30代で貯金ゼロ!貯金なし夫婦や一人暮らしにもできる資産運用術!

LINEで送る
Pocket

「30代なのに貯金ゼロ…。子供のいる夫婦世帯は、結婚してない一人暮らし世帯よりも家計が厳しいのはわかっているけど、このままだと子供の教育資金、マイホーム資金、老後資金…、全く貯めれる気がしない…。貯金ゼロからでも確実に貯金ができるお金の貯め方、教えて…。」

欲しいものを買って、友達と洒落たレストランでおいしいものを食べたり小粋なバーでお酒を飲んだり―。

これまでの20代は、お金が入ってきたら自分の欲望の赴くままにお金を使って、将来のことなんて全く気にすることなく、楽しく人生を過ごしてきましたよね。

しかし、30代ともなるとそうはいきません。

結婚、出産や育児、子供の進学、マイホームの購入など、30代に起こるライフイベントは多く、自分だけでなく、家族や老後のことを考えながら、しっかりとお金を貯めていかなければならないのです。

実は、20代で大人の仲間入りをしたつもりでも、「楽しく生きる」という単なる自己満足の世界でしか生きてこなかったことに初めて気がつくのが30代という年代。

つまり、30代は、ここからしっかりと経済的な自立を果たし、人間的にも成熟した大人になっていく、事実上の「大人のスタートライン」であるということ。

今回は、そんな人生の重要な局面にいる貯金ゼロな30代のあなたのために、貯金なしからでも確実にお金を貯めて増やせる「30代からのお金の貯め方」をお話ししていきます。

30代の貯金ゼロはどのくらい?貯金なし夫婦や一人暮らし世帯は?

そもそも30代の貯金ゼロは、世の中にどのくらいいるのでしょうか。夫婦世帯や一人暮らしの独身世帯ごとに、貯金なしの実情をみてみましょう。

30代貯金ゼロの割合(夫婦世帯・一人暮らし世帯)

金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査」(平成29年度)によると、30代で貯金ゼロ、つまり金融資産を全く保有していない世帯の割合は、一人暮らし世帯では5人に2人、二人以上世帯の3人に1人が「貯金なし」という状況です。

  • 独身(一人暮らし)世帯:全体の40.4%
  • 夫婦(二人以上)世帯 :全体の33.7%

貯蓄している30代の保有金融資産はどのくらい?

一方で、30代のうち金融資産を持っている世帯に絞って、お金を貯めている人はいくらくらい貯蓄しているのかもみてみましょう。

一人暮らし世帯の最大のボリュームゾーンは、貯蓄額が100万円未満の15.7%、次いで100~200万円未満の12.3%と続きます。

また、30%もの世帯で、1,000万以上の金融資産を保有しているという点も注目です。

二人以上の夫婦世帯では保有資産500~700万円未満というのが一番多く、一人暮らしの独身世帯と比べると保有資産は全体的に低くなっている傾向がわかります。

<30代の金融資産保有額> *金融資産保有世帯

30代の保有金融資産
(単身世帯)
30代の保有金融資産
(二人以上世帯)
             100万円未満 15.7%   8.9%
  100~  200万円未満 12.3%   9.9%
  200~  300万円未満   9.6% 10.9%
  300~  400万円未満   5.4% 11.3%
  400~  500万円未満   5.4%   7.8%
  500~  700万円未満   7.7% 13.3%
  700~1000万円未満 10.0% 10.6%
1000~1500万円未満 10.0%   8.2%
1500~2000万円未満   6.5%   3.1%
2000~3000万円未満   8.4%   2.4%
3000万円以上   6.1%   3.4%

30代の貯蓄額の中央値

中央値は、単身世帯で500万円二人以上世帯で420万円

<金融資産保有額の中央値(30代)>

全国の金融資産保有額
(単身世帯)
全国の金融資産保有額
(二人以上世帯)
中央値(貯蓄あり層のみ) 500万円 420万円

30代の貯蓄目標として、まずはこの中央値の500万円を目指していきましょう。

貯金ゼロな30代の特徴

ここまでみてきたように、30代には貯金ゼロな人たちもいる一方で、貯蓄をしている人はしっかりとしているというように、30代という時点で既に「勝ち組」と「負け組」が出てきてしまっています。

実は、貯金ゼロな30代には共通した特徴があり、その悪しき習慣や考え方がお金を貯めにくくしてしまっているのです。

まずはこれらを改善することから始めてみましょう。

家計簿をつけていない

お金を貯めるにはムダな出費を抑えることが、手っ取り早い近道であることは言うまでもありません。自分が何にいくら使ったのかを把握せずに、お金を貯めることはできないのです。

家計支出の管理で一番有効なツールは、言わずと知れた「家計簿」。最近では自分が利用している金融機関やクレジットカード、電子マネーなどと自動連係してくれる便利で無料の「家計簿アプリ」が登場していますので、是非活用するようにしましょう。

銀行預金でお金を貯めている

史上空前の超低金利な今の時代に、銀行に預けてお金を増やそうと思っているのであれば、それは愚の骨頂というもの。

銀行預金は、あくまでも普段使いの生活費の出し入れをする用途に絞って、お金を増やすのであれば資産運用をしていく、というのがお金を増やす鉄則です。

普段使いの口座と貯蓄口座を分けていない

お金を貯めれている人は、お金の用途によって使う口座をしっかりと分けて管理しています。

生活費など1ヶ月以内に必ず使うお金、子供の教育資金、マイホーム資金や老後資金といったように、将来のために貯蓄する口座は必ず分けることはもちろんのこと、将来のための貯蓄口座からは絶対に現金を引き出さないようにするのがポイントです。

毎月の余った分から貯蓄している

お金が貯まれない人は、毎月の余った分のお金を貯蓄に回すのに対して、お金を貯めている人はお金が入ったらまず最初に貯蓄分を別口座に移してしまい、余った分で生活をしていくということを徹底しています。

いわゆる「先取り貯蓄」は、貯蓄の優先度を強制的に上げて、確実にお金を貯めていく有効な手段です。

必要なものより欲しいものを優先してしまう

買い物をするときに注意したいのが「今必要なもの」と「欲しいもの」をちゃんと区別すること。買うべきは「今必要なもの」であり、「欲しいもの」は今必要ではないもの、つまり、ムダな支出である場合がほとんどです。

買い物をするたびに「それは今必要なもの?」と自分に問いかけてみるのがムダ遣いを抑えるコツです。

成り行きまかせの楽天家

生活費がカツカツなのに「もうすぐ給料が入るから、まぁいっか。」とか「来月のボーナスで補填するから、まぁいっか。」と、楽天的にお金を使ってしまう「まぁいっか症候群」の人にはお金は貯めれません。

お金を貯めるためにはお金を使う計画を立てて、支出をしっかり管理していくことが大切です。

整理ができない

家計管理は、ムダな支出を整理し、適正な支出割合に整えていくことで掃除と似ています。

身の回りの整理整頓ができない人は、お金の使い方や管理もだらしなくなる傾向がありますので、お金を貯めるためには改善が必要です。

ムダな保険をかけすぎている

保険料の見直しはムダな支出を削る有効な手段の一つです。

極端な話、自分以外に守る生活のない一人暮らしの独身者は、生命保険をかける必要はありません。また、資産運用目的で保険を契約している人も多いですが、保険の運用効率は悪いため、資産運用をするのであれば別の金融商品に投資をしていくべきです。

ブランド志向が強い

ブランド志向の強い人は生活コストが高くなるため、家計を圧迫してお金が貯めにくくなります。このブランド志向が強い人というのは、何もシャネルやグッチといったブランド物の服飾品に限りません。

住む場所は都内の一等地でマンションはタワーマンション、乗る車は外車、食材の買い物は高級スーパーというように、ありとあらゆるところに「ブランド」を求めてきます。都内一等地の土地やタワーマンションの管理費、外車の税金や車検料、高級スーパーの食材、全て「高い」わけです。

身分相応な生活レベルで生活するというのは、お金を貯めていく上で基本中の基本です。

極端に収入が少ない

どんなに生活費を切り詰めても、極端に収入が少ないとお金を貯めることができないのは当然ですよね。

収入が極端に低い場合は、収入を上げていく方法を合わせて考えてみましょう。

貯金ゼロの30代にもできるお金の貯め方

貯金ゼロの30代でも確実にお金を貯めれる「30代のお金の貯め方」をご紹介しましょう。

全部でステップは4つです。

  1. 家計簿をつけて家計を「可視化」する
  2. 理想の家計支出と比較しムダを削る
  3. 「先取り貯蓄」をする
  4. 資産運用をする

①家計簿をつけて家計を「可視化」する | 30代のお金の貯め方

家計簿は、「自分のお金の使い方のクセ」を把握し、何にいくら使っているのかを「可視化」できるため、ムダな支出を減らす一番有効なツールといえます。

家計簿をつける手間を少しでも省くために。無料で使えて便利な「家計簿アプリ」を有効活用出していきましょう。

②理想の家計支出と比較しムダを削る | 30代のお金の貯め方

家計簿で「何にいくら使っているのか」という現状把握をしたら、次のステップは、理想の家計支出との比較です。

これによって、自分の家計が「どんなことにお金を使いすぎているのか」というムダを簡単に洗い出すことができます。

一般的に、理想的な毎月の貯蓄割合は「手取り収入の20%以上」とされています。

しかし、現実問題、子供がいる家庭では教育費だけでなく、食費や水道光熱費などの一般的な生活コストも高くなりますので、子供がいる家庭では、手取り収入の10~15%程度を目安に、貯蓄に回していくようにしましょう。

理想的な家計支出の割合は、家族構成や年代によっても異なってきますが、ここでは、世の中一般的に多いと想定される4パターンを例に挙げておきますので参考にしてみてください。

<一人暮らしの場合> *手取り20万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   18%   36,000円
住宅費   28%   56,000円
水道光熱費     6%   12,000円
通信費     6%   12,000円
保険料     4%     8,000円
趣味・娯楽費     4%     8,000円
被服費     3%     6,000円
交際費     5%   10,000円
日用雑費     3%     6,000円
その他     6%   12,000円
貯蓄   17%   34,000円
支出計 100% 200,000円

<夫婦と小学生以下の子供がいる場合> *手取り25万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   14%   35,000円
住宅費   25%   62,000円
水道光熱費     6%   15,000円
通信費     5%   12,000円
小遣い   10%   25,000円
教育費   10%   25,000円
保険料     6%   15,000円
趣味・娯楽費     2%     5,000円
被服費     3%     7,500円
交際費     2%     5,000円
日用雑費     2%     5,000円
その他     3%     7,500円
貯蓄   12%   30,000円
支出計 100% 250,000円

<夫婦と中・高生の子供がいる場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     6%   18,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い   10%   30,000円
教育費   12%   36,000円
保険料     6%   18,000円
趣味・娯楽費     2%     6,000円
被服費     3%     4,000円
交際費     2%     9,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄     8%   24,000円
支出計 100% 300,000円

<夫婦二人・子供なしの場合> *手取り30万円/月

内訳 理想の割合 理想の金額
食費   15%   45,000円
住宅費   25%   75,000円
水道光熱費     5%   15,000円
通信費     6%   18,000円
小遣い
教育費
保険料     4%   12,000円
趣味・娯楽費     3%     9,000円
被服費     3%     9,000円
交際費     2%     6,000円
日用雑費     2%     6,000円
その他     3%     9,000円
貯蓄   20%   60,000円
支出計 100% 300,000円

③「先取り貯蓄」をする | 30代のお金の貯め方

貯蓄ができていない99%の原因は、毎月の余った分を貯蓄に回している習慣にあります。

これまでのお金の使い方は以下のような流れで、貯蓄に回すお金は後回しにしてきたはずです。

  1. 給料が入金
  2. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  3. 生活費の支払い
  4. 余った分を貯蓄

この流れを、毎月の給料が入ったらまず貯蓄に回し、次に毎月の公共料金などの支払いをし、最後に余った分で生活をしていく、というような以下の流れに変えていきましょう。

  1. 給料が入金
  2. 一定額を貯蓄(別口座へ移す)
  3. 毎月の家賃・公共料金などの支払い
  4. 余った分で生活費を支払う

「先取り貯蓄」は、自動的に給料から天引されるような財形貯蓄や、給料を通常の給与振込口座とは別の口座に分けて振り込んでもらうような、会社や銀行の仕組みを活用していくのが効果的です。

人間の意志は非常に弱いので、毎月の余った分から貯蓄していてもお金は貯まりません。

貯蓄の優先度を強制的に上げる「先取り貯蓄」で、確実にお金を貯めていく仕組みを作ることを徹底しましょう。

④資産運用をする | 30代のお金の貯め方

30代のお金の貯め方の最終ステップは、資産運用をすることです。

貯蓄に回したお金は、「資産運用」で増やしていくのが一番賢く確実な方法。

資産運用をして「お金に働いてもらう」ことで、効率良くお金を増やしていくことができます。

資産運用の方法は、いたって簡単。

毎月一定額の投資信託を積み立てていく、たったこれだけです。

例えば、毎月5万円ずつ投資信託を積み立て購入し、年間利回り7%で複利運用していくと、銀行にお金を貯金していった場合と比べて、10年後、20年後、30年後は以下のようにお金が増えていきます。

<毎月5万円を複利運用した場合のお金の増え方>

①7%で運用した場合 ②銀行に貯金した場合 差額(①-②)
10年後   855万円   600万円   255万円
20年後 2538万円 1200万円 1338万円
30年後 5847万円 1800万円 4047万円

運用期間が長くなればなるほど、銀行に貯金した場合と比べて、その差額が大きくなっていることがわかりますでしょうか?

これが複利の力であり、この方法こそが、世の中のお金持ちが実践している「資産運用でお金を増やす鉄則」なのです。

「複利効果」をもっと知るにはこちらの記事:

お金を増やす仕組みを解説!複利で賢くお金を増やす初心者向け資産運用!

資産運用で複利効果を活用し、先取り貯蓄で貯めたお金をさらに大きく増やしていきましょう。

「やさしい資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

お金を増やす「積み立て投資」についてはこちらの記事:

お金を増やす積立投資術!株や投資信託で賢く確実にお金を倍にする方法

【賢く安全&確実にお金を増やす方法】積み立て投資を始めるベストなタイミングは○○だった!

証券会社で積み立てる

投資信託の積み立ては、証券会社経由でするのが一番オーソドックスな方法です。

世の中には様々な証券会社がありますが、ノーロードと呼ばれる販売手数料が無料なファンドの品揃えが豊富で、手軽に便利に活用できるのはネット証券。

そのネット証券の中でも一番お得にお金を増やしていく運用をしていきたいなら、圧倒的に「楽天証券」がおすすめで、ハッキリ言ってそれ以外の選択肢は無いといっても過言ではありません。

<証券会社は「楽天証券」一択な理由>

  • 超優良インデックスファンドを全て取り扱っている
  • 楽天ポイントが貯まる、楽天ポイントで買える
  • 楽天銀行と連携することで普通預金金利が0.1%になる
  • 年会費無料の楽天カードで買うとさらにポイントが貯まる
  • 月額4,200円の日経が無料で読める

メリットを一言でいうと、「楽天証券が一番お金を増やせる」ということ。

有名どころのネット証券では、SBI証券マネックス証券などもありますが、この投資信託の積立投資という投資だけで考えると、楽天証券で享受できるメリットは他社のサービスを完全に凌駕しています。

ちなみに、この証券会社選びを間違えてしまうと、長い目で見たときに百万単位で資産が変わってきますので、必ず一番メリットのある楽天証券を選ぶようにしましょう。

「楽天証券」や「楽天ポイント投資」のメリットをもっと知るにはこちらの記事:

楽天証券ってどうなの?評判やポイント投資のメリットを徹底解説!

楽天証券

[楽天証券の公式サイトはこちらから]

ロボアドバイザーで「完全ほったらかし運用」を実現

とにかくラクしてお金を増やしていきたいのであれば、AI(人工知能)に資産運用の全てをお任せして、完全に「ほったらかし運用」してしまう方法がおすすめです。

ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を使って投資信託の積み立て投資をしていく自動売買システムのこと。

投資信託の積み立て投資は非常に手間のかからない投資法ですが、銘柄選定や資産配分の設定などは自分でやらなければいけません。これらを全てAI(人工知能)に任せて「全自動」でお金を増やしてしまおうというのがロボアドバイザーです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」は業界最大手のAI(人工知能)を活用したロボアドバイザーで、初心者だけではなく経験豊富な投資家からも今一番注目を集めている資産運用サービスです。

「WealthNavi(ウェルスナビ)」が投資対象とするのは、ETF(上場投資信託)と言われる上場したインデックスファンド。

世界的に見ても低コストで優良なファンドを厳選し、自分の目標とする金額やリスク許容度に合わせて、AIが投資家一人ひとりに合った資産配分(ポートフォリオ)を自動で組んでくれて最も最適な資産配分を構築してくれます。

ファンドの買い付けや再投資、リバランスなど資産運用にかかる全ての業務を、自分に代わってロボットがやってくれるので、あなたがやるべきことはただ一つ、「口座にお金を入れておくこと」、ただこれだけです。

WealthNavi(ウェルスナビ)」で使われているアルゴリズムは、ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づいた金融アルゴリズム

抜群の頭脳で、リスクを最適に抑えつつリターンの最大化を全て全自動でやってくれる「超優秀な投資家」なわけです。

この「WealthNavi(ウェルスナビ)」のいいところは、「長期の複利運用」が自分よりもはるかに賢い頭脳であるAIによって「自動売買」できてしまうこと。

まさに、忙しい人やめんどくさがり屋な人のためにあるかのような「画期的なサービス」です。

まずはこの「WealthNavi(ウェルスナビ)」で資産運用を実践して経験を積みながら様々なことを勉強し、慣れてきて時間的な余裕ができてきたら自分でも資産運用をしてみる、これが投資初心者におすすめの「資産運用の賢い始め方」

WEALTHNAVI(ウェルスナビ)

[WealthNavi(ウェルスナビ)公式サイトはこちらから]

近い将来、資産運用は全てAIにお任せする時代がくることは間違いありません。

とにかく「一切の手間をかけずにお金を増やしたい」という人には、ベストな資産運用方法です。

まとめ

たとえ30代の貯金ゼロであっても、今からでも確実にお金を貯めることはできます。貯金なし夫婦や一人暮らしにも簡単に、そして確実にお金を貯めることができる「30代のお金の貯め方」は、毎月一定額の投資信託を買って長期で複利運用していくシンプルな方法。

自分が働くのではなく、お金に働いてもらうことで、お金が倍々ゲームのように増えていく仕組みを簡単に作ることができます。

資産運用は始めるのが早ければ早いほど、「時間を味方」につけて、「複利」でお金を大きく増やしていくことができます。

今回お話しした「お金を貯める4ステップ」を実践して、一日でも早く資産運用を始めることが多くのお金を貯めていく重要なポイント。

高度成長期の日本を支えてきた年金制度や終身雇用といった、国や会社が個人の老後の面倒までをみてくれた、世の中のサラリーマンにとって「夢のような時代」はとっくの昔に終わっているのです。

今は、自分の老後は自分でなんとかしなければいけない「自己責任の時代」なわけで、「お金に働いてもらうスキル」の重要性が年々高まってきています。

しっかりと正しい「お金の教養」を身につけ、あなたの人生をより豊かなものにしていきましょう。

お金の教養講座

初心者向け「資産運用セミナー」はこちらの記事:

資産運用セミナーのおすすめを厳選!女性や初心者向けの無料セミナーは?

合わせて読みたい「30代の貯金術・資産運用術」の記事:

アラサー貯金なし!30代夫婦や一人暮らし世帯の「貯蓄ゼロ」脱出法!

30代で貯金なし!夫婦世帯や一人暮らしの貯金事情とお金の貯め方!

30歳・40歳「貯金ゼロ」な人がお金を増やすためにすべき3つの事

貯金がない!30代、40代、50代の貯金ゼロからお金を貯める方法

必読!「お金の増やし方総まとめ」

お金の増やし方を総まとめ!初心者が確実にお金を増やす方法はコレだ!

「お金を増やす」に関連した人気記事:

確実にお金を増やす方法なら投資!ギャンブルやパチンコと何が違う?

初心者におすすめの資産運用!とにかくラクしてお金を増やす簡単投資術!

賢いお金の増やし方初心者編!確実にお金を増やす方法は投資!銀行や保険は?

「資産運用の始め方」はこちらの記事:

資産運用の初心者向け、やさしい投資の始め方を徹底解説!投資信託の儲かる銘柄はこれだ!

資産運用の初心者におすすめの「少額投資」はこちらの記事:

資産運用初心者におすすめの少額投資!3000円や1万円から簡単スタート!

資産運用初心者は少額投資!おすすめの1万円や10万円の少額投資法は?

資産運用初心者が10万円から始める少額投資術!おすすめの投資先は?

資産運用の方法や種類を比較!10万で始める初心者におすすめの投資は?

10万円で始める資産運用!初心者が10万円投資するなら何がおすすめ?

参考:資産運用に役立つおすすめの人気ブログは何?お金を増やしたいなら、まずは情報収集から!

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

サイトトップへ戻る:確実にお金を増やす!初心者にもやさしい、資産運用の教科書。