貯金できない夫婦の5つの特徴!共働き貯金なしでも確実にお金を増やす方法!

LINEで送る
Pocket

「そんなにムダ遣いしているつもりはないのに、全然貯金ができない…。」

「共働き夫婦2人で比較的お金に余裕があるはずなのに、なぜか貯金なし…。」

このようなお金の悩みを抱えている夫婦世帯は多いですよね。

毎月の生活費の支払いで精一杯で貯金できない、保育園や幼稚園の子育て費用に予想以上にお金がかかって貯金できない、旦那や妻の金遣いが荒くて貯金できないなど、理由は様々でしょう。

確かに、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(平成29年度)によると、金融資産を保有していない、つまり、「貯金できていない」二人以上世帯は、どの年代でも約30%程度となっています。

<金融資産非保有の割合(二人以上世帯)>

金融資産非保有の割合
20代 35.6%
30代 33.7%
40代 33.7%
50代 31.8%
60代 29.4%
70代 28.3%
全国平均 31.2%

しかし、逆に言うと、「約70%の夫婦世帯は、しっかり貯金ができている」ということ。

貯金できない人たちには、間違いなく、貯金できていない致命的な原因があるのです。

今回は、貯金できない夫婦世帯の特徴と、貯金なしの今からでも実践できる「貯金する方法」についてお話ししていきます。

貯金できない夫婦の5つの特徴

貯金できない夫婦の致命的な特徴を5つ挙げてみましょう。

危機感がない

将来必要になってくるお金は、自分たちが思っている以上に多く、30代、40代から将来のために本格的に貯蓄をしなければいけないのに、貯金できない夫婦というのは危機感がありません。

例えば、結婚して子供ができると、子供の教育費がかかってきます。子供1人を大学まで行かせるのに必要な学費は、全て国公立だとしても最低1,000万円。子供のお小遣いや生活費、家族のレジャーなどを考えると、子供1人あたりにかかってくるトータル金額は1,500万円~2,000万円は必要です。

また、マイホームを購入するのであれば、その最低300万円~500万円程度の頭金や諸費用も貯めなければいけないし、将来の老後の生活費(老後資金)も貯めていかなければなりません。

将来にいくら必要なのかを把握せず、危機感無く生活していると「貯金しなければいけない」と考えるべきところが、「貯金できてないけど、まぁいっか。」になってしまっているのです。

無計画に買い物をしてしまう

無計画に欲しいものを買ってしまうのも、貯金できない夫婦の特徴で、世帯収入は多いはずなのに貯金できない、共働き夫婦によく見られるのがこのパターン。

「欲しいもの」なので「ムダなもの」を買っている感覚はないのかもしれませんが、「今必要でないもの」にお金を使っていることに気づいていないのが、貯金できていない致命的な原因といえるでしょう。

支出内容を把握していない

そもそも、自分が何にいくらお金を使ったか、支出内容を把握できていないのも典型的な貯金できない夫婦のパターン。

「今月の手取り収入30万円、1ヶ月後に銀行口座をみて残額が1万円、今月は29万円使ったんだな。」で終わってしまっているのです。

重要なのは、使った29万円の内訳です。

29万円を何に使ったのか、必要なものだったのか、扶養なものだったのか、という「家計の棚卸し」ができていないことが非常に問題です。

毎月の余った分を貯蓄に回そうとする

貯金できない夫婦は、毎月の余った分から貯蓄に回そうとする習慣があります。

しかし実は、夫婦に限らず、貯金できない人の99%がこのパターンに当てはまっているほど、「お金を貯められない典型的な習慣」がこれです。

余った分から貯蓄に回すこと自体、貯蓄に対しての意識・優先度が低いことの表れです。

お金を貯めれない人は、ある程度「強い意志」を持ってお金を貯めていかないと貯めることができません。

極端に収入が少ないのに何も行動しない

貯金できない夫婦がどんなに節約して生活を切り詰めても、収入が極端に少なければ、お金はなかなか貯まりません。

収入を増やすために転職するとか副業をすることを考えなければいけないのに、何も行動をしないのは、貯金できない夫婦の特徴です。

貯金できない夫婦でもできる「お金の貯め方」

では、お金を貯めることに対してこんな致命的欠陥のある貯金できない夫婦でも、お金を貯めていくことはできるのでしょうか。

実は、お金を貯めるにはシンプルな3つのルールしかありません。

  • 支出を減らす
  • 収入を増やす
  • 資産運用する

この3つのシンプルなルールに基づいて、誰でもできる「お金を貯めるステップ」をお伝えしていきましょう。

ステップ1: 毎月の支出を把握する

まずは、毎月何にいくら使っているのか、「家計の健康診断」から始めましょう。

家計の健康診断で大切なのは「見える化」すること。

見える化するのに一番有効なツールが言わずと知れた「家計簿」です。家計簿をつけることで、自分の「お金の使い方のクセ」を理解しましょう。

最近では、無料で使える「家計簿アプリ」が出ています。

家計簿アプリは、普段使っている銀行口座やクレジットカード、電子マネーなどと自動連係をして入力の手間を大幅に削減できるだけでなく、支出項目ごとにどのくらいの割合で支出しているのかをグラフ化して簡単に「見える化」してくれる超便利なツールですので、有効活用してみてください。

ステップ2: 理想の家計支出と比較する

家計簿で家計の支出を「見える化」したら、次は理想の家計支出との比較。

ここでの目的は、「ムダな支出」を知ることです。

理想の家計支出と比較することによって、一般的な家庭よりも、どの支出項目にお金を使いすぎているのかが一目瞭然でわかります。

使いすぎている支出項目があれば、理想の家庭支出に近づけられるように、支出の削減をしましょう。そうすることで、「貯蓄に回すお金」を増やすことができます。

理想的な家計支出の割合は、家族構成や年代によっても異なってきますが、ここでは、世の中一般的に多いと想定される3パターンを例に挙げておきますので、自分の家計支出と何がどう違うのかを比較してみてください。

また、理想的な毎月の貯蓄割合は、手取り収入の20%以上と言われていますが、子供がいる家庭は子供の教育費だけでなく、食費や水道光熱費などの一般的な生活費も高くなりますので、まずは手取り収入の10~15%程度を貯蓄に回すことを目標にしましょう。

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

ステップ3: 収入を増やす

当然ながら収入が増えれば手取りが増えるわけで、その分貯蓄に回すお金も増えます。

収入を増やす主な方法は以下の3つ。

  • 今の仕事で出世して給料アップを狙う
  • 転職して給料アップを狙う
  • 副業して副収入を得る

今すぐに収入がアップできるほど世の中は甘くないので、収入アップは中期的な視点で考えても構いませんが、常に意識をし続けて、収入アップのチャンスがきたらすぐに行動に移せるようにしておきましょう。

ステップ4: 先取り貯蓄する

ムダな支出を減らし、収入アップで手取りを多く確保することで、貯蓄に回すお金を増やすことができます。次のステップは、貯蓄に回したお金を「確実に」貯蓄することです。

確実に貯蓄するためには、収入が入ったら、まずは貯蓄に回す「先取り貯蓄」が効果的です。

実は、貯蓄ができていない99%の原因は、毎月の余った分を貯蓄に回している習慣にあります。

  1. 給料が入金
  2. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  3. 生活費の支払い
  4. 余った分を貯蓄

というこれまでの流れを、毎月の給料が入ったら、まず手取り収入の20%分にあたる金額を別口座に移し、次に毎月の公共料金などの支払いをし、最後に余った分で生活をしていく、という以下の流れに変えていきましょう。

  1. 給料が入金
  2. 一定額を貯蓄(別口座へ移す)
  3. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  4. 余った分で生活費を支払う

「先取り貯蓄」は、自動的に給料から天引されるような財形貯蓄や、給料を通常の給与振込口座とは別の口座に分けて振り込んでもらうような、会社や銀行の仕組みを活用しましょう。

人間の意志は非常に弱いので、毎月の余った分から貯蓄していてもお金は貯まりません。

「先取り貯蓄」で貯蓄の優先度を強制的に上げることで、確実にお金を貯めていく仕組みを作ることができます。

資産運用をする

今の超低金利時代に、銀行に預金していても全く増えることはありません。

貯蓄に回したお金は「資産運用」をして「お金に働いてもらう」ことで、さらに効率良くお金を貯めて増やしていくことができます。

資産運用と聞くとちょっと難しく感じる人もいるかもしれませんが、やり方はいたって簡単。

先取り貯蓄で確保したお金で、毎月一定額の投資信託を積み立て購入していく、たったこれだけです。

貯金できない夫婦や共働きで貯金なしでも確実にお金を増やす方法!

貯金できない夫婦や、共働きで貯金なしという状況を打破するポイントは「資産運用」で効率良くお金を貯めていくこと。資産運用の基本である「長期」「分散」「積み立て」という3大原則を徹底していけば、「貯金なし」という悲惨な状況から確実に抜け出すことができます。

実は、この「資産運用の3大原則」を誰でも手軽に実現できてしまうのが、「投資信託の長期積立投資」で、初心者に一番おすすめの賢いお金の増やし方。

投資信託は、100円という少額から手軽に分散投資ができ、プロのファンドマネージャーがファンドを運営してくれるので、投資家は専門的な知識やテクニックもそこまで要求されないという、まさに資産運用の初心者にあるためのような金融商品。

投資信託であれば、「長期・分散・積立」投資が簡単に実現でき、資産運用の初心者でも手軽に、そして、確実に資産形成をしていくことができます。

確実にお金を増やしたいなら「複利効果」で大きく増やす

資産運用で確実にお金を増やしたいなら、長期で複利運用していくことです。

例えば、投資信託を毎月5万円分積み立てて長期の複利運用をしていくと、30年後の元本は5,847万円。銀行預金で積み立てた場合と比べて、なんと4,047万円もの大きな差になってきます。

<毎月5万円を複利運用したときの元本の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

まさにこれが、世の中のお金持ちをさらにお金持ちにしている秘訣「複利のパワー」。長期の複利運用で手間をかけずにお金を効率的に、そして、大きく増やしていくことができるのです。

関連記事: お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

買うべきは低コストなインデックスファンド

投資信託といっても、国内にあるファンドの数は6,100本以上もあります。どれを選んで投資すべきか迷う人も多いでしょう。

しかし、実は、本当に買うべき優良なファンドは、ほんの数本しかありません。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを超える運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドは、インデックスを上回る運用を目指してはいるものの、10年、20年、30年といった長期にわたってインデックスを上回る実績を出せているファンドは、皮肉なことにほとんどありません。

また、インデックスファンドに比べて、アクティブファンドの運用には人件費や運営費が多くかかるため、アクティブファンドの販売手数料や信託報酬は高くなるのが一般的。

つまり、買うべきファンドは、アクティブファンドより長期的なリターンが高くコストも安い「インデックスファンド」になります。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

このインデックスファンドを積み立てていく、初心者におすすめの資産運用をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく上で、一番オーソドックスな方法が、この証券会社で積み立て設定をする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーはAI(人工知能)を使って、投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

たとえ貯金できない夫婦であっても、今回お伝えした「お金を貯める方法」を実践すれば、確実にお金を貯め、さらに効率良くお金を増やしていくことができます。

間違いなくこの先重くのしかかってくる、人生の3大支出と言われている「子供の教育費」「住宅購入費」「老後の生活費」。これらの多額のお金はすぐに準備できるものではないので、計画的にお金を貯めていく必要があります。

少子高齢化で日本の年金システムが崩壊し、年功序列が崩れて会社に頼れなくなった今、必要とされているのは、年金や会社に頼らなくてもいいような「お金を貯め増やすスキル」です。

人生をより豊かに過ごすためにも、必要なお金は自分の力で貯めれるようになりましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング