お金を増やす株式投資を解説!初心者が確実にお金を増やす方法とは?

LINEで送る
Pocket

投資で確実にお金を増やす方法と聞けば、多くの人がまっさきに思いつくのが「株式投資」ではないでしょうか。

株式投資をやったことはない資産運用の初心者であっても、株の話題は毎日のようにニュースで取り上げられるので多くの人にとって馴染みがあるといえるでしょう。

しかし、リスク資産の一つである株は、企業の業績や市場の環境によって、株価が大きく下落して損をしてしまうリスクがあるのも事実。

実際、「株で大損した…。」なんていうような声もよく聞きますよね。

株式投資は、債券投資などと比べると価格変動リスクが高く、中途半端な知識で投資をしてしまうと、大損してしまう可能性があるのです。

つまり、投資の初心者が株式投資で損しないためには、株式投資の特徴儲け方のポイントをしっかり理解する必要があるということ。

株式投資で儲けるには、「売却益」「配当金」「株主優待」で利益を上げていく3つの方法があります。

今回は、この3つの方法の中でも、株式投資の基本である「売却益」にフォーカスし、株式投資でお金を増やす「株式投資のポイント」についてお話ししていきます。

目次

株式投資の特徴 | お金を増やす株式投資

株式投資でお金を増やすには、株式投資とはどういう仕組みで、どのようなメリットやデメリットがあるのかを理解しておく必要があります。まずは、株式投資の特徴について簡単にみていくことにしましょう。

株式は、株式会社が事業資金の調達をするために発行する「有価証券」のこと。

買った価格よりも株価が上がれば、投資家はその分の利益を得ることができ、逆に買った価格よりも株価が下落してしまうと損をしてしまうことになります。

株式投資の期待リターン

株式投資で期待できるリターンは、銘柄によって異なります。

例えば、トヨタのような大企業の株は、事業が安定していて年間の期待利回りは比較的低くなります。

一方、事業がまだ不安定なベンチャー企業などは、一発当てれば大きなリターンがあるのと同時に、突如事業が大きく傾き、場合によっては破綻によって株が紙クズ同然になるようなリスクもあります。

株式投資のメリット

シンプルな仕組みで馴染みがある

企業が株式を発行して、買った価格よりも株価がれば儲かり、下がれば損失が出るというように、株式の仕組みはとってもシンプル。

また、投資対象となる上場会社は、日頃からその企業名や商品、サービスに触れる機会も多く、多くの人にとって馴染みがあるのが特徴です。

配当金がもらえる

企業が出した利益の一部を株主に還元する仕組みが「配当金」です。

例えば、1株あたり5円の配当金が出る株式を10,000株保有している場合、5万円の配当金がもらえることになります。

配当金の利回りは企業によって様々で平均すると2~3%程度、また、配当金が出るタイミングも企業によって異なりますが、中間決算と期末決算の年に2回、配当金が出る企業が一般的です。

また、あらかじめ利回りが決まっている銀行の預貯金などと違って、株式の配当金の金額は決まっていません。企業の業績によって、もらえる配当金が多いときも少ないときもあり、場合によっては、一切配当金が出ないという無配になることもあります。

株主優待がある

配当金以外にも、株式を保有しているだけで利益を得る仕組み、それが「株主優待制度」です。

2018年8月末時点で約3,600ほど個人投資家が取引できる株はありますが、その内の約3割の企業が「株主優待制度」を設けています。

株主優待制度は、その企業に投資している投資家を対象に、年に1~2回程度、自社サービスの無料券や割引券などが提供されます。

例えば、飲食チェーンを経営する企業では〇円分のお食事券、テーマパークを運営する企業では持ち株数に応じた1日無料券など、お得な内容が満載。

この株主優待を目当てに株式を購入する人も多く、株主優待が提供されるタイミングで株価が上昇するというような現象も多くあります。

株式投資のデメリット

元本割れするリスクがある

株式は元本保証はされていませんので、企業の業績が悪かったり、市場環境が悪化して株価が下落してしまうと、大きな損失を出すこともあります。

債券などに比べて株価の変動が大きい

株価の変動幅は、債券価格などよりは大きく、市場環境によって急激な暴騰や暴落をするようなケースもあり、個別銘柄の売買は比較的リスクが高いと言えます。

デイトレーダーのような短期で株式を売買することで利ザヤを稼ぐような人たちが多いのも、価格変動幅が大きいという株式の特徴によるものです。

関連記事: 債券投資のリスクやメリットを解説!おすすめの個人向け国債の利回りは?

株式投資でお金を増やす3つの方法

冒頭でもお伝えしたように、株式投資でお金を増やすには主に3つの方法があります。

  • 「売却益」でお金を増やす
  • 「配当金」でお金を増やす
  • 「株主優待」でお金を増やす

その中でも特に株式投資の基本中の基本ともいえるのが、「売却益」でお金を増やす方法です。

例えば、今一番勢いのある企業といっても過言ではない「Amazon」。Amazon.comは1997年の5月に米NASDAQに上場していますが、はじめて黒字になったのが2001年の第4四半期。

2001年10月当時のAmazon株は1株あたり5ドル程度でしたが、2018年8月には2,000ドルを突破しました。もし2001年に1株5ドルで100万円買っていたら、4億円の資産になっていた計算になります。

株式投資の売却益でお金を増やすポイントは、とにかく安く買うこと、この1点に尽きます。

そして、株を安く買う方法には4つの投資法があります。

  • 割安株投資
  • 成長株投資
  • 新興市場株・IPO投資
  • 低位株投資

これらの投資法について、順にみていきましょう。

割安株投資でお金を増やす

株価が利益や資産と比べて安い水準にあれば、適正と思われる株価への上昇が見込めます。実力より安い株価で買ってお金を増やす方法、これが「割安株投資」です。

企業の本当の実力よりも株価が割安な株を買うことができれば、将来的にその企業の実力に株価が追いついて上昇をすれば値上がり益を得ることができます。

現在の株価が本来の企業価値と比べて割安かどうかを判断するのには、いくつかの指標があって、代表的なものが「PER(株価収益率)」と「PBR(株価純資産倍率)」です。

製造業や小売業、食品といったように、業種が違ってくると利益条件も変わってくるため、それに応じて、株価の割安度も異なってきます。

そのため、PERとPBRによる割安株の比較は、「業種平均」で比較することがポイントになってきます。

利益と比べて割安かがわかる「PER(株価収益率)」

PER(Price Earnings Ratio)は、1株あたりの利益と比べて割安かどうかを判断する指標で、以下の計算式で算出します。

PER = 現在の株価 ÷ 予想1株利益

分子の株価が下落すればPERは下がり割安になるほか、分母の1株あたりの利益が成長すればPERも割安になるため、成長力があり将来の予想1株利益が増加するのであれば、足元のPERが高くても割安と考えることができるのです。

例えば、現在同じ株価1,000円というA社とB社を比べた場合、A社の1株利益は100円でPERは10倍であり、現在の株価1,000円は10年分の利益に相当します。一方のB社の1株利益は50円でPER20倍であり、現在の株価は20年分の利益に相当します。

つまり、1,000円の投資金額を10年で回収できるA社の株のほうが、回収に20年かかるB社より割安と考えられる、というわけです。

現在の株価 1株利益 PER
A社 1,000円 100円 10倍
B社 1,000円   50円 20倍

純資産と比べて割安かがわかる「PBR(株価純資産倍率)」

PBR(Price Book-value Ratio)は、1株純資産と比べて株価が割安かどうかを判断する指標で、以下の計算式で算出します。

PBR = 株価 ÷ 1株純資産

1倍以下は、いま会社が解散して株主に資産を配分した場合、株主は投資額以上に利益が出るということ。

数値が低ければ低いほど、株価が割安。アベノミクス初期のような会社が欲裕する資産の含み益が注目されたときにPBRが重要視されます。

現在同じ株価4,000円というC社とD社を比べてPBRでの割安度を計算してみましょう。

C社の1株純資産は5,000円でPBRは0.8倍。一方のD社の1株純資産は2,000円でPBR2倍。この場合、現在の株価に対してPBRが1倍以下の0.8倍になっているC社の株価は割安、PBRが2倍のD社は割高、ということが言えます。

現在の株価 1株純資産 PBR
C社 4,000円 5,000円 0.8倍
D社 4,000円 2,000円 2.0倍

今後の成長力をみるなら「営業利益率」

割安株の株価が上昇するためには、利益が大きくなっていかなければなりません。

この利益の成長力を判断する指標が「営業利益率」で、本業の利益を示す営業利益が売上高に対してどれだけ占めるかを示すもので以下の計算式で算出できます。

営業利益率 = 営業利益 ÷ 売上高

営業利益率が高ければ高いほど、競争力が強く企業の成長性が高いと判断できます。

一般的な営業利益率の平均は、製造業で8.5%、内需系で10%。利益率が10%超であれば、製造業はPER20倍以下、内需系のPERは30倍以下、を目安に判断していきましょう。

成長株投資でお金を増やす

株価は利益の成長に伴って上がります。割安株投資とは異なり、たとえ株価が割高でも、将来の成長性に投資してお金を増やすのが「成長株投資」です。

成長株投資は、利益が大幅上昇によって長期で株価の大化けも狙えるのが最大のメリットになります。

成長株投資をする上でのポイントは、長期で利益成長が続くかどうかで、成長株に必要な条件は主に2つあります。

成長株に必要な条件①:商品やサービスの潜在需要が大きい

長期で利益成長を続けるためには、その会社の商品やサービスの潜在需要が大きいかがポイント。旅行代理店の市場をネット旅行が奪ったように、これまでの市場を新しい業態が奪うと考えると市場規模が想像しやすくなります。

成長株に必要な条件②:競争優位性があり強気の値付けができる

他社がマネできないような、特別な技術などがあり競争優位性があることが重要。競争優位性があれば、強気の値付けも可能なため、成長力をキープしやすくなります。

一方で、規制緩和などで競争優位性が薄れたときには注意が必要にあります。

新興市場株・IPO投資でお金を増やす

ジャスダックやマザーズなどの新興市場や、まだ新規上場して間もない株は、すでに成熟した会社より成長余力が高く、株価の大幅上昇に期待ができます。それらの新興市場株や未上場株でお金を増やす方法が「新興市場株・IPO投資」です。

ジャスダックは、時価総額50億円以上の上場基準で、マザーズよりも厳しいのが特徴。ただ上場上限期間はないため、日本マクドナルドHDなどのような古株もいます。

一方のマザーズは、時価総額10億円以上の上場基準。もともと上場後10年以内に東証1部に昇格する会社のための市場だったため、10年経ったら市場変更を検討する必要があります。新しい会社が多いのも特徴です。

新興市場では、大きな成長が期待できる有望な銘柄がたくさんあります。特にマザーズやジャスダックは多くの有望なベンチャー企業が上場しているため、一攫千金を狙うことも十分可能です。

しかし、経営が不安定なベンチャー企業への投資は、倒産や上場廃止リスクも高く、高いリターンが期待できるのと同時に高いリスクを取る必要があります。

どの企業へ投資をしていくか、入念な精査が大きなポイントになってきます。

新興市場銘柄を選ぶポイント①:社会の課題を解決できるビジネスで社長に志があること

社長や経営陣に「社会の課題を解決する」志があることが重要です。

生活をよりよく快適にする、技術やサービスを持つ会社かどうかが、投資先を選定する上でのポイントになります。

新興市場銘柄を選ぶポイント②:実力以上に盛られた決算を鵜呑みにしない

新規上場株には決算を盛って実力以上に見せる銘柄も稀にあります。

いい業績見通ししか言わないのは要注意。本当にいい経営者は個人投資家に損をさせないよう正直に業績見通しを出すものです。

新興市場銘柄を選ぶポイント③:多くの投資家がまだ注目していない割安な水準であること

多くの人がすでに注目している銘柄は、株価が実力以上に買われている可能性が高いです。

儲かっている人をうらやましいと思って買うと、損をしてしまうので注意が必要です。

低位株投資でお金を増やす

ワケがあって株価が低くなっているような、「ボロ株」とも言われる低位株を買ってお金を増やす方法が「低株投資」です。

100円前後など、株価が低位にある低位株への投資は、黒字転換やいいニュースが出ると大幅な値上がりを狙うことができるのが大きなメリット。

一方で、低位株は値動きが激しく、急激な暴落があっても売りたいときに売れず、大きなリスクがあります。

一般的に、株式には大幅な株価の変動で投資家に大きな損害を与えないように、「値幅制限」が設けられていますが、100円未満の低位株の場合、制限される上下の値幅は30円。この値幅制限に引っ掛かってくると、すぐにストップ高・ストップ安となり、株価の変動が止まることになります。

低位株投資のポイント①:出来高が極端に少ない銘柄を排除する

買いたいときに替えなかったり、せっかく上がっても売りたいときに売れないというようなリスクを避けるため、出来高が極端に少なく、値段がつきにくい銘柄は選ばないことが大切。

出来高は変化するので、定期的な確認をすることも忘れてはいけません。

低位株投資のポイント②:倒産リスクのない銘柄に注目

財務内容が不安だったり、赤字の拡大が続いているなどの銘柄は避けることが大切。

本当に問題があると株価が100円以下になっているので、100円以上の株が初心者にはおすすめです。

低位株投資のポイント③:1銘柄に集中させず複数に分散させる

普段は株価が横ばいなのに、いつどんな材料が出て株価が動くかわからないのが低位株で、ワケあり株なので悪材料があれば急落することもあります。

どれか1つの銘柄が上昇すればいいくらいの気持ちで複数の銘柄に分散投資が基本です。

株式投資より賢く手軽にお金を増やすならロボアドバイザー

株式投資でお金を増やすことは可能ですが、株式投資で上手にリスクコントロールをしながら資産運用していこうとすると、それなりに手間がかかってしまうのは大きなデメリット。

であれば、AI(人工知能)に資産運用の全て任せて、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法もおすすめです。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンドで、手軽に分散投資できる投資信託の良さと、いつでも売買できる株式の良さを「良いところ取り」した金融商品。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

株式投資でお金を増やすには、「安く株を買って高く売る」という当たり前のことができるかどうかが大きなポイントで、初心者も徹底すべき「株式投資の王道」であり「確実にお金を増やす方法」です。

そして、株を安く買うための投資法には全部で4つ。

  • 割安株投資
  • 成長株投資
  • 新興市場株・IPO投資
  • 低位株投資

一番気をつけるべきは、いずれの投資法にも「リスク」が存在するということ。

いかに上手にリスクをコントロールしてリターンを得ていくかが、成功への大きなカギになってきます。

世の中にある投資方法は様々な種類があり、株式投資だけが投資ではありません。自分のリスク許容度の範囲内で、最大限のリターンを得ていくにはどの投資法がいいのかをまずは見極める必要があります。

そのためには、まずはしっかりと「お金の教養」を身につけること。

これまでの日本を支えた国の年金制度や会社の終身雇用制度は崩壊し、これからますます個人で資産運用して自分の老後は自分で見ないといけない「自己責任の時代」。

この「自己責任の時代」を生き抜くためには、お金をもっとよく理解して、賢く確実にお金を増やしていける知識とスキルが必須なのです。

お金がなくて老後破綻…、なんていう最悪の事態を避けるためにも、しっかりと正しい「お金の教養」を身につけて人生をより豊かなものにしていきましょう。

株式投資スクール

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。