50歳からお金を貯める方法!50才から1000万貯める資産形成術

LINEで送る
Pocket

買い物や旅行、趣味、あるいは子供の教育費で出費がかさみ、「50歳からお金を貯める!」と意気込んでいたものの、気がつけば「50代貯金ゼロ」状態…。

これでは、50才から1000万貯めることなんて夢のまた夢で、とても老後が心配ですよね…。

実際、「老後破産」「下流老人」といった、将来を悲観したくなるような言葉が飛び交う中で、年収が高くても、老後資金を貯められないというケースも増えています。

さすがに、50代で老後の資金がゼロという状態では、もう手遅れなのでしょうか?

大丈夫、今なら、まだ間に合います。

たとえ今、貯金ゼロであっても、50才から1000万貯めることもできるし、老後をハッピーに生き抜く「50歳からお金を貯める方法」はあるのです。

ここからしっかり巻き返しを図り、老後資金をつくるノウハウを、50代で貯金ゼロなあなたにお伝えします。

50代貯金ゼロな人が、50歳からお金を貯める方法はあるのか?

50代貯金ゼロな人が、果たして50歳からお金を貯める方法なんてあるのでしょうか。

老後の資金繰りは「なんとかなる」と安易に考えるのは危険です。

高齢者夫婦の平均的な年間収支は、約70万円の赤字。90歳まで生きるなら、65歳時点で最低1,800万円程度の自己資金を用意しておく必要があります。

50歳で貯蓄がほぼゼロの人は、老後のためのお金を「再生」するラストチャンスです。

「なんとかなる」ではなく「なんとかする」と心に決めて、挽回を目指しましょう。

仮に、現在50歳の人が65歳までに1,800万円を貯めるのであれば、年間利回り3%で毎月8万円ずつ積み立てていけば達成できます。

50歳で老後の蓄えがない3大理由である「贅沢」「教育費」「共働き別会計」のそれぞれのケースで、貯めるポイントと家計の再生プランを見ていきましょう。

「贅沢」で50代貯金ゼロな人が、50歳からお金を貯める方法

「贅沢」が原因で50代貯金ゼロになった人でもできる「50歳からお金を貯める方法」。まずは、家計の現状を紙に書き出すところから始めましょう。

支出の多さや、貯蓄に回せるお金の少なさに驚くとともに、「危機感」を芽生えさせるのに効果的です。

お金の再生には、この「危機感」が重要なのです。

そして大切なキーワードになるのが「目標」。

必要な老後資金から逆算するなどして、年間の貯蓄額の目標を定めます。例えば、年間100万円を目標にしたら、それは何としても死守。その上で、余ったお金があって、初めて旅行や趣味などに回すのです。

また、「トータルで5年後や10年後の貯蓄額はこれだけ増える!」と日々“妄想”することも、モチベーションを維持し続ける方法として有効なだけでなく、やりくりしてお金を貯める楽しさも実感できるようになります。

「子供の教育」で50代貯金ゼロな人が、50歳からお金を貯める方法

続いては、「子供の教育」費用がかさんで貯蓄ができず、50代貯金ゼロになってしまった人が50歳からお金を貯める方法。

とにかく子供の教育にはお金がかかります。

仮に中学校から大学まですべて私立に通わせるとなると、かかってくる教育費は約1,200万円。子供の教育費にこれだけ多くのお金がかかってしまっては、なかなか貯蓄できないのは、当たり前ですよね。

この場合、再生策では「優先」がキーワードになります。

まずは授業料などの、どうしても「かかるお金」と、塾や習い事などに「かけるお金」とを整理しましょう。

<かかるお金>

  • 学校の授業料
  • 給食費
  • 教科書代、資料代など

<かけるお金>

  • 塾代、習い事代
  • 通信教育代
  • 子供のスマホ代など

そして子供と話し合い、後者のうち優先順位の低いものをやめて、貯蓄に回します。

それでも足りなければ、収入を増やすしかありません。妻が専業主婦であれば働きに出て、世帯収入と貯蓄の増大を図ることが一番の近道になります。

「共働きによる別会計」で50代貯金ゼロな人が、50歳からお金を貯める方法

最後は、「共働きによる別会計」が原因で、50代貯金ゼロになってしまった人が50歳からお金を貯める方法。

最近増えてきたのがこのパターンで、生活費だけ出し合って、残りのお金は自由に使えるようにしている夫婦によく見られます。

共働きなのに蓄えが乏しい例が目立ってきています。

再生策のキーワードは「合意」です。

夫婦それぞれの貯蓄目標額を合意のもとで決めて、年に一度は達成の成否や目標額の見直しを話し合いましょう。

貯める際は、どちらかの名義の口座にまとめるのではなく、妻は妻の口座、夫は夫の口座に貯蓄します。

そうすれば、贈与や相続などでのトラブルがあった場合も避けることができます。

しかし、月収から5万円ずつ貯めても年間の貯蓄額は60万円ほど。

貯蓄額を引き上げるには、ボーナスを活用するのが得策です。

ボーナスの半分は貯蓄し、残りは夫婦で話し合って使い道を決める、といった習慣をつけましょう。

50歳からお金を貯める方法は資産運用がベスト!50才から1000万貯める資産形成術

50歳で老後の蓄えがない3大理由である「贅沢」「教育費」「共働き別会計」の各ケースで、貯めるポイントや家計の再生プランをみてきましたが、これだけでは「50歳からお金を貯める方法」としては不十分で、もっと具体的なアクションを実践していく必要があります。

50才から1000万貯めることを目標にするのであれば、「資産運用」がベストです。

なぜなら、一番「賢く」「楽に」お金を増やせるから。

実は、節約を中心とした「支出の見直し」や「お金のやりくり」で家計支出のバランスを調整するのと同時に大切なのが、「収入を増やすこと」なのです。

しかし、50代という年齢を考えると、現実的に今の会社でさらなる収入アップをするというのは相当難しいというのが実際のところ。

また、アルバイトで副収入を得ようとすると、自分の「時間」と「体力」を犠牲にする必要があるわけで、最初は気合いでなんとか本業と両立できるかもしれませんが、20代や30代の頃とは体力的に全然違うこともあり、中長期的に考えれば、間違いなく長続きしません。

つまり、50歳を過ぎたら、肉体労働で自分が働くのではなく、もっと賢くスマートな方法でお金を増やしていく必要があるということ。

「資産運用」であれば、自分の代わりにお金に働いてもらって、「お金がお金を生む仕組み」を簡単に作ることができます。

資産運用は「複利」を活用して大きくお金を増やす

そもそも利子というものには、元金にのみ利子がついていく「単利」と、元金に加えて元金についた利子に対しても利子がついていく「複利」という2種類の利子があります。

この「複利」で運用していくことで、倍々ゲームのように「雪だるま式」にお金を増やしていくことができるのです。

例えば、5万円を投資に回した結果、20年後に2倍になれば10万円。

たとえ50代であっても、老後資金を使うまでにはまだまだ時間があるので、時間を味方につけて、お金に働いてもらいながらお金を増やしていくことができます。

一般的に老後資金は3,000万円必要と言われていますが、仮に、50歳の今「貯金なし」であっても、今から年利3%で毎月10万円ずつ積み立て運用していけば、以下のように十分な老後資金を貯めることができます。

  •   5年後(55歳時):646万
  • 10年後(60歳時):1,395万円
  • 15年後(65歳時):2,262万円
  • 20年後(70歳時):3,269万円

ちなみに参考までに、バカ正直に毎月10万円を「銀行に貯金」していった場合はどうなるでしょうか。

  •   5年後(55歳時):600万
  • 10年後(60歳時):1,200万円
  • 15年後(65歳時):1,800万円
  • 20年後(70歳時):2,400万円

資産運用で「お金に働いてもらう」ことができれば、自分は何もしないでも、20年後には1,000万円近くもの差になってくるということ。

実は、この複利運用こそが、世の中のお金持ちたちをさらなるお金持ちにしている「資産運用の極意」なのです。

「複利運用」をもっと知るにはこちらの記事: お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

資産運用は投資信託を毎月積み立てるだけ

資産運用と聞くと難しいイメージがあるかもしれませんが、方法はいたって簡単。

毎月一定額の「投資信託」を積み立て購入していく、ただこれだけです。

例えば、株式投資で1つの銘柄に集中投資をしてしまうと、会社の業績が悪かったり、何か不測の事態が起こった場合、大きく株価が暴落して損をしてしまうリスクがあるので、リスク分散するために複数の銘柄を買うのが非常に手間です。

また、短期的な株価の変動で損をしてしまう可能性もあるので、デイトレーダーのように四六時中チャートにしがみついて、いつもいつも気になってしょうがない、というような状況にも陥ることもしばしば。

一方、投資信託は1つの銘柄で様々な国や企業に分散投資ができてしまう、とにかく楽で手間をかけずにお金を増やせる金融商品。

10年、20年という長期目線で、じっくりと資産を増やしていく「長期投資」を基本としているため毎日の価格変動を気にする必要はありません。

購入時に「再投資」を選んでおけば、極端な話、あとは何もしないでも、分散効果でリスクをうまくコントロールして、複利運用で勝手にお金が増えていきます。

「積み立て投資」をもっとよく知るにはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

買うべきは低コストなインデックスファンド

投資信託といっても、国内にあるファンドの数は6,100本以上もあります。どれを選んで投資すべきか迷う人も多いでしょう。

しかし、実は、本当に買うべき優良なファンドは、ほんの数本しかありません。

投資信託には、日経平均やTOPIXといったような市場の平均指標(インデックス)に連動した運用を目指して行くインデックスファンドと、インデックスを超える運用を目指して行くアクティブファンドの2種類があります。

アクティブファンドは、インデックスを上回る運用を目指してはいるものの、10年、20年、30年といった長期にわたってインデックスを上回る実績を出せているファンドは、皮肉なことにほとんどありません。

また、インデックスファンドに比べて、アクティブファンドの運用には人件費や運営費が多くかかるため、アクティブファンドの販売手数料や信託報酬は高くなるのが一般的。

つまり、買うべきファンドは、アクティブファンドより長期的なリターンが高くコストも安い「インデックスファンド」になります。

参考: 投資信託おすすめ銘柄ランキング!初心者が確実にお金を増やす方法は?

インデックスファンドの平均的な年利回りは3~7%程度。

例えば、ややハイリスクハイリターンな年利7%を目指すのであれば株式比率を高めに、なるべくリスクを取らずに年利3%程度で確実に資産を増やしていくのであれば債券比率を高めに、といった具合に、自分の目指すリターンと許容できるリスクを考慮しながら資産配分を調整していきましょう。

資産運用で「お金がお金を生む」状況を作り出すことができれば、間違いなく老後は安泰です。

このインデックスファンドを積み立てていく、初心者におすすめの方法をご紹介します。

証券会社で積み立てる

インデックスファンドを積立投資していく一番オーソドックスな方法が、証券会社で積み立てをする方法です。

証券会社といってもたくさんありますが、選ぶなら圧倒的に「楽天証券」。それ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

楽天カードや楽天銀行といった楽天グループの金融サービスと連携することでお得にポイントがザクザク貯めれて、その貯まった楽天ポイントで投資信託を買うことができてしまいます。

つまり、ゼロから資産を生み出す「錬金術」ができるのです。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」する

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーはAI(人工知能)を使って、投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」が秀逸なのは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、資産運用について右も左もわからない投資の初心者や、サラリーマンのように本業で忙しく資産運用に時間をかけられない人、お金を増やしたいけど資産運用に手間はかけたくないめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

50代貯金ゼロになってしまった人が50歳からお金を貯める方法、いかがでしたでしょうか。

実は、それぞれの貯めるキーワード「目標」「優先」「合意」は、どのタイプでも当てはまる「お金を貯める共通のキーワード」でもあります。

そして、賢く確実にお金を貯めていくなら「資産運用」がベストで、50代からの資産形成におすすめな方法は、毎月一定額の投資信託を買っていくだけという非常にシンプルな資産運用術。

人生100年時代を迎えて、今後ますます老後資金の重要性は高くなってきます。再生策をしっかりと実践し、老後への安心を手に入れておくことが大切です。

これまでの日本を支えてきた年金制度や終身雇用制度は崩れ、もはや国や会社は自分の老後の面倒を見てくれず、将来の自分の生活は自分でなんとかしなくてはいけない「自己責任の時代」に突入しています。

そんな厳しい時代を生き抜く上で50歳のあなたがいますぐやるべきことは、どのような老後生活を望んでいて、その生活を実現するためにいくら必要なのかという、「定年後の設計図」を作ること。

間違っても「老後破綻」なんてしないよう、今のうちからしっかりと準備をしていきましょう。

定年後設計スクール

お金の教養講座

お金を増やす「資産運用セミナー選び」はこちらの記事: 資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング