投資信託は分散投資がおすすめ!資産運用初心者向け賢いお金の増やし方!

LINEで送る
Pocket

投資信託は1つの銘柄で、世界中の様々な国や企業に手軽に分散投資ができてしまうのが特徴で、資産運用の初心者だけでなくすべての投資家におすすめできる、とても使い勝手のいい金融商品です。

インド株や米ハイイールド債といった、通常は機関投資家でなければ手が届かない投資対象でも、投資信託を使えば個人でも少額から投資ができてしまいます。

投資の中身も銘柄がしっかり分散されているのも投資信託の良い点。

日本株なら、個別銘柄に投資した方がコストも安くわかりやすいという人がいるかもしれませんが、銘柄分散の効果を甘く見てはいけません。

かつて超安定企業だった東京電力が東日本大震災の影響で深刻な打撃を受けたり、超優良企業と言われたシャープが台湾企業に救済買収された事実も記憶に新しいはず。

どんな一流企業にも破綻する可能性はあり、その銘柄だけへの投資というのは非常にリスクが高いことなのです。

今回は、資産運用において非常に重要な「分散投資」についてのお話です。

「分散」の意味をちゃんと理解できておらず、投資に失敗するケースは後を絶ちません。

特に資産運用の初心者の人は、この機会にしっかりと勉強しておきましょう。

「複数の投資信託を買う=分散投資」は資産運用初心者にありがちな誤解

複数の投資信託を買っただけで分散投資ができているという思い込みは、資産運用の初心者にありがちな分散投資の誤解の1つ。

投資の格言に「卵を1つのカゴに盛るな」というものがあります。

これは1つの籠に全ての卵を入れると、籠がひっくり返った時に全ての卵が割れてしまうことを意味します。

同じように、1本の投資信託に投資金額をすべて投資するのは危険。なぜなら、その資産が下落してしまったら、全ての資金がダメージを受けるためです。

しかし、カゴを分けるように、何本かの投資信託に資金を分けて投資したとしても、それがすべて「高分配の毎月分配型」だけであれば、危険なままです。

高分配に着目して買った結果よく起こるのが、無意識のうちに同じ投資先の投資信託だけに集中してしまうこと。

例えば、気づいたら海外リート型ばかり持っていたり、「ブラジルレアルコース」や「トルコリラコース」など新興国の通貨選択型やカバードコール型ばかりに偏っていたり…、というパターンです。

これでは、正しい意味でのリスク分散とは言えません。

「分散投資」をする上で大切なのは、投資先を株式、債券、リートといった、複数の「資産クラス」に分けること。

資産を分けても通貨選択型などで同じ通貨を選んでいたら、値動きが連動しやすくなるため、これも分散とは言えないのです。

資産運用初心者が投資信託で分散投資すべき理由

資産運用の初心者が投資で損したくないなら、複数の投資信託で分散投資すべき理由をちゃんと理解しておく必要があります。

それは、多様な資産の組み合わせでリスクを低減し、安定した運用をするためです。

野菜農家に例えてみましょう。

もし、猛暑に強い野菜ばかり栽培すると、冷夏が来たら全滅し、翌年植える種までなくしてしまいます。

そのため、野菜農家は猛暑に強い野菜と冷夏に強い野菜をバランス良く栽培することで、あらゆる夏の気温に対応できるようにしておくのです。

投資もこれと同じで、特定の資産に集中せず、異なる資産に分散することが大切なのです。

海外資産へ分散投資することも資産運用初心者が投資信託で大損しないコツ

資産運用の初心者にありがちなのは、国内の資産だけに偏って投資してしまうこと。複数の投資信託で分散投資は基本中の基本で、国内資産だけでなく、海外資産にも分散していく必要があります。

投資信託のメリットの1つは、世界中のあらゆる地域のあらゆる資産に、プロの力を借りて少額から投資できることです。

違う方向に価格が動きやすい資産を組み合わせることで、「株はダメだったが、リートが儲かった」「円高になってしまったが、為替ヘッジ型投信にも分散していた分はダメージを受けずに済んだ」など、全体の資金の値動きが安定化するのです。

さらに、日本は今後ますます高齢化が進み、成長率の低下は不可避な状況という中で、株や債券も国内だけに限定しているのは非常に危険。

日本人は、国内の資産だけでなく、為替リスクを取り海外資産を組み入れることも重要なポイントです。

分散投資といっても銀行や販売会社のおすすめ投資信託を買ってはいけない

分散投資に便利な投資信託ですが、投資信託で大損する資産運用の初心者によくありがちなのが、ブームになっている投資信託を販売会社から勧められるがままに買ってしまって、知らない間にたくさんの投資信託を保有してしまっているケース。

その時々で人気が高かったブラジル債券型や資源株型、はたまたバイオ関連株投信などを、次々と高値で買ってしまって、含み損を抱えている人は多いのです。

このような買い方では、結果的にかなりリスクの高い資産配分になってしまうことが多く、様々な種類の投資信託を持っていても、実質的には分散投資ができているとは言えません。

というのも、実は、銀行や販売会社がおすすめする投資信託は、手数料が高かったり、販売しているグループ企業が儲かるような商品で、投資家が儲かる商品ではないからです。

また、残念ながら、顧客の全体の資産配分を考慮して投資信託を販売している営業マンもほとんどいません。

投資信託は資産クラスを分散させて投資していくことはもちろんですが、低コストで中長期のパフォーマンスが高い優良なファンド選びが、確実にお金を増やすポイントになってくることをしっかり理解しておきましょう。

関連記事: 投資信託は大損ばかり?損した人と得した人の決定的な5つの違いは?

投資信託で大損したくない資産運用初心者におすすめな分散投資「コア&サテライト戦略」

投資信託で大損したくない資産運用初心者におすすめな分散投資の一つが、「コア&サテライト戦略」と呼ばれる投資法です。

先進国を投資の中核に据えて、新興国型などは一部に限定すべく、次のような順番で実行してみましょう。

1.コア資産として先進国の株や債券、リートから投資を始める

まずは、先進国関連の株や債券、リートなどから投資をして、自分のポートフォリオの軸となるコアを作ります。

コア資産は、投資環境が変化したり相場が大きく動いても、原則として大きく動かさない”中核的な”ものになるので、短期的に売買を繰り返すものではないことを理解しておきましょう。

2.リスクの大きなサテライト資産にも投資対象を広げる

投資環境を考えながらその時々で有望な投資もしたい人は、コア資産よりも少額なリスクの大きな資産にも投資対象を広げてみます。

このようにコアとなる資産の他に多少リスクの高い資産へ投資することで、投資全体のパフォーマンスを上げていくことを「コア&サテライト戦略」といいます。

ただし、サテライト資産はコア資産とは違い、相場の変動に応じて売却のタイミングを計ることが重要になってきます。

サテライト資産を高値掴みしないコツは、営業マンが「今、人気です!」と勧めてくる投資信託に安易に飛びつかないことです。

逆に、大きく下落し多くの人が「見たくもない」とそっぽを向いている時が、サテライト投資では成果を上げやすいのです。

投資信託で手軽に分散投資ができる資産運用初心者向け賢いお金の増やし方!

ここからは、投資信託で手軽に分散投資をしながらも確実にお金を増やしていく、資産運用初心者におすすめの賢いお金の増やし方をご紹介していきましょう。

投資信託は、100円という少額から手軽に分散投資ができ、プロのファンドマネージャーがファンドを運営してくれるので、投資家は専門的な知識やテクニックもそこまで要求されないという、まさに資産運用の初心者にあるためのような金融商品。

投資信託は上手に活用することで、投資経験のない初心者でも手軽に賢く、そして、効率的にお金を増やしていくことができるのです。

安全で確実にお金を増やすなら「長期・分散・積立」が基本

資産運用の基本であり王道なのが「長期・分散・積立」投資です。

投資信託を長期で積立運用していくことで、資産運用につきものの、リターンの変動リスク、暴落リスク、高値掴みリスクといった「3大リスク」を上手にコントロールしながら確実な資産形成ができます。

長期投資

短期的には大きくプラスになったりマイナスになったりするリターンのブレ幅も、運用が長期になれなるほどリターンが安定していきます。

また長期で複利運用をしていくことで、倍々ゲームのように「雪だるま式」にお金が増えていき、効率の良い資産形成をしていくことが可能になります。

関連記事: お金を増やすなら長期投資!初心者が手堅くお金を増やす資産運用術!

分散投資

1つの銘柄にのみ集中投資するのではなく、複数の投資対象に分けて投資をすることで、暴落リスクを分散することができます。例えば2008年のリーマンショックでは、世界的な株安になりましたが、同時期にアメリカの国債や金といった金融商品の価格は上昇していました。

つまり、たとえ世界的な金融危機であっても「上がるもの」と「上がらないもの」が存在していて、それらを上手に資産に組み込むことで、暴落リスクを低減することができというわけです。

積立投資

毎月1万円や毎月3万円というように、一定金額を定期的に積み立てて投資していくことで、価格が高いときには少なく、安いときには多くファンドを買って購入価格を「平準化」し、「高値掴みリスク」を低減することができます(ドルコスト平均法)。

毎月一定額を購入し続けていけば、最終的には平均的な購入価格に落ち着くため、わざわざ安いときを見計らってファンドを買う必要もなくなります。

関連記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

投資信託で手堅くお金を増やす秘訣は「複利効果」

例えば、毎月5万円の投資信託を積み立てて複利運用していくと、以下のような形でお金が増えていきます。30年後の元本は5,847万円となり、銀行に預けた場合と比べて、なんと4,047万円もの大きな差になってきます。

<毎月5万円を複利運用した場合の元本の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

まさにこれが複利のパワーというやつで、長期の複利運用で手間をかけずにお金を効率的に増やしていくことができるのです。

関連記事: お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

買うべきは低コストなインデックスファンド

投資信託といっても、具体的にどのようなファンドを買ったらいいかわからない方も少なくないでしょう。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを超える運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

買うべきファンドは、アクティブファンドよりコストが低く長期的なリターンも高い「インデックスファンド」の一択です。

買うべき「低コストな超優良インデックスファンド」はこちらの記事: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

このインデックスファンドを積み立てていく、初心者におすすめの方法をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく一番オーソドックスな方法が、証券会社で積み立てをする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」で、ハッキリ言ってそれ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

楽天カードや楽天銀行といった楽天グループの金融サービスと連携することでお得にポイントがザクザク貯めれて、その貯まった楽天ポイントで投資信託を買うことができてしまうという、ゼロから資産を生み出す「錬金術」ができてしまうのです。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」が秀逸なのは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

投資信託は100円という少額から投資ができ、1つの銘柄で複数の国や企業に分散投資ができるという、資産運用の初心者に一番おすすめできる金融商品。

分散投資はリスクとリターンをコントロールする上で、非常に重要な資産運用の手法ですが、分散投資の理解が間違っていると、投資で思わぬ大損害を被る可能性があります。

  • 高い分配金利回りに固執すると結果的に似通った投資信託になりがち
  • 投資対象も通貨もしっかり分散を
  • 一時的なブームに乗らず、コア資産は先進国の株式や債券へ投資
  • 新興国などのサテライト資産としてタイミングを見計らって投資

一番おすすめできる資産運用は、低コストなインデックスファンドを長期で複利運用していく「積み立て投資」で、短期的には高いリターンは期待できませんが、長期的には数千万や1億円といった莫大な資産を築くことも可能です。

本業が忙しいサラリーマンや投資経験のない初心者でも、証券会社やAIを活用したロボアドバイザーで自動積み立てをして手間なく賢く運用していけば、確実に大きな資産形成をしていくことができるのです。

かつては国や会社が、手厚い年金制度や終身雇用で、個人の老後生活をしっかりサポートしてくれていた「古き良き時代」でした。

しかし、今やそんな制度は既に崩壊し、自分の老後は自分で面倒をみなければならない「自己責任の時代」に突入しています。

そんな厳しい時代を生き抜くために、これからますます重要になってくるのが、国や会社に頼らず自力で生きていくための「お金の教養」です。

正しいお金の知識を身につけながら賢く確実にお金を増やして、人生をより豊かなものにしていきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング