資産運用のリスクを比較!上手なリスク管理で確実にお金を増やす方法とは?

LINEで送る
Pocket

「色々な金融商品を比較してみると、それぞれに特徴やリスクがあるけど、そもそも資産運用のリスクってどういうものがあって、投資の初心者はどのようにリスク管理していけばいいの…?」

「リスク=損をすること」だと思っている人は多いですが、投資におけるリスクは、リターンを得る「不確実性」のことで、リターンの「ブレ幅」のことをいいます。

例えば、毎年必ず1%のマイナスリターンがある商品があるとしたら、この商品に投資してしまうと必ず損してしまいますよね。しかし、この商品のリスクはゼロです。

なぜなら、1%のマイナスリターンという「確実性」のある商品で、リターンのブレ幅も一切ないからです。

このように、投資や資産運用で確実にお金を増やしていくためには、投資に必ずつきものである「リスク」というものについて正しく理解をしておく必要があります。

そして、そのリターンを左右する様々なリスクがあることも覚えておかなければいけません。

今回は、資産運用の様々なリスクについてのお話と、それらのリスクを上手に管理する資産運用方法についてご紹介していきます。

資産運用(投資)におけるリスクとは「不確実性」のこと

冒頭でも触れたように、資産運用(投資)におけるリスクとは、リターンの「ブレ幅」、つまり「不確実性」のことで、「損をする」「危ない」というような意味合いではありません。

毎年必ず1%のマイナスリターンがあって確実に損をする商品のリスクも、毎年必ず1%のプラスリターンがあって確実に儲かる商品のリスクも、共に「リスクはゼロ」ということになります。

資産運用におけるリスクとリターンには正の相関関係がある

高いリターンには高いリスクがつきもので、リスクが低くなればなるほどリターンも下がっていくというように、資産運用における「リスク」と「リターン」には表裏一体の「正の相関関係」があります。

このリスクとリターンの「正の相関関係」は、世の中にある投資商品を、下の図のようにリスクとリターンの関係を踏まえてマッピングしてみるとよくわかります。

金融商品には様々なものがあり、それぞれに特徴や特有のリスクがありますが、リスクやリターンの大小で大別してみると3種類のタイプしか存在しないことがわかります。

  • ローリスクローリターンな金融商品
  • ミドルリスクミドルリターンな金融商品
  • ハイリスクハイリターンな金融商品

逆に言うと、ローリスクハイリターンやハイリスクローリターンといった、このリスクとリターンの「正の相関関係」から外れた金融商品は世の中に存在しない、ということ。

仮に存在していたとしたら、それは悪徳な「詐欺商品」か、投資しても儲からない「ダメ商品」であるということを肝に銘じましょう。

リターンを左右する資産運用の5大リスクを比較

資産運用におけるリスクとは、収益であるリターンの「ブレ幅」のことですが、この収益性を左右する様々なリスクがあるということも忘れてはいけません。

資産運用の5大リスクを比較してみましょう。

価格変動リスク

市場(マーケット)での金融商品の価格は、景気動向、企業の業績、為替相場など様々な要因によって日々変動しています。

価格変動リスクとは、金融商品の価格が変動するリスク、あるいは、金融商品の価格の変動によって、当初期待していた収益(リターン)が得られなくなる可能性(リスク)のことをいいます。

金利変動リスク

「金利リスク」とも呼ばれる金利変動リスクは、金利の変動によって、資産や負債の価値が変動する可能性(リスク)のことをいいます。

金利と債券価格には密接な関係があり、一般的に金利が上がると債券価格は下落し、金利が下がると債券価格は上昇します。このため、債券を組み入れている投資信託の基準価額も、金利変動の影響を受けて変動することになります。

ちなみに、金利が上昇することで支払利息が増加してしまうような住宅ローンの変動金利タイプなど、金利変動リスクは、個人の金融取引にもついてまわります。

信用リスク

「クレジットリスク」や「デフォルトリスク(債務不履行リスク)」とも呼ばれる信用リスクは、債務者の財務状態が悪化することによって、元本や利子が予定通り支払われないリスクのことをいいます。

わかりやすいのが預けている銀行が経営破綻するケース。銀行預金の場合、預けている元金とその利息を合わせた合計1,000万円までは元本保証がされているため、預けている銀行が破綻してもその分は必ず返還されますが、1,000万円を超えるものについては返還されません。

為替変動リスク

為替相場の変動により、外貨建ての金融商品の価値が変動するリスクが為替変動リスクです。

外貨建ての金融商品に投資した場合、例えば、商品を買ったときよりも円高になると、外貨建ての金融商品を円で受け取ったときの価値が下がることになり損失を被り、逆に、商品を買ったときよりも円安になると、利益を得れることになります。

カントリーリスク

カントリーリスクとは、その国の政治や経済状況、社会情勢などから考えたときの、国の信用リスクのことで、海外の株式や債券、それが組み込まれている投資信託などの金融商品の値動きに影響します。

国の政治や経済、社会情勢の状況によりリスクが変化し、万が一、その国が破綻した場合は、その国に対して行った出資金や貸付金などが回収不能になるようなリスクがあります。

資産運用における上手なリスク管理のポイント

では、これらのリスクを上手にコントロールして低減させていくにはどうしたらいいでしょうか。

資産運用における上手なリスク管理のポイントをみていきましょう。

金融商品の特徴やリスクをしっかり理解する

それぞれの金融商品には、特有の特徴やリスクというものがあります。まずは投資する商品の特徴をしっかりと理解することから始めましょう。

例えば、不動産投資で物件を購入するには、前もって頭金や諸経費などを準備しないと始めることができません。また、「空室リスク」や「災害リスク」といった、他の投資商品には無い特有のリスクもあります。

投資する商品にどのような特徴やリスクがあるのか、リターンはどれほど期待できるのかなど、基本的な情報を収集して投資戦略を立てていくというのは、基本中の基本です。

関連記事:

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

資産運用の種類・リスク・特徴を徹底比較!初心者におすすめの方法は?

余剰資金で投資する

儲かることもあれば損することもあるのが投資というもの。

資産運用を始める際には、「生活防衛資金」として3~6ヶ月分の生活費を現金で確保した上で、残りの余剰金で投資を始めるべきです。

実は、投資や資産運用をする際に、大きなネックとなってくるのが人間の感情で、持ち金を全て投資してしまった場合、なかなか平常心ではいられず合理的な判断を鈍らせるのです。

また、万が一、ケガや病気で働けなくなった場合にも、「生活防衛資金」があれば最低限、数ヶ月生活できる「安心感」を得ることができます。

長期投資する

投資のリターンはプラスになったりマイナスになったりと、短期的にはリターンが大きくブレるものですが、長期運用していくことでリターンの「ブレ幅」が平準化していき、より安定した運用ができるようになります。

より安定した資産運用を目指していくのであれば、長期的なスパンでじっくり資産形成をしていく方が確実にお金を増やしていくことができるのです。

関連記事:

お金を増やすなら長期投資!初心者が手堅くお金を増やす資産運用術!

分散投資する

1つの銘柄にのみ投資してしまうと、投資対象が暴落したときに大きな損失を出すことになります。

分散投資は、投資対象を複数に分けて投資していく手法で、特定銘柄の暴落リスクを低減することができます。

積立投資する

投資の基本は、安く買って高く売ることですが、この安いタイミングというのがいつかわかりません。底値と思って買ったつもりが、購入後に暴落して結果的に「高値掴み」をしてしまったというのは、よくある失敗談。

一定額を定期的に積み立てていく積立投資をしていくことで、購入価格を平準化して高値掴みのリスクを低減することができ、購入タイミングを気にする必要がなくなります。

関連記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

資産運用の初心者でも上手にリスク管理できる確実にお金を増やす方法とは?

たとえ投資経験のない初心者でも、資産運用におけるリスクを上手に管理し確実にお金を増やす方法が、「投資信託の長期積立投資」です。

投資信託は、100円という少額から手軽に分散投資ができ、プロのファンドマネージャーがファンドを運営してくれるので、投資家は専門的な知識やテクニックもそこまで要求されないという、まさに資産運用の初心者にあるためのような金融商品。

投資信託であれば、「長期・分散・積立」投資が簡単に実現でき、資産運用の初心者でも手軽に、そして、確実に資産形成をしていくことができます。

投資信託で手堅くお金を増やす秘訣は「複利効果」

例えば、毎月5万円の投資信託を積み立てて複利運用していくと、以下のような形でお金が増えていきます。30年後の元本は5,847万円となり、銀行に預けた場合と比べて、なんと4,047万円もの大きな差になってきます。

<毎月5万円を複利運用した場合の元本の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

まさにこれが複利のパワーというやつで、長期の複利運用で手間をかけずにお金を効率的に増やしていくことができるのです。

関連記事: お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

買うべきは低コストなインデックスファンド

投資信託といっても、具体的にどのようなファンドを買ったらいいかわからない方も少なくないでしょう。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを超える運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

買うべきファンドは、アクティブファンドよりコストが低く長期的なリターンも高い「インデックスファンド」の一択です。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

このインデックスファンドを購入した、初心者におすすめの資産運用をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく上で、一番オーソドックスな方法が、この証券会社で積み立て設定をする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」、ということ。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、楽天証券で享受できるメリットに比べれば、ハッキリ言って足元にも及びません。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある証券会社を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

資産運用におけるリスクとは、収益であるリターンの「ブレ幅」のことで、この収益性を左右する様々なリスクが「資産運用の5大リスク」です。

<資産運用の5大リスク>

  • 価格変動リスク
  • 金利変動リスク
  • 信用リスク
  • 為替変動リスク
  • カントリーリスク

そして、確実にお金を増やすためには、これらのリスクを上手にコントロールしていくことが必要で、投資知識も浅く、投資経験もない資産運用の初心者にもおすすめなのが、インデックスファンドの積み立て投資。

今回ご紹介した投資法は手堅くお金を増やすことができる最良の方法であるとはいえ、そこは何が起こるかわからない、投資の世界。

この先、またリーマンショック級の大暴落がやってくることはほぼ間違いなく、どんな状況においても、自分で最善の方法を考えながら正しく行動し、適切なリスクコントロールをしていかなければなりません。

来るべき時に、自分で自分の身を守れるよう、今のうちに正しい「お金の教養」をしっかりと身につけておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。