楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

LINEで送る
Pocket

株や投資信託などで資産運用を始めるにあたって、多くの人がまず最初に悩むのは証券会社選び。

どんな基準で証券会社を選ぶべきか、一番メリットのある証券会社はどこなのか、初心者にはわからないことだらけですよね。

結論から先に言ってしまうと、証券会社は楽天証券の一択です。

海外ファンドも含めた低コストな優良ファンドの品揃えは業界トップクラス。投資信託は100円という少額か買うことができ、初心者は低いリスクで投資を始めることができます。

そしてなんといっても最大のメリットが、今や日本で一番汎用性の高いポイントサービスともいえる楽天ポイントで投資信託が買えて、さらに投資信託を保有しているだけで楽天ポイントも貯めれるという、楽天ポイントによる投資で事実上の「錬金術」ができてしまうこと。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

数ある証券会社の中でも、一番効率良くお金を増やしていくことができてしまえる証券会社、それが楽天証券なのです。

今回は、楽天証券の評判やメリット、ポイント投資の魅力などについて、楽天証券ってどうなの?という疑問に答えていきます。

楽天ポイントで投資信託が買える「ポイント投資」

楽天証券では、貯まった楽天ポイントで投資信託の購入・積み立てが可能な「ポイント投資」をすることができます。

これがどのくらい「凄いサービス」なのかについて、簡単に説明しましょう。

ご存知の通り、楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天が提供する以下のサービスを利用することでガンガン貯めることができます(2018年11月現在)。

さらに最近では様々な店舗との提携が進み、マクドナルドやくら寿司といった馴染みのあるお店でも楽天ポイントを貯めて使えるようになりました。

楽天市場やこれらの店舗をそれなりに利用している人であれば、毎月500~1,000ポイント程度の楽天ポイントは、無理なく普通に貯めることができてしまうんですね。

では、毎月貯まった1,000ポイント分の楽天ポイントで投資信託を買って、年利5%、7%、10%で長期で複利運用をしていくとどうなるでしょうか。

<毎月1,000円分の楽天ポイントで積立投資したときのお金の増え方>

年利5%で運用 年利7%で運用 年利10%で運用
10年後 16万円   17万円   21万円
20年後 41万円   52万円   76万円
30年後 83万円 122万円 226万円

なんと30年後には、年利7%で運用した場合には122万円、年利10%で運用した場合は226万円もの資産形成ができてしまえるのです。

忘れてはいけないのが、これは現金での資産運用ではなく「ポイント投資」だということ。

まさにゼロから大金を生み出す「錬金術」といえるのが、この楽天ポイントによるポイント投資なのです。

楽天ポイントがザックザック貯まる

楽天が提供するサービスを使うと貯まる楽天ポイントですが、楽天証券楽天カード楽天銀行の各サービスを資産運用で活用していけば、さらにお得に楽天ポイントを貯めることができます。そして貯まったポイントは「ポイント投資」で、さらにお金を増やしていく―。

ここまで効率良くお金を増やせてしまう証券会社は楽天証券だけです。

楽天銀行との連携でさらにポイントが貯まる

楽天銀行に口座を開設し「ハッピープログラム」に参加(無料)して楽天証券と連携することで、投資信託の残高10万円ごとに4ポイントが毎月付与されます

例えば、100万円分の投資信託を保有していれば毎月40ポイント、500万円なら毎月200ポイント、全く取引をしなくても「ただ保有しているだけ」でもらえてしまうわけです。

ちなみに、楽天銀行の普通預金金利は0.02%ですが、楽天銀行楽天証券を連携させることで脅威の0.1%まで普通預金金利がアップします。

現在の大手メガバンクにおける普通預金金利(0.001%)の実に100倍、定期預金金利0.01%と比較しても10倍という「超高金利」です。

毎月の残高や取引回数に応じて、ATM手数料や他行宛ての振込手数料が無料になる上に、銀行取引のたびに楽天ポイントが付与されていきます。

楽天銀行の主なメリットを簡単にまとめてみました。

楽天銀行の主なメリット>

  • 楽天証券との連携で普通預金金利が0.1%になる
  • ハッピープログラムで銀行取引ごとに楽天ポイントが貯まる
  • 残高によってATM手数料無料回数が0〜7回
  • セブン銀行やゆうちょ銀行ATMで出金できる
  • 残高によって他行宛振込手数料の無料回数が0〜3回
  • 給与受取だけで他行宛振込手数料が月3回無料
  • 1週間と2週間の定期預金が利用できる
  • 配当金受取のキャンペーン応募で1件ごとに10円もらえる
  • デビットカードの還元率が1%
  • Pay-easyが使える
  • 住宅ローンのサービスもある

「高金利でお金が増える」&「楽天ポイントが貯まる」楽天銀行は、「現金預金の預け先」として一番おすすめの銀行なのです。

楽天銀行で口座をつくる

楽天証券で口座をつくる

楽天カードで投資信託を積み立てすればさらにポイントが貯まる

2018年10月28日より、投資信託の積み立てが楽天カードで決済できるようになりました。

投資信託の積立注文を楽天カードで決済することで、積立額の1%分の楽天ポイントが付与されます(決済上限額は毎月50,000円)。

例えば、毎月50,000円分の積立投資を楽天カードで行っていくと、毎月最大500ポイントの楽天ポイントがもらえることになります。

この500円を年利10%で30年間運用していくと、30年後には113万円!ポイントだけで100万円以上の資産が作れてしまうわけです。

年利5%で運用 年利7%で運用 年利10%で運用
10年後   8万円   9万円   10万円
20年後 21万円 26万円   38万円
30年後 42万円 61万円 113万円

年会費無料の楽天カードは、持っていて「得する」ことはあっても「損する」ことは一切ない、クレジットカード業界でもトップクラスの「絶対に持つべきカード」の代表格。資産運用をするなら必須のクレジットカードです。

楽天カードをつくる

ポイント投資で楽天市場のポイントがさらにアップ!

楽天のスーパーポイントアッププログラム(SPU)に楽天証券が追加され、月1回500円以上のポイント投資で、楽天市場でのお買い物が+1倍にアップします。

付与条件は毎月500円の投資なので、全くハードルは高くありません。ポイント投資をして、楽天ポイントをどんどん貯めていきましょう。

楽天証券で口座をつくる

毎月どのくらいの楽天ポイントを貯めることができる?

これまでご紹介した「楽天証券楽天カード楽天銀行」のポイントアップサービスを駆使すると、毎月1,000ポイント程度は普通に貯めることができます。

さらに、楽天市場や楽天トラベルといった楽天が提供する他サービスを利用したり、楽天が提携する街のお店でも楽天ポイントは貯めることができますので、毎月2,000円~3,000円程度はポイント投資に回せるのではないでしょうか。

仮に、毎月3,000円のポイント投資を年利7%で30年間すると、なんと、楽天ポイントだけの投資で約366万円の資産が作れる計算になります。

366万円を手にできる人とできない人、これは単純にこの「錬金術」を知っているか知らないかの違いだけです。楽天証券楽天カード楽天銀行、いずれも口座の開設は無料です。

本気でお金を増やしたい人は、絶対にこの「3種の神器」をフル活用していきましょう。

楽天証券で口座をつくる

楽天カードをつくる

楽天銀行で口座をつくる

さらに、楽天証券なら日経が無料で読める!

ビジネスパーソンの必読書は、なんだかんだ言ってもやっぱり日経ですよね。とはいえ、毎月4,200円の出費は地味に大きいというのも事実。

楽天証券なら口座があるだけで、月額4,200円の日経デジタル版を無料で読むことができます。

月額4,200円の日経が無料で読めるなんて「圧倒的にお得」と言いようがありません。

ハッキリ言って、この日経を読むためだけでも、楽天証券に口座を作る価値はあります。

楽天証券で口座をつくる

楽天証券で買うべきおすすめファンドは?

確実にお金を増やしていくには「長期・分散・積立」投資が、資産運用の基本であり王道です。

投資信託には、日経やTOPIXといった市場の平均指標であるインデックスに連動した運用を目指していく「インデックスファンド」と、インデックスを上回る成果を目指していく「アクティブファンド」の2種類があります。

しかし、インデックスを上回る運用を目指しているアクティブファンドですが、20年、30年といった長期間で実績をみてみると、実は、インデックスを上回る成果を上げているアクティブファンドはほとんどありません。

また、アクティブファンドの場合は、ファンドの運営に人件費や運用コストがかかってきて、販売手数料や信託報酬といったコストがインデックスファンドより高くなるのが一般的。

インデックスファンドの平均的なリターンは、年利3~7%程度ですが、長期で複利運用をしていくことで、数千万円や1億円を超える資産を作ることも可能です。

つまり、長期で確実な資産形成をしていくなら、低コストのインデックスファンドを買うべきということ。

現在、国内の投資信託は6,100本程度存在していますが、選ぶべきファンドはほんの数本しかなく、おすすめしたい主要資産クラスのファンドは以下になります。

<楽天証券で買うべきファンド(主要資産クラス>

  • 日本株式 :「eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)」
  • 先進国株式:「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」
  • 新興国株式:「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」
  • 全世界株式:「三井住友・DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」
  • 日本債券 :「eMAXIS Slim 国内債券インデックス」
  • 日本債券 :「個人向け国債 変動10」

「eMAXIS Slim」シリーズは、将来にわたって業界最低水準のコストを目指すとコミットしている頼もしいインデックスファンドシリーズ。

これまでのところコミット通りに、ライバルファンドの運用コストの値下げには必ず追随&対抗し、業界最低水準のコストを維持していますので今後も期待大です。

まとめ

世の中には多くの証券会社がありますが、より効率的にお金を増やしていく資産運用をしていくのであれば、選ぶべき証券会社は楽天証券の一択です。

特に、日本で一番汎用性の高いポイントサービスである楽天ポイントをガンガン貯めれて、資産運用に使えてしまうという「ポイント投資」の破壊力は、間違いなく業界ナンバーワンのサービス

楽天カード楽天銀行と連携することで、さらにお得にポイントが貯まり、事実上の「錬金術」ができるのです。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

楽天証券楽天カード楽天銀行」の3種の神器で、確実に、そして、よりお得に資産運用をしていきましょう。

楽天証券で口座をつくる

楽天カードをつくる

楽天銀行で口座をつくる

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

「お金を増やす」に関連した人気記事:

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。