマホを使う

毎月数千円、人によっては数万円もお金を使っているのが携帯電話やスマホ代。ドコモ、au、ソフトバンクといった、いまだに3大キャリアのブランドを使い続けている人がたくさんいます。

格安SIMや格安スマホに変更するだけで、大幅に使用料を節約することができます。

使用するキャリアを変更したところで、普段自分が使っているサービスにはほとんど支障をきたさないことをしっかり理解しましょう。

お弁当ランチの日を作る

普通のサラリーマンだと、外でランチをしようとすると大体1,000円が相場になってきます。

毎月25日間で25,000円の出費。週2~3日、お弁当ランチの日を作ることで30%~50%程度削減することができます。

弁当ランチのポイントは、とにかく楽しんでお弁当を作ること。

節約できるだけでなく、料理の腕前もアップ、人生も豊かに過ごせて一石三鳥です。

夜の誘いは極力断る

「飲みにケーション」なんてサラリーマンの合言葉になっていた時代ははるか昔。会社仲間と飲みに行ったところで、すぐに手取りがたくさん増えるわけではありません。

夜の飲み会の90%はムダなものが多く、飲み代はかさむし、なによりも自分の大切な「時間」が取られます。

収入を増やしたいのであれば、スキルアップのための勉強や副業など、自分の時間をもっと収入アップに直結するようなことに有効活用していきましょう。

資産運用でさらにお金を増やす | お金を増やす簡単節約術

簡単節約術で貯蓄に回すお金を増やすことができたら、資産運用でお金がお金を生む仕組みを作って賢く確実にお金を増やしていきましょう。

資産運用といっても、やり方はものすごく簡単。

「毎月一定額の投資信託を積み立て購入していく」、たったこれだけです。

長期の複利運用が大きくお金を増やす

長期で積み立て投資していくことで「複利効果」が働き、自分は一切働かなくても「お金が働いて」くれて、さらに効率よくお金を増やしていくことができます。

例えば、毎月5万円ずつ投資信託を積み立て購入し、年利7%で複利運用していくと、銀行にお金を貯金していった場合と比べて、10年後、20年後、30年後は以下のようにお金が増えていきます。

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

運用期間が長くなればなるほど、銀行に貯金した場合と比べて、その差額が大きくなっていることがわかりますでしょうか?

複利とは、簡単に言うと「利子に利子がつく」こと。

長期で運用すればするほど「複利効果」の威力が増し、お金を「雪だるま式」に増やすことができるのです。

実は、この「複利」を活用した投資こそが、世の中のお金持ちが実践している「資産運用でお金を増やす鉄則」。

この超低金利時代に銀行に預けていてもお金は増えていきません。

節約でそぎ落としたムダ遣いを資産運用に回し、複利効果を活用しながら貯めたお金をさらに大きく増やしていきましょう。

「資産運用の始め方」はこちらの記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

「積み立て投資」「複利運用」についてはこちらの記事: 【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

インデックスファンドを積み立てよう

投資信託には2種類あって、TOPIXや日経平均という市場の平均指標であるインデックスに連動した運用を目指していく「インデックスファンド」と、インデックスを超えるリターンを目指していく「アクティブファンド」があります。

一見、インデックスを上回る運用を目指していくアクティブファンドの方が高いリターンを出しているように思えますが、実は、20年、30年といった長期でのパフォーマンスをみると、インデックスを上回るリターンを出しているアクティブファンドはほとんどありません。

また、アクティブファンドはファンド運営に人件費などの費用がかかり、販売手数料や信託報酬といったコストも高くなるのが一般的。

つまり、投資信託を長期で積み立てて確実に資産形成していくのであれば、買うべきファンドは「インデックスファンド」の一択なのです。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

インデックスファンドを積み立てるおすすめの方法は?

資産運用の初心者におすすめなインデックスファンドの積み立て投資は、主に2種類の方法があります。

  • 証券会社で積み立てる
  • ロボアドバイザーにお任せする

証券会社で積み立てる

一番オーソドックスなのが、この証券会社経由で購入する方法になります。

証券会社はたくさんありますが、選ぶなら楽天証券の一択です。

なぜなら、ファンドを買うたびに楽天ポイントが貯めれて、その貯まったポイントでファンドを買うこともできてしまうという、「一番効率的にお金が増やすことができる証券会社」だからです。

この楽天ポイントによる資産運用は、まさに「錬金術」

ハッキリ言って「楽天証券」以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えると、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」を実現

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーはAI(人工知能)を使って、投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

お金を増やすには、支出を減らして、収入を増やし、資産運用する、というシンプルな3つのルールしかなく、まずは資産運用に回すお金を少しでも増やせるように、簡単節約術を実践することから始めてみましょう。

<お金を増やす簡単節約術>

  • 衝動買いをしない
  • 思い切ってマイカーを無くしてみる
  • 保険を見直す
  • 外食は予算をしっかり決めておく
  • 食材を買う前に水を飲む
  • なるべくコンビニは使わない
  • コーヒーは自分で作る
  • 銀行手数料は払わない
  • 格安SIMや格安スマホを使う
  • お弁当ランチの日を作る
  • 夜の誘いは極力断る

資産運用は、毎月一定額の投資信託を買って長期で複利運用していくのが「お金を増やす鉄則」。

自分が働くのではなく、お金に働いてもらうことで、お金が倍々ゲームのように増えていく仕組みを作ることができます。

思い立ったが吉日です。

資産運用は始めるのが早ければ早いほど、「時間を味方」につけて、「複利」でお金を大きく増やしていくことができます。

早速、今日から節約術を実践して資産運用を始めてみてください。

これまでの日本を支えてきた年金制度や終身雇用制度は崩れ、もはや国や会社は自分の老後の面倒を見てくれず、将来の自分の生活は自分でなんとかしなくてはいけない「自己責任の時代」に突入しています。

そんな「自己責任の時代」に一番求められているのは、「お金を増やす知識やスキル」。

間違っても老後破綻なんてしないよう、今のうちからしっかりと正しい「お金の教養」を身につけておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。