資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

LINEで送る
Pocket

「資産運用を始めたいけど、いろんな種類や投資方法があって、何を選んでいいのかさっぱりわからない…。銀行預金と比較すれば、どんどんお金が増えるのはわかるけど、投資で損はしたくないんだよね…。投資資金もあまりないし…、10万で始められるような初心者におすすめの投資って何?」

初心者が資産運用を始めるときにまず考えるべきことは、「自分はどれだけのリスクを取ることができるか」を知ることです。

「リスク=損をすること」だと勘違いしている人は多いですが、実は、投資における「リスク」とは、リターンの「ブレ幅」のこと。

例えば、毎年10%のリターンが見込める商品に投資をした場合、10%のマイナスリターンも覚悟しないといけませんよね。

しかし、仮にこのマイナスリターンが20%になった場合も同じように投資をそのまま継続できるでしょうか?

これが「リスク」に対する考え方の基本です。

自分が期待(想定)しているリターンに対して、どれだけのマイナスリターンを許容できるかという「リスク許容度」を知り、自分のリスク許容度と金融商品のリスクを照らし合わせて、一番自分に合ったベストな投資を見つけていくことが大切です。

今回は、初心者が少額から投資できるおすすめの資産運用や、様々な種類の金融商品の「リスクとリターンの関係」についてお話ししていきます。

目次

資産運用で利益を上げる3つの方法

そもそも資産運用で利益を上げてお金を増やすといっても、利益の上げ方にはいくつか種類があって、投資する金融商品によって利益の上げ方も変わってきます。

まずは資産運用で利益を上げる3つの方法をしっかりと理解しておきましょう。

資産運用で利益を上げる方法①:キャピタルゲイン

投資で儲ける基本は、安く買って高く売ること。この売った時に発生する「売却益」がキャピタルゲインです。

キャピタルゲインは、金融商品の違いを問わず、ほとんど全ての投資で得ることができる利益になります。

資産運用で利益を上げる方法②:インカムゲイン

インカムゲインは、その資産を保有しているだけで得ることができる利益のことで、不動産投資の「家賃収入」や、株式投資における「配当金」などがインカムゲインの代表的なものです。

インカムゲインは俗に言うところの「不労所得」。インカムゲインのある資産形成に注力していけば、「金持ち父さん」になることも夢ではありません。

資産運用で利益を上げる方法③:複利による運用益

元金にのみ利子がついていく「単利」に対して、「複利」は元金だけでなく元金につく利子にもついていく利子のこと。利子についた利子を積み重ねていくことで、大きな利益を上げることができます。

例えば、100万円を長期で複利運用していくと、以下のように「雪だるま式」にお金が増えていきます。

<100万円を複利運用したときのお金の増え方>

1%で運用 3%で運用 5%で運用 7%で運用 10%で運用
3年後 103万円 109万円 116万円  126万円    133万円
5年後 105万円 116万円 128万円 140万円    161万円
10年後 111万円 134万円 163万円 197万円    259万円
20年後 122万円 181万円 265万円 387万円    673万円
30年後 135万円 243万円 432万円 761万円 1,745万円

年利10%で30年間複利運用した場合には、元金の100万円は1,745万円という大金に膨れ上がります。

このときの運用益は1,645万円(1,745万円-元金100万円)で、これはまさに自分に代わってお金が働いてくれたお金

これが複利で利益を上げていく方法で、世の中のお金持ちたちをさらなるお金持ちにしている「資産運用の極意」でもあります。

「複利運用」についてもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

リスクとリターンで資産運用の方法を比較

どういった金融商品でどのような資産運用をしていくかについては、投資対象となる金融商品の「リスクとリターンの関係」を考える必要があり、それによって投資方法も変わってきます。

下の図は、リスクとリターンの関係を踏まえて、主な金融商品をマッピングしたものです。

「リスク無きところにリターン無し」は投資の常識で、高いリターンを得るためには高いリスクを取る必要があり、リスクが低くなればなるほどリターンは低くなります。

つまり、リスクとリターンの間には「正の相関関係」が成り立っており、その正の相関関係に外れた金融商品は存在しないということ。

99.9%詐欺であるローリスクハイリターンな投資や、割に合わないハイリスクローリターンな投資には絶対に手を出すべきではありません。

初心者が10万円で始めるおすすめの資産運用方法は?

結論から先に言ってしまうと、初心者が資産運用を始めるのであれば、ミドルリスクミドルリターンな「投資信託」を毎月積み立てていく方法が一番おすすめです。

また、資産運用の初心者に失敗はつきものですので、失敗しても大きな損失にならないよう、まずは10万円といった少額から投資をスタートするのが「賢い資産運用の始め方」。

資産運用の初心者に投資信託がおすすめな理由

ハイリスクハイリターンの投資は、そもそも初心者には取るべきリスクが大きすぎて、知識も浅く投資経験のない初心者が最初から手を出してしまうと、ほぼ確実に大きな損失を出してしまうことになります。

一方、安全性を重視しすぎてローリスクローリターンな投資のみをしていても、効率的にお金を増やしていくことはできません。

100円という少額から購入できる投資信託は、1つの銘柄で複数の国や企業に手軽に分散投資ができ、長期で積み立てていくことで相場の変動に左右されない上に、「複利効果」を活用して大きなリターンを得ていくことができます。

例えば、毎月5万円で投資信託を買って年利7%で複利運用していくと、以下のようにお金が「雪だるま式」に増えていきます。

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

注目すべきは、10年後、20年後、30年後での貯蓄額で、運用期間が長くなればなるほど、銀行預金をした場合と比べて大きな差になってくるのがわかります。

30年という期間でみると、その差はなんと、4,000万円以上

まさにこれが「複利効果」によるお金の賢い増やし方なのです。

「複利効果」をもっと知るにはこちらの記事: お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

「積み立て投資」をもっと知るにはこちらの記事: お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

このように、リスクを上手にコントロールしながら確実にお金を増やしていくことができる、資産運用の初心者にぴったりな極めて優れた金融商品が「投資信託」なのです。

買うべきは低コストなインデックスファンド

投資信託といっても、国内にあるファンドの数は6,100本以上もあります。どれを選んで投資すべきか迷う人も多いでしょう。

しかし実は、本当に買うべき優良なファンドは、ほんの数本しかありません。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを超える運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドは、インデックスを上回る運用を目指してはいるものの、10年、20年、30年といった長期にわたってインデックスを上回る実績を出せているファンドは、皮肉なことにほとんどありません。

また、インデックスファンドに比べて、アクティブファンドの運用には人件費や運営費が多くかかるため、アクティブファンドの販売手数料や信託報酬は高くなるのが一般的。

つまり、買うべきファンドは、アクティブファンドより長期的なリターンが高くコストも安い「インデックスファンド」になります。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

このインデックスファンドを積み立てていく、初心者におすすめの方法をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく上で、一番オーソドックスな方法が、この証券会社で積み立て設定をする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーはAI(人工知能)を使って、投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

資産運用の種類や方法には何がある?

前述した通り、金融商品の種類は「投資信託」以外にもたくさんあり、資産運用の方法も様々。

まずは「投資信託の積立投資」をメインの資産運用とした上で、もっとリスクを取って高いリターンを狙っていくのであれば個別株などに手を出してみるのもいいでしょう。

必ず読みたい「お金の増やし方の総まとめ」:

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

資産運用の種類や方法①:銀行預金(普通預金)

お金を預けている銀行が破綻しない限りは、元金と利息含めて1,000万円の元本保証があるのがメリット。しかし、史上空前の超低金利を受けて、今や大手メガバンクの普通預金金利は0.001%。

安全性と引き換えに高いリターンは期待できない、典型的なローリスクローリターンの商品です。

関連記事: お金を増やす銀行はどこ?お金を預けるならどこがいいかを徹底検証!

資産運用の種類や方法②:銀行預金(定期預金)

普通預金と同様に、元金と利息を含めた1,000万円の元本保証がありますが、大手メガバンクの定期預金金利は0.01%。

普通預金よりはリターンは高いといえますが、それでも元金を2倍にするのに7,200年という途方もない時間がかかってしまいます。

関連記事: お金を増やす銀行はどこ?お金を預けるならどこがいいかを徹底検証!

資産運用の種類や方法③:国債

国債は国が発行した債券のこと。国が財政破綻しない限りは、元金と利子が満期に償還されるという、事実上の元本保証がついています。

個人が購入できる個人向け国債は、金利が固定されたものと変動するタイプ、また償還期間が3年、5年、10年というように、3種類のタイプに分かれています。

  • 変動10:満期は10年で、半年ごとに金利が見直される
  • 固定5:満期は5年で、金利は固定されている
  • 固定3:満期は5年で、金利は固定されている

個人向け国債は銀行預金より安全性が高く、利回りも高いのが大きなメリットで、安全性を最重要視するのであれば、良い投資対象の一つといえます。

関連記事: 債券投資のリスクやメリットを解説!おすすめの個人向け国債の利回りは?

関連記事: 資産運用の元本保証を解説!高利回りや高金利の株や投資信託はある?

資産運用の種類や方法④:地方債

地方自治体が発行する債券が地方債。国債よりも安全性は低くなりますが、自治体の破綻というのもレアなケースではあるので安全性は極めて高い金融商品です。

償還期間や利回りは自治体によって様々ですが、例えば、2018年10月に発行された東京都の10年債では、0.254%という利回りになっています。

国債よりも利回りが高く、安全性重視で国債より高いリターンを求めるのであれば、地方債に投資するのも悪くありません。

関連記事: 債券投資のリスクやメリットを解説!おすすめの個人向け国債の利回りは?

関連記事: 資産運用の元本保証を解説!高利回りや高金利の株や投資信託はある?

資産運用の種類や方法⑤:社債

企業が発行する債券が社債。国や自治体に比べて破綻リスクは高くなりますが、トヨタ自動車やソフトバンクなどの一部上場の大企業であれば、倒産するリスクは極めて低くなってきます。

償還期間や利回りは企業によって様々ですが、例えば、ソフトバンクの場合は7年満期で利回りは1.6%となっています。

関連記事: 債券投資のリスクやメリットを解説!おすすめの個人向け国債の利回りは?

関連記事: 資産運用の元本保証を解説!高利回りや高金利の株や投資信託はある?

資産運用の種類や方法⑥:保険

保険も「終身保険」や「個人年金保険」といった貯蓄型タイプで資産運用をすることができます。

長期間の契約を維持していくことで、利回りは低いものの、満期になれば返戻金という形でリターンを得ていくことが可能。

ただし、保険の主目的は投資ではなくあくまでも保険になりますので、他の金融商品と比べると運用効率は低くなります。

資産運用の種類や方法⑦:外貨預金

その名のごとく円でドルやユーロといった外貨を購入し、外貨ベースで預金をするのが外貨預金。

例えば1ドル=100円のときに100万円で10,000ドルを購入した場合、1ドル=110円の円安になれば10万円の儲け、逆に、1ドル=90円の円高になれば10万円の損失が発生します。

外貨預金は為替手数料が高いため、外貨ベースの資産運用をするのであれば、為替手数料の安いFXを活用する方法も検討しましょう。

資産運用の種類や方法⑧:株式

株式への投資は、安いときに買って高く売る「売却益」や、株を保有しているだけで得られる「配当金」や「株主優待」で利益を上げていくことができます。

個別株の投資は非常にリスクが高いため、複数銘柄へ投資しリスク分散させることを徹底していきましょう。

関連記事: お金を増やす株式投資を解説!初心者が確実にお金を増やす方法とは?

資産運用の種類や方法⑨:投資信託

投資家から集めたお金で作ったファンドをプロが運営し、儲かった利益を投資家に分配していく仕組みの金融商品が投資信託です。

100円という少額から購入できる上、1つの銘柄で複数の国や企業に手軽に分散投資でき、投資の専門的な知識やトレードテクニックが無くても手軽に投資できるのが大きなメリットです。

投資信託には、TOPIXや日経平均といった市場の平均指標であるインデックスに連動した運用を目指していくインデックスファンドと、インデックスを上回るリターンを狙った運用を目指していくアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドはインデックスを超えるリターンを狙った運用をしているものの、10年、20年、30年といった長期のリターンでは、インデックスを上回るものはほとんどないのが実情です。

また、アクティブファンドの場合、ファンド運営に人件費などの費用がかかるため、販売手数料や信託報酬などのコストも高くなるのが一般的です。

長期で確実な資産形成をしていくのであれば、アクティブファンドではなく「インデックスファンド」に投資をしていくのが賢明な資産運用になってきます。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

資産運用の種類や方法⑩:ETF(上場投資信託)

Exchange Traded Funds”の略で「上場投資信託」と呼ばれているETFは、簡単に言うと、投資信託のインデックスファンドが上場したものになります。

インデックスファンド同様の指数連動型の金融商品ですが、インデックスファンドの場合は、1日1回算出される基準価額で1日1回しか取引きできないのに対し、ETFは株式と同様に相場の動きを見ながら取引所の取引時間内であれば好きな時に売り買いができる、という違いがあります。

資産運用の種類や方法⑪:不動産

不動産投資は、安いときに買って高く売るキャピタルゲインと、毎月入ってくる「家賃収入」という名のインカムゲインで利益を上げていきます。

不動産を購入する際は、一般的に頭金や取引に関わる諸経費がかかってくるため、ある程度まとまった投資資金が必要になってきます。

また、不動産投資の場合は、「空室リスク」「災害リスク」「家賃滞納リスク」といった不動産特有のリスクがあることにも注意が必要です。

関連記事: お金を増やす不動産投資!レバレッジでお金がお金を増やす方法とは?

資産運用の種類や方法⑫:金

「有事のときの金」と言われるように、金融危機など世界の経済状況が悪くなった時には、安全資産としての金に資金が集まり金価格が上昇します。

投資対象の企業が破綻したら「紙クズ」同然になってしまう株式と違って、現物資産である金は、経済がいかなる状況であろうとも資産価値がゼロになることはありませんが、現物資産の金を保有している場合、紛失や盗難リスクがあることには注意が必要です。

資産運用の種類や方法⑬:FX(外国為替証拠金取引)

FXは、外貨の為替差益を狙って利益を上げていく投資手法で、メリットは、様々な通貨ペアの取引が可能なこと、為替手数料の安さ、そして、レバレッジをかけることで少額の資金で大きなリターンを狙えることです。

しかし、大きなリターンが狙えるということは、同時に、大きなリスクを取るということでもあります。レバレッジをかけた信用取引で失敗してしまうと、自分の想像以上に大きな損失となり、場合によっては借金をしてしまうリスクがあるので注意が必要です。

「FX」に関連した記事:

FXは勝てるわけがない?どうすれば勝てる?初心者でも負けない方法!

FXで借金のなぜ?を解説!ロスカットの仕組みや借金しない方法5つ

FX・外貨でお金を増やす!資産運用の初心者でも失敗しない分散投資

資産運用の種類や方法⑭:仮想通貨

ビットコインやイーサリアムなどに代表される仮想通貨投資は、ハイリスクハイリターンな投資の代表例で、価格の変動がとても激しく、1日単位で価格が何十倍、場合によっては何百倍にも価格が上昇・下落を繰り返します。

レバレッジをかけなくても少額で大きなリターンが得られるメリットとも捉えることもできますが、それだけ大きな損失がでるというデメリットでもあります。

現状の仮想通貨市場はまだ黎明期ということもあり、「投資」よりも「投機」目的での取引が多く、ギャンブル性が非常に高いのが実際のところ。

仮想通貨に投資するのであれば、余剰資金で投資することを徹底しましょう。

資産運用の種類や方法⑮:先物取引

将来の売買を、あらかじめ現時点で約束をする取引が先物取引です。現時点では売買の価格や数量などを約束だけしておいて、実際の売買は、将来の約束の日が来たときに行います。

あらかじめ売買の価格を決めておくことができるので、価格変動する商品の売買につきものの価格変動リスクを回避できるというメリットがあります。

まとめ

世の中には様々な種類の金融商品や資産運用方法がありますが、投資対象や投資法を決める上でまず考えるべき重要なポイントは「金融商品のリスク」「自分のリスク許容度」

初心者が最初からハイリスクな投資をしても大きな失敗をしますし、ローリスクすぎる投資をしてもお金を増やしていくことはできません。

初心者が上手にリスクをコントロールしながら、確実にお金を増やしていけるおすすめの方法は、ミドルリスクミドルリターンな「投資信託」を積み立てていく方法です。

国や会社が個人の面倒をみてくれないシビアな状況の中で、頼れるのは自分だけです。

将来のためにいかに資産形成をしていくのか、個人の「お金に関する知識」「お金を確実に増やしていく知識」はこんなにも重要性を増しているのに、日本の教育では一切教えてくれません。

リスクを上手にコントロールできる資産運用で実践をしながら、しっかりと正しい「お金の教養」を身につけていきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。