貯金を増やしたい!貯まる貯金の仕方や賢いお金の増やし方を解説!

LINEで送る
Pocket

「貯金を増やしたい!でも毎日ストイックに節約してるのに、なかなかお金が貯まらない…。確実にお金が貯まる貯金の仕方や、効率的にお金を増やせる賢いお金の増やし方、教えて…。」

子供の教育資金やマイホーム購入資金、自分たちの老後資金など、お金を貯める目的は人それぞれ。毎日せっせと節約に励んで頑張っている人は多いでしょう。

しかし、ただ闇雲に節約をしているだけでは、お金は貯まっていきません。

確実にお金を貯めて増やしていくには、「正しいやり方」があるのです。

そんな貯金を増やしたいあなたに、今回は「正しいお金の貯め方」「賢いお金の増やし方」をお話ししていきます。

貯金を増やしたいけど増やせない理由

たとえ同じ給料をもらって生活をしていても、世の中には貯金をどんどん増やしていける人と、貯金を増やしたいけど全然増やせない人がいますが、お金を増やせない人はこのまま何も行動しなければ、永久にお金を貯めていくことはできません。

なぜなら、貯金を増やせない人には「お金を増やせない習慣」があるからです。

お金が増やせない人の致命的な特徴をみてみましょう。

支出管理ができていない

どんなに貯金を増やしたいと思っていても、自分が何にいくらお金を使ったのか、もしくは、今月は何にいくら使うのかを把握できていない人は、絶対にお金を貯めていくことができません。

お金を貯めていける人は、支出項目ごとに毎月の予算額をしっかり決めていて、その予算範囲内でお金を使うことを心がけています。

自分のお金を使う「クセ」を知らない

「無くて七癖」とはよく言いますが、人には自分では気づいていない「クセ」があるもの。実は、お金の使い方にも、人それぞれの「クセ」があります。

独身で同じ年齢で同じ給料をもらっていても、交際費が多い人もいれば、携帯料金などの通信費が異常に高い人がいますよね。

自分がお金を使ってしまいやすい支出項目にこそ、ムダ遣いをしている元凶があるものなのです。

お金が貯まらない人は、自分の支出の「クセ」を理解しておらず、節約しようとしても効果的な節約をすることができません。

毎月余った分のお金を貯蓄に回す

貯金を増やしたい人は、お金を貯めたいので最低限の「貯蓄に回す意識」はあります。

にもかかわらず貯金が増えないのは、「貯蓄の優先度の低さ」に原因があるからです。

お金を貯めることができない人は、給料が入って公共料金や家賃などの支払いをし、一通りの生活にお金を使った後、最後に余ったお金を貯蓄に回そうとします。

しかし、毎月余った分のお金を貯蓄に回そうとしても「今月は1万円しか貯金できなかった…。」とか「今月は赤字になってしまった…。」というように、毎月の貯蓄額にバラつきがでるため、確実にお金を貯めていくことができないのです。

貯金を増やしたい人のための「貯まる貯金の仕方」とは?

冒頭でお話ししたように、お金を貯めるには「貯まる貯金の仕方」というものがあって、貯金を増やしたいからといって、むやみに節約ばかりしていてもダメです。

効率良く確実にお金を貯めていくには、3つのステップを踏む必要があります。

  1. 支出を「見える化」する
  2. ムダな支出を洗い出して削る
  3. 「先取り貯蓄」をする

実は、この3ステップを踏むことで、さきほどのお金が貯まらない人の「致命的な習慣」を改善し、お金を確実に貯めていけるようになります。

各項目ごとに順を追ってみていきましょう。

①支出を「見える化」する

自分が何にいくらお金を使っているのかという支出管理なしに、お金を貯めていくことはできません。なぜなら、節約すべきムダな支出がわからないからです。

お金を貯める上でまず最初にやるべきは、支出の「見える化」で、一番有効な手段が言わずと知れた「家計簿」です。

でも、家計簿をつけるのって正直めんどくさくて、なかなか継続しにくいですよね。

そんなめんどくさがり屋の人におすすめしたいのが「家計簿アプリ」

マネーフォワードやMonyTreeといった無料で使える家計簿アプリは、スマホでレシートの写真を撮るだけで支出入力ができるような便利機能があったり、金融機関やカード会社などと自動連係してくれて手軽に資産管理もできてしまいます。

そしてなんといっても一番のメリットは、グラフで支出項目を簡単に「見える化」できてしまうこと。

何にいくら使ったのかの支出管理が、視覚的かつ直感的にすることができるだけでなく、ある種の「ゲーム感覚」で家計簿を楽しくつけていくことができます。

②ムダな支出を洗い出して削る

家計簿で支出管理ができるにようになったら、次は、削るべきムダな支出を洗い出すことです。このムダな支出の洗い出しは、理想の家計支出と比較してみると一目瞭然。

他の人と比べて、自分は何にいくら使いすぎてしまっているのかを把握し、使いすぎている支出項目は、理想の家計支出の金額程度まで節約します。

理想的な貯蓄割合は「手取りの20%程度」ですが、子供がいる家庭は独身世帯に比べて生活コストが高くなるため、まずは手取りの10~15%を目標に貯蓄に回すようにしましょう。

理想的な家計支出の割合は、当然ながら家族構成や年代によっても異なってきます。

以下に、世の中一般的に多いと想定される4パターンを例に挙げておきますので、参考にして自分の家計支出のムダを洗い出してください。

<一人暮らしの場合> *手取り20万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   18%   36,000円
住宅費   28%   56,000円
水道光熱費     6%   12,000円
通信費     6%   12,000円
保険料     4%     8,000円
趣味・娯楽費     4%     8,000円
被服費     3%     6,000円
交際費     5%   10,000円
日用雑費     3%     6,000円
その他     6%   12,000円
貯蓄   17%   34,000円
支出計 100% 200,000円

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

理想の家計支出と比較して、削るべきムダな支出項目を洗い出せたら、その項目を集中的に節約しましょう。

節約で一番意識すべきなのは、「どの支出項目を節約したら一番効果が高いか」という「家計へのインパクト」を考えることです。

逆に言うと、節約しても節約効果の低いものであれば、無理に節約する必要はありません。

チマチマと細々した節約を積み重ねて毎月1万円の節約をするよりも、例えば、思い切ってマイカーを売ってしまった方が、はるかに節約効果は高くなります。

家計の見直しという作業は、「年末の大掃除」のようなもので、必要なモノと不要なモノを、思い切って「断捨離」していくことが大切なのです。

関連記事: お金を増やす簡単節約術!誰でも確実に貯金できる節約のコツ!

③「先取り貯蓄」をする

家計簿による支出管理と、理想的な家計支出との比較によるムダ遣いの削減により、確実に貯蓄に回すお金を確保できるはずです。

次のステップは、そのお金を「確実に」貯めていくこと。

前述の通り、お金が貯めれない人の悪い習慣は、以下のような毎月の余ったお金を貯蓄に回す習慣にあります。

  1. 給料が入金
  2. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  3. 生活費の支払い
  4. 余った分を貯蓄

ここで、貯蓄をする「優先度」を上げてみましょう。

つまり、給料が入ったらまず貯蓄をするという「先取り貯蓄」にし、生活費は余った分の予算内に必ず収めることを徹底するのです。

  1. 給料が入金
  2. 一定額を貯蓄(別口座へ移す)
  3. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  4. 余った分で生活費を支払う

この「先取り貯蓄」をする上では、大切なポイントが3つあります。

まず1つめは、銀行の自動引き落としサービスや、貯蓄分の給料振込を別口座にしてもらうような会社の仕組みを使って、強制的に」先取り貯蓄をしてしまうこと。

2つめは、普段使っている銀行口座とは別の「貯蓄専用の口座」を作ること。

そして3つめは、貯蓄専用口座からは絶対に引き出さないことです。

この「先取り貯蓄」の仕組みを作ることで、お金は確実に貯めていくことができます。

貯金を増やしたい人のための「賢いお金の増やし方」とは?

貯蓄に回すお金を確実に確保できても、この超低金利時代に銀行に預けてしまうのは「賢いお金の増やし方」とはいえません。貯金を増やしたいのであれば、資産運用をすることでさらに効率良くお金を増やしていくことができます。

例えば、毎月5万円ずつを積み立てていくとしましょう。

銀行にお金を貯金していった場合と、年利7%で資産運用していった場合と比べると、以下のように、10年後、20年後、30年後でお金の増え方に大きな違いが出てきます。

<毎月5万円を複利運用した場合のお金の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

銀行に30年間預け続けた場合の貯金額は1,800万円であるのに対し、年利7%で30年間運用した場合の元本は5,847万円。

なんとその差は4,047万円にもなります。

これは長期運用による「複利効果」によるもので、運用する期間が長くなればなるほど「複利効果」の威力は増していきます。

実は、この「複利」を活用した運用こそが、世の中のお金持ちをさらなるお金持ちにしている「資産運用の極意」であり、まさに「賢いお金の増やし方」。

貯蓄に回したお金で資産運用をし「お金に働いてもらう」ことで、効率良く大きくお金を増やしていくことができます。

「複利効果」をもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

そして、この複利を活用した資産運用のやり方は、極めて簡単でシンプル。

毎月一定額の投資信託を積み立てていく、たったこれだけです。

買うべきファンドは「インデックスファンド」

100円という少額から購入できる投資信託は、1つの銘柄で複数の国や企業に投資でき、手軽にリスク分散できるのが大きなメリットで、長期的に安定して資産形成ができる資産運用の初心者にもおすすめの金融商品。

投資信託には、TOPIXや日経平均といった市場の平均指標であるインデックスに連動した運用を目指していく「インデックスファンド」と、インデックスのリターンを上回る運用を目指していく「アクティブファンド」があります。

リスクとリターンを上手にコントロールしながら長期運用していくのであれば、アクティブファンドよりもコストが低い「インデックスファンド」を購入するようにしましょう。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やす「積み立て投資」についてはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

「インデックスファンド」の購入方法

インデックスファンドを購入するおすすめの簡単な方法は2種類です。

証券会社で積み立てる

一番オーソドックスなのが、証券会社経由で購入する方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」を実現

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

貯金を増やしたいのであれば、正しくお金を貯める「貯まる貯金の仕方」と確実にお金を増やす「賢いお金の増やし方」を実践することで、間違いなく大きな資産を作り上げることができます。

貯める貯金の仕方は以下の3ステップで、確実に貯蓄に回すお金を増やすことができます。

  1. 支出を「見える化」する
  2. ムダな支出を洗い出して削る
  3. 「先取り貯蓄」をする

貯蓄に回すお金を増やしたら、そのお金で毎月一定額のインデックスファンドを買っていく「賢いお金の増やし方」を実践すること。

複利を活用した長期積立投資で、資産を大きく効率的に増やしていくことができます。

日本の高度成長期を支えた国の年金制度や会社の終身雇用制度は崩壊し、かつて国や会社が自分の老後生活までもしっかりサポートしてくれた「古き良き時代」はもう過去の話。

今生きているこの時代は、自分の力で自分の老後を支えなければならない「自己責任の時代」であるということをしっかりと認識しなければなりません。

今個人に求められているのは、人生100年時代を生き抜くための「お金の知識」。

今回お話ししたような、正しくお金を貯める「貯まる貯金の仕方」や確実にお金を増やす「賢いお金の増やし方」は、日本の教育では教えてくれない「お金の教養です。

自分で正しい知識やスキルをしっかりと身につけて、自分の老後は自分で守れるようにしておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。