貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?年代別に徹底検証!

LINEで送る
Pocket

「一人暮らしなのに貯金200万しかない…。少ない…、どうしよう…。」って焦る人がいますが、世の中には同じ20代の独身でも「貯金200万もある!」と自慢してくる人もいます。

当然ながら独身なのか、結婚して子供もいるのかなど、世帯状況や年代によっても変わってきますが、そもそも貯金200万円というのは、世の中的に見ると少ないのでしょうか、多いのでしょうか?

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(平成29年度)をもとに、貯金200万円という貯蓄額が少ないのか多いのか、20代、30代、40代、50代、60代の年代別や世帯別に検証してみましょう。

目次

貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?を検証①:日本全体での比較

貯金200万円しかないのは少ないのか多いのか、一人暮らしや結婚世帯含めて、まずは日本全体(20代、30代、40代、50代、60代)で検証していきます。

貯金なし(貯蓄ゼロ)世帯の割合

金融資産を保有していない「貯金なし(貯蓄ゼロ)」世帯の割合は、

  • 単身世帯:全体の46.4%
  • 二人以上世帯:全体の31.2%

となっており、なんと、単身世帯では2人に1人、二人以上世帯では3人に1人の割合で「貯金なし」です。

貯金200万円の人はどれくらいいる?

では、金融資産を持っている人に絞ってみた場合はどうなるでしょうか。

貯蓄が100万円~200万円未満の世帯割合は、単身世帯で全体の11.3%二人以上世帯で全体の6.2%となっており、仮に全体を100人とした場合、貯金している単身世帯でみると100人中75番目、貯金している二人以上世帯でみると100人中88番目と、共に下から数えた方が早い状況になっています。

<全国の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
             100万円未満 14.1%   5.4%
  100~  200万円未満 11.3%   6.2%
  200~  300万円未満   7.3%   5.3%
  300~  400万円未満   5.1%   5.9%
  400~  500万円未満   4.5%   4.0%
  500~  700万円未満   9.7%   9.4%
  700~1000万円未満   8.1%   8.6%
1000~1500万円未満 10.1% 12.2%
1500~2000万円未満   5.4%   8.0%
2000~3000万円未満   7.3%   9.8%
3000万円以上 15.3% 15.6%
平均 1,771万円 1,729万円

中央値

中央値でみるとどうでしょうか。

貯蓄ゼロを含む全体の中央値は、単身世帯で32万円二人以上世帯で380万円

金融資産を持っている人に絞った中央値でみてみると、単身世帯で600万円二人以上世帯で1,000万円

<金融資産保有額の中央値(全体)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄ゼロ含む)      32万円    380万円
中央値(貯蓄あり層のみ) 600万円 1,000万円

<日本全体でみた場合の「貯金200万円」>

貯金ゼロ世帯を含めた全体でみると、単身世帯の中では「多い」ですが、二人以上世帯は「少ない」といえます。

また、貯蓄している世帯だけに絞ってみると、単身世帯、二人以上世帯ともに、圧倒的に「少ない」ということになります。

貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?を検証②:20代での比較

貯金200万円しかないのは少ないのか多いのか、一人暮らしや結婚世帯含めて、20代という年代に絞ってみてみましょう。

20代で貯金なし(貯蓄ゼロ)世帯の割合

20代で金融資産を保有していない「貯金なし(貯蓄ゼロ)」世帯の割合は、

  • 単身世帯:全体の61.0%
  • 二人以上世帯:全体の35.6%

となっており、単身世帯では3人に2人、二人以上世帯の3人に1人が「貯金なし」という状況です。

20代で貯金200万円持っている人はどれくらいいる?

20代で金融資産を持っている人に絞ってみた場合、貯金200万程度を持っている世帯割合は、単身世帯で全体の22.2%二人以上世帯で全体の12.5%

仮に全体を100人とした場合、貯金している単身世帯でみると100人中48番目で順位は真ん中程度、貯金している二人以上世帯でみると100人中70番目と、下から数えた方が早い状況となっています。

<20代の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

20代の金融資産保有額
(単身世帯)
20代の金融資産保有額
(二人以上世帯)
             100万円未満 31.3% 17.9%
  100~  200万円未満 22.2% 12.5%
  200~  300万円未満 11.1% 10.7%
  300~  400万円未満   7.5% 14.3%
  400~  500万円未満   6.3%   5.4%
  500~  700万円未満 10.3% 10.7%
  700~1000万円未満   5.2%   5.4%
1000~1500万円未満   2.0%   1.8%
1500~2000万円未満   0.8%   3.6%
2000~3000万円未満   1.6%   3.6%
3000万円以上   1.6%   1.8%
平均 363万円 524万円

20代の中央値

貯蓄ゼロを含む20代全体の中央値は、単身世帯で0万円二人以上世帯で77万円。つまり、20代独身は、半分以上が貯金なしということになります。

金融資産を持っている人に絞った中央値でみてみると、単身世帯で170万円二人以上世帯で300万円

<金融資産保有額の中央値(20代)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄ゼロ含む)        0万円   77万円
中央値(貯蓄あり層のみ) 170万円 300万円

20代の貯金200万円は少ない?多い?

20代にとっての貯金200万円は、単身世帯、二人以上世帯ともに貯蓄ゼロな人を含めた20代全体で考えれば「多い」といえます。

貯蓄している人だけに絞ってみた場合、単身世帯では「やや多い」、二人以上世帯では「少ない」といえます。

関連記事: 貯金を増やすコツは投資!効率よくお金を貯めるオススメ貯金方法とは?

貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?を検証③:30代での比較

続いては30代です。貯金200万円しかないのは少ないのか多いのか、一人暮らしや結婚世帯含めて、30代という年代に絞ってみてみましょう。

30代で貯金なし(貯蓄ゼロ)な人の割合

30代で金融資産を保有していない「貯金なし(貯蓄ゼロ)」世帯の割合は、

  • 単身世帯:全体の40.4%
  • 二人以上世帯:全体の33.7%

となっており、単身世帯では5人に2人、二人以上世帯の3人に1人が「貯金なし」という状況です。

30代で貯金200万円持っている人はどれくらいいる?

金融資産を持っている人に絞ってみた場合、30代で貯金200万程度を持っている人の割合は、単身世帯で全体の12.3%二人以上世帯で全体の9.9%

仮に全体を100人とした場合、貯金している単身世帯でみると100人中73番目、貯金している二人以上世帯でみると100人中81番目と、共に下から数えた方が早い状況となっています。

<30代の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

30代の保有金融資産
(単身世帯)
30代の保有金融資産
(二人以上世帯)
             100万円未満 15.7%   8.9%
  100~  200万円未満 12.3%   9.9%
  200~  300万円未満   9.6% 10.9%
  300~  400万円未満   5.4% 11.3%
  400~  500万円未満   5.4%   7.8%
  500~  700万円未満   7.7% 13.3%
  700~1000万円未満 10.0% 10.6%
1000~1500万円未満 10.0%   8.2%
1500~2000万円未満   6.5%   3.1%
2000~3000万円未満   8.4%   2.4%
3000万円以上   6.1%   3.4%
平均 1,002万円 735万円

30代の中央値

貯蓄ゼロを含む30代全体の中央値は、単身世帯で83万円二人以上世帯で200万円

金融資産を持っている人に絞った中央値でみてみると、単身世帯で500万円二人以上世帯で420万円

<金融資産保有額の中央値(30代)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄ゼロ含む)      83万円 200万円
中央値(貯蓄あり層のみ) 500万円 420万円

30代の貯金200万円は少ない?多い?

30代にとっての貯金200万円は、貯金ゼロ世帯を含めた全体でみると、単身世帯では「多い」、二人以上世帯ではちょうど「平均的」といえます。

一方、貯蓄している人だけに絞ってみた場合、単身世帯、二人以上世帯ともに「圧倒的に少ない」という状況です。

関連記事: 貯金を増やすコツは投資!効率よくお金を貯めるオススメ貯金方法とは?

合わせて読みたい「30代の貯金術・資産運用術」の記事:

30代で貯金ゼロ!貯金なし夫婦や一人暮らしにもできる資産運用術!

30代で貯金なし!夫婦世帯や一人暮らしの貯金事情とお金の貯め方!

アラサー貯金なし!30代夫婦や一人暮らし世帯の「貯蓄ゼロ」脱出法!

30歳・40歳「貯金ゼロ」な人がお金を増やすためにすべき3つの事

貯金がない!30代、40代、50代の貯金ゼロからお金を貯める方法

貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?を検証④:40代での比較

40代で貯金200万円しかないのは少ないのか多いのか、一人暮らしや結婚世帯含めて、40代に絞ってみてみましょう。

40代で貯金なし(貯蓄ゼロ)な人の割合

40代で金融資産を保有していない「貯金なし(貯蓄ゼロ)」世帯の割合は、

  • 単身世帯:全体の45.9%
  • 二人以上世帯:全体の33.7%

となっており、単身世帯では2人に1人、二人以上世帯の3人に1人が「貯金なし」という状況です。

40代で貯金200万円持っている人はどれくらいいる?

金融資産を持っている人に絞ってみた場合、40代で貯金200万程度を持っている人の割合は、単身世帯で全体の8.0%二人以上世帯で全体の8.2%

仮に全体を100人とした場合、貯金している単身世帯でみると100人中81番目、貯金している二人以上世帯でみると100人中87番目と、共に下から数えた方が早い状況となっています。

<40代の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

40代の金融資産保有額
(単身世帯)
40代の金融資産保有額
(二人以上世帯)
             100万円未満 11.8%   5.8%
  100~  200万円未満   8.0%   8.2%
  200~  300万円未満   6.3%   7.1%
  300~  400万円未満   5.9%   5.8%
  400~  500万円未満   4.6%   5.6%
  500~  700万円未満 11.8% 12.5%
  700~1000万円未満 10.1% 11.2%
1000~1500万円未満 12.6% 13.6%
1500~2000万円未満   5.9%   5.4%
2000~3000万円未満   6.7%   7.1%
3000万円以上 14.3%   5.2%
平均 1,747万円 1,014万円

40代の中央値

貯蓄ゼロを含む40代全体の中央値は、単身世帯で30万円二人以上世帯で220万円

金融資産を持っている人に絞った中央値でみてみると、単身世帯で700万円二人以上世帯で650万円

<金融資産保有額の中央値(40代)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄ゼロ含む)      30万円 220万円
中央値(貯蓄あり層のみ) 700万円 650万円

40代の貯金200万円は少ない?多い?

40代にとっての貯金200万円は、貯金ゼロな人を含めた全体で考えた場合、単身世帯では「多い」ですが、二人以上世帯では「やや少ない」といえます。

また、貯蓄している人だけに絞ってみた場合は、単身世帯、二人以上世帯ともに「圧倒的に少ない」といえます。

関連記事: 貯金を増やすコツは投資!効率よくお金を貯めるオススメ貯金方法とは?

合わせて読みたい「40代の貯金術・資産運用術」の記事:

40代夫婦貯金なしの割合は?四人家族貯金ゼロから100万作るお金の増やし方!

貯金がない40代の貯蓄術!貯金なし独身割合や男性女性の貯蓄額も解説!

40代で貯金なし!貯金ゼロからでも確実にお金を貯める3ステップ

アラフォー独身貯金なしの現実と脱出方法!40歳貯金なしの結婚は?

40代独身女性貯金なしの老後は?老後資金を貯金ゼロから作る方法!

40代のお金の貯め方!貯金ゼロ独身や夫婦が貯金なしから脱出する方法

貯金がない!30代、40代、50代の貯金ゼロからお金を貯める方法

30歳・40歳「貯金ゼロ」な人がお金を増やすためにすべき3つの事

貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?を検証⑤:50代での比較

50代で貯金200万円しかないのは少ないのか多いのか、一人暮らしや結婚世帯含めて、50代に絞ってみてみましょう。

50代で貯金なし(貯蓄ゼロ)な人の割合

50代で金融資産を保有していない「貯金なし(貯蓄ゼロ)」世帯の割合は、

  • 単身世帯:全体の43.0%
  • 二人以上世帯:全体の31.8%

となっており、単身世帯では5人に2人、二人以上世帯の3人に1人が「貯金なし」という状況です。

50代で貯金200万円持っている人はどれくらいいる?

金融資産を持っている人に絞ってみた場合、50代で貯金200万程度を持っている人の割合は、単身世帯で全体の8.9%二人以上世帯で全体の6.1%です。

仮に全体を100人とした場合、貯金している単身世帯でみると100人中87番目、貯金している二人以上世帯でみると100人中89番目と、共に下から数えた方が早い状況となっています。

<50代の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

50代の金融資産保有額
(単身世帯)
50代の金融資産保有額
(二人以上世帯)
             100万円未満   5.8%   5.5%
  100~  200万円未満   8.9%   6.1%
  200~  300万円未満   6.2%   4.9%
  300~  400万円未満   4.4%   4.9%
  400~  500万円未満   2.2%   3.1%
  500~  700万円未満 10.2%   6.7%
  700~1000万円未満 10.7% 10.8%
1000~1500万円未満 10.2% 13.1%
1500~2000万円未満   8.0% 10.0%
2000~3000万円未満   9.3% 12.3%
3000万円以上 22.2% 12.7%
平均 2,375万円 1,689万円

50代の中央値

貯蓄ゼロを含む50代全体の中央値は、単身世帯で130万円二人以上世帯で400万円

金融資産を持っている人に絞った中央値でみてみると、単身世帯で1,000万円二人以上世帯で1,100万円

<金融資産保有額の中央値(50代)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄ゼロ含む)       130万円    400万円
中央値(貯蓄あり層のみ) 1,000万円 1,100万円

50代の貯金200万円は少ない?多い?

50代にとっての貯金200万円は、貯蓄ゼロ世帯を含む50代全体で考えた場合、単身世帯では「多い」、二人以上世帯では「少ない」といえます。

また、貯蓄している人だけに絞ってみた場合は、単身世帯、二人以上世帯ともに「圧倒的に少ない」ということになります。

関連記事: 貯金を増やすコツは投資!効率よくお金を貯めるオススメ貯金方法とは?

合わせて読みたい「50代の貯金術・資産運用術」の記事:

50歳からお金を貯める方法!50才から1000万貯める資産形成術

50歳からの貯金計画!賢く確実に50歳から老後資金を作る資産運用

貯金がない50代からのお金の増やし方!定年で貯金がない老後を回避!

50代でお金がない!?50歳から老後資金を作る資産運用術!

50代夫婦貯金なし!50代夫婦貯金平均やお金がない10の理由!

50歳で独身貯金なし!50代の貯蓄ゼロ30%から抜け出す方法とは?

50代、60代「貯金なし」でも大丈夫!定年間近の資産運用(前編)

50代、60代「貯金なし」でも大丈夫!定年間近の資産運用(後編)

貯金がない!30代、40代、50代の貯金ゼロからお金を貯める方法

貯金200万しかないのは少ない?一人暮らしは?を検証⑥:60代での比較

最後は60代。貯金200万円しかないのは少ないのか多いのか、一人暮らしや結婚世帯含めて、60代に絞ってみてみましょう。

60代で貯金なし(貯蓄ゼロ)な人の割合

60代で金融資産を保有していない「貯金なし(貯蓄ゼロ)」世帯の割合は、

  • 単身世帯:全体の37.3%
  • 二人以上世帯:全体の29.4%

となっており、単身世帯では5人に2人、二人以上世帯の3人に1人が「貯金なし」という状況です。

60代で貯金200万円持っている人はどれくらいいる?

金融資産を持っている人に絞ってみた場合、60代で貯金200万程度を持っている人の割合は、単身世帯で全体の6.9%二人以上世帯で全体の4.0%

仮に全体を100人とした場合、貯金している単身世帯でみると100人中86番目、貯金している二人以上世帯でみると100人中93番目と、共に下から数えた方が早い状況となっています。

<60代の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

60代の金融資産保有額
(単身世帯)
60代の金融資産保有額
(二人以上世帯)
             100万円未満   7.7%   3.0%
  100~  200万円未満   6.9%   4.0%
  200~  300万円未満   4.4%   4.1%
  300~  400万円未満   3.3%   4.0%
  400~  500万円未満   3.8%   2.4%
  500~  700万円未満   9.1%   8.5%
  700~1000万円未満   6.0%   7.2%
1000~1500万円未満 14.0% 12.8%
1500~2000万円未満   6.0% 10.4%
2000~3000万円未満   9.6% 11.4%
3000万円以上 27.7% 22.3%
平均 2,944万円 2,062万円

60代の中央値

貯蓄ゼロを含む60代全体の中央値は、単身世帯で300万円二人以上世帯で601万円

金融資産を持っている人に絞った中央値でみてみると、単身世帯で1,206万円二人以上世帯で1,400万円

<金融資産保有額の中央値(60代)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄ゼロ含む)       300万円    601万円
中央値(貯蓄あり層のみ) 1,206万円 1,400万円

60代の貯金200万円は少ない?多い?

60代にとっての貯金200万円は、貯蓄ゼロ世帯を含む60代全体で考えた場合、単身世帯、二人以上世帯ともに「少ない」といえます。

また、貯蓄している人だけに絞ってみた場合は、単身世帯、二人以上世帯ともに「圧倒的に少ない」ということになります。

関連記事: 貯金を増やすコツは投資!効率よくお金を貯めるオススメ貯金方法とは?

合わせて読みたい「50代の貯金術・資産運用術」の記事:

60歳・65歳で貯金なし!60代で働く際にもらえるお金と減るお金

50代、60代「貯金なし」でも大丈夫!定年間近の資産運用(前編)

50代、60代「貯金なし」でも大丈夫!定年間近の資産運用(後編)

貯金200万円から確実にお金を増やす資産運用術!

貯金200万円しかない状態でも、資産運用をすれば効率的にお金を増やしていくことができます。投資の初心者でも手軽できるような確実にお金を増やす資産運用をいくつかご紹介していきましょう。

投資信託の長期積み立て

まず最初にご紹介したいおすすめの資産運用が、投資信託の長期積み立て投資という「資産運用の王道」で、「長期の複利運用」で大きくお金をを増やしていく投資になります。

資産運用や投資ときくと、「難しい」とか「手間がかかる」といったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、方法はいたって簡単。

投資信託を買って毎月積み立ててていく、ただこれだけです。

投資には様々なリスクがつきものですが、投資した銘柄が大暴落して大損してしまうような失敗談や、株価が安いと思って買ったのに購入直後に暴落してしまい大きな含み損を抱えてしまった、というような話はよく聞きますよね。

投資信託は、1つの銘柄で複数の投資対象に手軽に分散投資ができるので、投資対象の一つが大きく暴落をしたとしても資産の目減りを低減することができます。

また、投資信託を毎月積み立て購入していけば購入価格を平準化することができるため、「高値掴みリスク」を低減し購入タイミングを気にする必要もなくなります。

長期の複利運用が手軽にできる

長期で積み立て投資をしていけば「複利効果」が働き、20年後、30年後に莫大な資産形成をすることが可能です。

例えば、毎月5万円分の投資信託を積み立てて年利7%で複利運用していくと、以下のような形でお金が増えていき、銀行預金した場合と比較すれば、長期で増やせるお金の差は圧倒的。

<毎月5万円を複利運用した場合の元本の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

つまり、投資信託の積立投資を長期で続けていく投資法は、超簡単で手間がかからないだけでなく、リスクを低減し「複利効果」で将来大きく資産を増やすことができてしまうという、「シンプル」でありながら「最強」の資産運用なのです。

「複利」を活用した「積立投資」をもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

投資すべきはインデックスファンド

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを上回る運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドはインデックスを上回る運用を目指しているものの、10年、20年、30年という長期で運用した場合、皮肉なことにインデックスを上回るリターンを得ているアクティブファンドはほとんど存在しないのが実情です。

また、アクティブファンドの運営には人件費などのファンド運営費用がかかり、販売手数料や信託報酬といったコストがインデックスファンドよりも高くなってしまうのが一般的。

つまり、投資すべきはリターンも高くコストも安い、インデックスファンドの一択になります。

インデックスファンドを積立投資していく上で、一番オーソドックスな方法は、証券会社で積み立て設定をする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言で言ってしまうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

楽天カードや楽天銀行といった楽天グループの金融サービスと連携することでお得にポイントがザクザク貯めれて、その貯まった楽天ポイントで投資信託を買うことができてしまうという、いわゆる「錬金術」ができてしまうのです。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」

次にご紹介するおすすめ資産運用は「WealthNavi(ウェルスナビ)」。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」は、業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするETF(上場投資信託)は、その名の通り、上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」が秀逸なのは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、本業で忙しいサラリーマンや投資経験のない初心者のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これがサラリーマンや初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

FX自動売買「トラリピ」

最後にご紹介するおすすめの資産運用は、FXの自動売買「トラリピ」です。

世界中の政治や経済状況によって複雑に影響してくる為替の値動きは、百戦錬磨の投資のプロでも読みづらく、非常にリスクが高い投資の代表格ともいえるのがFX。

値動きの激しいFXの売買は、ほぼデイトレード状態で忙しいサラリーマンには不向きな投資であるだけでなく、投資の初心者にはリスクも高く、安易に手を出すべき投資とはいえません。

しかし、そんなFXも自動売買を活用すれば、一気に初心者向きの資産運用になってきます。

トラリピは、『顧客の7割が利益を上げているFX会社』であるマネースクエアによって提供されている、FXの自動売買サービスのこと。

まずは、こちらの「トラリピの特徴が90秒でわかる動画」をみて概要をつかんでください。

動画にあったように、トラリピの仕組みはとってもシンプルです。

「買う価格」と「売る価格」を決めたら、それを繰り返すという注文、これが「リピートイフダン」。

そのリピートイフダンを、上がれば下がる、下がれば上がる、といったある一定の範囲で上下をくり返す為替相場(レンジ相場)で、いくつも罠(トラップ)のように仕掛けて、自動で売買を繰り返しながら利益を積み上げていくわけです。

<トラリピの仕組み>

最初に「いくらで買うか」と「いくらで売るか」を設定しておくだけで、仕事をしているときも、寝ているときも、24時間システムが自動で売買を繰り返して利益を出し続けていきます。

そして、全ての売買はシステムがやってくれるので、専門的なトレードテクニックは一切不要。

つまり、「完全にほったらかし」でお金を増やしていくことができるということ。

トラリピには運用資産表というシミュレーションツールが用意されていて、これを活用することで、いくらでロスカットされるかを完璧にシミュレーションしてくれます。

唯一トラリピで負けるケースは、自分が設定したレンジ相場から外れたときのみですが、これも、トラリピ運用資産表で「どこまでいくとロスカットされてしまうのか」を把握して、ロスカットされないように対象範囲を広げておけば、まず負けることはありません。

トラリピの運用資産表は口座を開設すれば無料で使うことができるので、まずは色々とシミュレーションをしてみるといいでしょう。

トラリピで自動売買、これがFX初心者の「負けない戦い方」です。

マネースクエア

[トラリピ公式サイトはこちらから]

まとめ

貯金200万しかないは、少ないのか多いのかについて、年代や世帯状況(一人暮らしなのか結婚しているのか)によっても状況は変わってきますが、貯蓄世帯のみでの比較となると、どの年代や世帯状況であっても貯金200万円という金額は「少ない」ということが言えます。

20代のうちはまだいいですが、30代、40代、50代ともなってくると、結婚出産子供の入学進学マイホーム購入といったライフイベント関連の出費も多くなるだけでなく、同時並行で定年後の老後資金も貯めていかなければいけないという、かなり厳しい状況になります。

200万円の貯金をきっかけに、「資産運用」でさらにお金を増やして、将来のためにしっかりと準備をしていくことが大切なのです。

これまでの日本を支えてきた年金制度や終身雇用制度は崩れ、もはや国や会社は自分の老後の面倒を見てくれず、将来の自分の生活は自分でなんとかしなくてはいけない「自己責任の時代」に突入しています。

そんな「自己責任の時代」に一番求められているのは、「お金を増やす知識やスキル」。

間違っても老後破綻なんてしないよう、今のうちからしっかりと正しい「お金の教養」を身につけておきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

合わせて読みたい「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップページ:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。